クマノコ本。

30年ばかり前、はじめてロンドンに旅行した時、行ってみたい場所があった。

パディントン駅である。

くまのぱでぃんとん
「くまのパディントン」 ボンド作 フォートナム画 福音館書店

その仔グマは、ペルーのリマの「老グマホーム」に入居することになったおばさんと別れ、イギリス行きの船に忍び込んで、ロンドンのパディントン駅にたどり着いた。

ブラウン夫妻は遺失物取扱所の郵便袋の陰で、スーツケースに座っているクマに気づく。

帽子をかぶり、首には

どうぞこのくまのめんどうをみてやってください。おたのみします。

と書いた札を下げたこのクマを、夫妻は出会った場所にちなんで、パディントンと名づけた。

プーさんと並んで、イギリスで一番有名なクマ、パディントンの誕生である。

小さい頃から親しんできたこのクマの、名の由来となる場所をちょっと見てみたい。ひょっとして、記念碑とか、ちょっとしたお土産屋さんなんかが、あるかもしれない。

パディントンの駅は、国鉄と地下鉄の両方が乗り入れる巨大なターミナル駅で、ホームの数も10を超える。高い天井のエントランスを入ってすぐ、私は途方に暮れた。

およそ取り付く島もないほど、忙しそうに行き来する乗客たち。ようやっと捕まえた駅員に

パディントンベアのメモリアルはないか?

たどたどしく尋ねても、要領を得ない。

諦めず何人かに聞き続けたところ、ようやく中の1人がああ!と何かを思いついて、こっちへ来い、と手招いてくれた。

駅舎の長い廊下を歩き、ドアを入ると、そこは窓口のある長いカウンターを備えた事務室。

壁際の小さなガラスケースの中に、ぼさぼさしたクマのぬいぐるみが飾られている。

これだけ?あの有名なクマの、記念がたったこれだけ?

拍子抜けしつつも、案内してくれた係員のニコニコ顔に励まされ、パチパチと写真を撮る。

日本なら、きっと駅のそこらじゅう、ポスターに、看板に、クマだらけにするだろう。

パディントンチョコレートにパディントンクッキー、パディントン饅頭がキオスクに並ぶだろう。

ここはオトナの国なんだな、と何となく思った。

ありがとう、と部屋を出て振り返ると、扉の上に、さきほどは気付かなかった表示が読めた。

遺失物取扱所

なんだか嬉しくて、黒ずんだ金属のプレートをしげしげと眺めていると、失くし物をした人が、おかしな東洋人がいるよ、という顔をして、中に入っていった。

プレートの写真は、撮っていない。

paddington-statue.jpg
(私みたいなやつがよほど多かったのか、今は銅像があるらしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/25 11:56

くばった話。

♪ ぴん ぽーん ♪

あーハイハイ ただいま…

ドアの外の相手には聞こえない返事をしてから玄関を出ると、作業着を着た40代くらいの女性が

あ、ワタクシ タテル工務店のナニガシと申します

と、名刺を出した。

この度上階のダレソレ様宅の改装工事を担当させていただきますので、ご挨拶を…

ハアハア、管理人さんからうかがってます

要するに、改装工事でちょっとウルサイですよ、というご挨拶だ。工事の日程や内容を説明してから、書面と一緒に

こちらつまらないものですが…

と、熨斗紙のかかった包みを差し出した。

ひっこしのそしな

あー、やっぱり。タオルか、ラップか、ゴミ袋か、どうせうちでもだぶついている品物なので

いえ、けっこうです お気持ちだけで…

と断ると、ハトが豆鉄砲を食らったような顔で驚いている。どうやら今まで、断られたことがないらしい。

あらゆる機会で粗品を配る、愚にもつかない習慣は、なかなかなくならない。

だいたい、500円やそこらで欲しいものなんて、みんなもう無いのだ。もらったところで、相手のことなどすぐ忘れてしまう。

かといって、選び抜いたシャレた品物を配っても、あとになって

あ、あの変わったもんをくれた人ね

と、ヘンな風に印象に残るのが関の山。ろくなことがない。

意外に粘り強いナニガシ嬢に、結局包みを押し付けられ、部屋に戻ってから、そういえば、ウチは何を配ったっけな、と思い出そうとしたが、わからない。

それもそのはず、粗品の買い物を、わが母おばーちゃんに丸投げしたのだ。

この家に来るときは、離婚、引越、子供の学校の手続きを1人でせねばならず、てんやわんやで、ご近所のご挨拶まで気が回らなかった。

見るに見かねたおばーちゃんが調達してきてくれた、何か軽い包みを、中身も確かめず、ヨロシクオネガイシマス、とご近所に配ったのだった。

そういえばさ、引越の時の粗品、アレなんだったの?

今さらながら電話で聞いてみると、おばーちゃんはしばらく考えて
 
あ、思い出した!ノリよ!焼海苔

てっきりタオルか何かだろう、と思っていたので、意外なセレクションだった。

私自身、粗品に焼海苔をもらった経験はないから、かなり珍しいんじゃないだろうか。

私は焼海苔を配る女だと、ご近所に思われているわけだ。

アレは私の趣味じゃないんです!と、つい言い訳したい気持ちになるが、10年も経っちゃ、もうどうしようもない。

ナニガシ嬢の包みの中身は、うちでは使わない洗剤だった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/06/24 11:33

ねごとの話。

…から、おいでよ!

