たぬきの話。

地理のイソベ先生の授業は脱線ばかりで、生徒にはとても人気がある。

脱線の行き先は、だいたい旅先のエピソード。

さすが地理学の専門家、目の付け所が面白くて、ハハハと笑った後にも何かが残る先生の脱線が、みんな大好きだった。

その日も教科書は「世界の気候」のページを開いたまま、先生は東京のウドンについて熱弁をふるっている。

…知らんやろ 東京のウドンのダシいうたらナ 真っ黒けでそらえげつないねんデ…

40年前の高校生は、旅行の経験も東京の知識も乏しかったので、へえーっと感心した。

せやせや キミらたぬきウドンて 分かるか?

???

教室全員の頭上に、大きな疑問符が浮かんだ。

大阪でタヌキといえばお揚げをのせたソバ。ソバをウドンに替えればキツネである。

たぬきウドンなどというものはそもそも存在しないのだ。

ソバ屋の品書きにたぬきウドンやら書いたあってやナ ビックリして聞いたんや そしたらナ…

イソベ先生はいたずらっぽい表情で、教室を見回した。

店のオバハン「アゲダマが入ってます」て言いよんねん…

先生は「アゲダマが入ってます」のところで鼻を天井に向け、すまして標準語を使ってみせたので、数人の生徒がくすくすと笑った。

ほんでアゲダマ、て何やと思う?天かすや!

教室中が、どっと沸いた。

大阪のウドン屋では、天かすは卓上に出してあり、好きなだけかけることができた。具が天かすだけ、というのは、つまり素ウドンなのである。

当時はコンビニも、ファストフードも、今ほどどこにでもなかった。

食べ盛りの大阪の高校生にとって、安くてお腹のふくれるウドンは、とても親しい食べ物だったのである。

今の高校生はたぬきウドンであんなにウケるだろうか。そう思うと、ちょっと寂しい。

たぬきうどん
(自慢されてもいっこうにピンとこないたぬきうどん)
 


にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/09/20 11:30

すけきよ話。

洗面所の棚が散らかってきたので、整理することにした。

ほぼスッピンの私だが、鏡の中のわが顔面に愕然とし、かくてはならじと買い込んだ多少の化粧品はある。

しかしながら無精者の悲しさ、そのほとんどが使い切られないまま年月を経る。

化石となった化粧品をポイポイとゴミ袋に入れていると、新品のチューブが1つあった。

使った記憶が一切ない「お顔スッキリパック」なるもの。

そう自称するからにはお顔がスッキリするのだろう。

使わずに捨てるのは残念なので、1度顔に塗ってみることにした。

しかしこのパック、どうやって使うものか。どうやら外箱に効能や使用法が書かれていたらしいが、その箱はすでに無い。

スグミル種の私(→ すぐみる話。)は、買い物から帰るなり、あらゆる箱や袋をバリバリと開けて中身を出し、捨ててしまう。

おかげで狭い家を散らかさないで暮らしているわけだが、このように困ることもある。

チューブから出た白いクリームを顔に塗り伸ばしてみたが、さて、この先どうすべきか

パックとあるから、塗ったまま浸透させるのではないだろう、とは見当がつく。

一定時間経過後、取り除くことによって、お肌の汚れが取れて潤いが残る、それがパックである。

その取り除きかたが分からない。

どれほどの時間を置くのか、また、乾いてからはがすのか、拭き取るのか、洗い流すのか。

真っ白になった顔でしばらく待ってみたが、クリームの表面は少し乾いたようでもあり、そうでないようでもある。

頬のあたりは湿り気があるようだが、鼻の周囲がつっぱってきた気もする。

今のところ確たる効能は感じられない。

そのまま昼ごはんのお皿を洗い、コーヒーのおかわりを飲んでいると、

♪ ぴんぽーん ♪

待っていた荷物だ。インターフォンに応答し、ドアを開ける手を、すんでのところで止めた。

こんなスケキヨ状態で玄関を出るわけにはいかない。

慌てて洗面所に走り、乾いたようなそうでないようなパックを洗い流し、さらにタオルでごしごしと拭いた。

宅配のオジサンに、待たせたお詫びを言いつつ、荷物を受け取った。

ムリヤリ拭き取った顔面は、パックを塗る前よりゴワゴワして、スッキリしない

もはや何の未練もなく、「お顔スッキリパック」のチューブを、ゴミ箱に捨てた。

すけきよ
(「お待ちなさいスケキヨ!玄関を出ては…」)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/09/19 11:33