自分の声で目が覚めた。大きな寝言を言ったらしい。

フトンの中で反芻してみる。

誰かを誘ってたな、私。

電話だった気がするな。

何だからおいで、なのかな。

目をつぶって、霞のかかった夢の中を、手探りで戻る。

……… ハッ!

思い出した。

ウタダヒカルも来るから、おいでよ!

そう言ってた、私!

一体全体、どういう設定?

おいで、と言うからには、私が主催する集まりだ。

そこに、あの、世界の歌姫が来るというのだから、これはエライことである。

それなのに、まるで友だちが来るから、というような気軽な口調だった。

思い出すと次々記憶が蘇るが、電話して誘っている誰かも、たしか相当な有名人だった。

夢の中の私は、おおぜいの有名人を誘って、ホームパーティー的なものを開くようだ。

どんだけセレブなんだ、夢の中の私!

いつもいつも、日常の延長みたいな地味でシケた夢しか見ない私(→ またみた話。)にしては、かつてない豪華さである。

窓に目をやれば、外はまだ暗い。

それにしてもを誘ったんだろうな、私。

靄がかかったようで思い出せない。

ウタダヒカルも来るから、おいでよ!

口の中でもう一度、小さく言ってから寝返りを打ち、夢の底にまた沈んでいった。


うただひかる
(南アルプスにお邪魔した後、うちに来るらしい) 



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/06/23 11:30

りぞーと話。

あー!えらい目に遭った!

悲鳴を上げながら、ミヤケさんが事務所に飛び込んできた。

あら、また降ってきた?

夜半から朝にかけて、気象警報の出るほどの大雨

それがお昼になって嘘のように上がり、照りつけた日差しがあっという間にアスファルトを乾かした。はずだった。

外を見れば、一天にわかにかき曇り、大粒の雨が窓を叩いている。

どうなってんだろ、この天気…

ハンカチでスカートの裾を拭きながら、ミヤケさんがこぼす。

梅雨って感じじゃないよね スコールっていうか…

日本は もう熱帯になったのかもね

もはや温暖化じゃなくて、熱帯化か…

えはがき

熱帯もリゾートならいいけどね

ハハハ…おんなじ家に帰ってたんじゃ リゾート感覚はムリかァ

じゃ、違う家に帰る?

へ?

アタシ、ぢょん子さんちに帰る!

ハハハ…そんでアタシはミヤケさんちに帰るのか! ミヤケさんち、一戸建てだっけ?

そうよ お宅はマンション?いいなァ、憧れてんのよ、マンション暮らし…

イイかもね ひとんちでリゾート…

熱帯だもんね、日本…

ムダ口をききながら、残りの仕事を片付けるうち、雨はまた小降りになってきた。

お疲れ様~、と言いあって、事務所のカギを締め、右と左に別れた。

もちろんそれぞれ、自分の家に帰るのだ。大人だもん。冗談をホントにしたりはしない。

カサを打つ雨の音が、また少し大きくなった気がして、急ぎ足で駅に向かった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/06/22 11:30

とけいの話。

ご不浄を出て、つい首をかしげる。

本来の用件はスッキリと終わっているのに、この物足りない気持ちは、なんだろう。

かすかな違和感の正体が知れぬまま数日。

今朝やっと、その理由が分かった。

時計が無い

寝室に置いていたデジタル時計の液晶がだんだん薄れ、ついに見えなくなった。

そこで、ご不浄の窓枠にのっけていた、オモチャみたいな小さな時計を持ってきたのである。

若い頃は、ものすごい音量の、目覚まし時計を使っていた。

それでも起きられなくて、2個の目覚まし時計を、毎日違う、離れた場所に仕掛けたりした。

夜中に色々工夫して目覚ましをセットしていると、翌朝の自分を罠にかけるような、ヘンな気持ちになったものだ。

そんな私も齢50を数えて、すっかり目覚ましともご無沙汰になり、昔のような大音量で目覚ましが鳴ったら、ビックリするあまり、逆に一生起きられなくなってしまうかもしれない。

ふだんは自然に起きるし、それどころか、ウッカリ早寝すると、朝まだき、3時や4時に目が覚めてしまう。

まだ暗い中、ふと目が覚めた時、今何時か分からないのはちょっと不便。

だから枕元に時計が必要なのである。

同じ人間が、同じように寝室に時計を置いていても、それを必要とする理由は、昔と今ではぜんぜん違うのだ。

まだ暗い中、毎日必ず見る時計。

ご不浄の時計は元の場所に戻そう。ありものの間に合わせはよして、じっと眺めたくなるような、ステキな時計を買おう。

久しぶりに欲しいものができたので、ちょっと楽しい気分になった。

めざましどけい
(こんな時計でも面白いかもしれない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2017/06/21 11:30
 | HOME | Next »