しきさい話。

オシャレの鉄則は季節の先取り。街を行く女性の服装はすっかり秋だ。

落ち着いた色合いを身につける人が増えて、そうなるとハデ好きの私は断然不利である。

強い日差しに映える原色が行き交う夏なら、少々ハデな格好をしていても、目に立つことはないが、シックな秋の装いに交じると

なんだあのハデなオバサンは…

そう思われるのではないか、と、落ち着かない。

私はだいたい中間色というやつが苦手だが、それには理由がある。

先日、すれ違った女性が、茶色のブラウスを着ていた。

ぶらうんのぶらうす

黄みを含んだこっくりした濃い茶色の、ツヤのある布地。衿ぐりも袖つけも流行のデザインだが、問題はそこではない。

… う○この色だ …

心の中の小学生が、そうささやくのである。

私も50を過ぎて、いつまでもみたいな格好をしてはいられない。

しかし、年相応に落ち着いた色合いの服を手にとると

カサブタみたい…

胆汁みたい…

治りかけのハナミズみたい…


と、こんな時ばかり、驚くほど豊かな連想が働くのである。

今日は、おばーちゃんとランチのため、心の小学生を何とか黙らせて購入した、ワインカラーのシャツを着てきた。

オシャレなおばーちゃんは、会うなり私の服装にふれ

アーラ珍しい!シックなシャツ着て…

おかしい?

おかしくない 似合うよ!

と言うので気をよくしていたら

血豆みたいな色ね!

と来た。

そうだった、そして私のハデ好きは、この人からの遺伝でもあるのだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ




もろもろ | コメント(7) | トラックバック(0) | 2017/09/18 11:30

ぼくすい話。

職場のお疲れ様会で、久しぶりの夜の街

予約の店に行く途中、夜道にほのぼのと、見たことのあるアンドンが灯っているのに気がついた。

民芸酒房というその店には、父がたまに連れて行ってくれた。

家を出て就職して、盆暮れくらいしか帰らない生活をしていたころ。誰でも携帯を持っている時代ではない。

ある日、ひょっこりと、父が職場に電話をかけてくる。

お前 今日ヒマか?

忙しいよ!

私用電話をとがめられそうで、上司を気にしながら、コソコソ小声で約束をするのだ。

約束の時間に少し遅れて暖簾を上げれば、紺絣の働き着のおねえさんたちが、口々に

おかえりなさい

と歓迎してくれる。

店の奥に目をやれば、父は必ず先に来ていて、おう、と手を挙げて見せた。

いつも同じ席、同じお酒を前に、常連らしい気楽な態度で、おねえさんに軽口を叩いたりなぞしている父は、いつも家で難しい顔をしている父とは、ちょっと違う人に見えた。

会ってたいした話をするわけでもない。

おい これウマいぞ

ウン

女の子が あんまり飲むなよ

ウン

そんな風に、いいかげん飲んで食べて、駅までをぶらぶらと歩き

おかーさんによろしくね

おう

なんて、いたって愛想もなく、右と左に別れる。そんなことが何回あっただろうか。

家族であの店に行った記憶はない。いつも父と私、2人だけだった。

父はすでに亡く、数えてみれば、あの頃の父と似たような年頃になっている私。

またあの暖簾をくぐってみたいような、そうでもないような、気がする。

ぼくすい



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/09/17 11:30

ぞろめの話。

平日のショッピングセンターはほどほどの人出。

台風が近づいているせいか、朝から気分が冴えない。たまには甘いものでも食べて元気を出そうと、チェーン店のベーカリーカフェに入った。

ランチタイムの喧騒が去って、ノンビリした店内。ゆっくりメニューを見て、コーヒーと、アイスをのせたデニッシュパンを注文した。

でにぶらん

…ホットのラテと …デニッシュで …円になります

サイフを開けながら、レジのデジタル表示で金額を確かめると

777.

こういう時黙っていられないのがオバサンというものである。

アラ!ゾロ目

コーヒー色のエプロンをかけた店員さんは、笑ってふだんの顔になり

時々出ますね 777円… レジ打っててもオッと思います

なんとなく嬉しいわ なにしろ ふだん嬉しいことがあんまりないからね

つい口が滑った。もう1人の店員さんが、コーヒーを淹れながらフフフ…と笑っている。

コーヒーだけのったトレイを受け取り

お呼びしますから お席でお待ちください

そう言われて、ケイタイのメールをチェックしながらコーヒーをすすっていたら

お待たせしました~

フフフの人がパンのお皿を席まで持ってきてくれた。

呼ばれて取りに行くつもりだったので、驚いてお礼を言ったら、いえいえと顔の前で手をふり

これから休憩なんです

お皿を置いて、STAFF ONLYの扉のむこうに去って行った。

ふとカウンターを見やると、レジの人もこっちを見て、ニコニコしている。

トーストした熱いパンの上で、ソフトクリームとシロップがゆっくりと溶けている。いつもよりもソフトクリームがたっぷりな気がするが、たぶん気のせいだろう。

食べ終えたトレイを返却口に戻し、カウンターの中に

ごちそうさま!

声をかけて外に出た。

ポケットに手を入れたら、ゾロ目のレシートが触れた。なんとなく捨てずに、サイフに入れた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/09/16 12:03
 | HOME | Next »