つめたい話。

週末ムスメが帰ってきた。

久しぶりにちゃんと作った夕飯が美味しかったのか、おかわりしてると思ったら、あんのじょう、朝は食欲がない、なんて言っている。

ちょっとでも食べなきゃ 会社でキモチ悪くなるよ

うーん なんか食べやすいもん…

ふと思いついて、買い置きのレトルトスープを見せると

あ、それにする

というので、カップについでやった。

自分のコーヒーをついでテーブルについたら、ムスメはしかめ面で

ウー ぬーるーいー!

と、不平を言っている。

そんなわけないじゃん! 袋に書いてあった

つめたくないじゃがいものすーぷ

「冷たいスープ」って!

これだけハッキリ、商品名にも書いてあるんだから。

炎天下に5時間放置しようが、鍋で煮込もうが、「冷たいスープ」は冷たいはずだよ。

などと抗弁したが、納得しないムスメは自分で冷蔵庫を開け、冷えた豆腐を出して食べた後、

次買って来たら 冷蔵庫に入れてクダサイ

という言葉を残し、出勤して行った。

今日も、暑くなりそうだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/05/24 11:34

しりこん話。

科学技術というやつは、イマイチ信用できないところがある。

パソコンを使いながら何を、とお思いだろうが、もっと低レベルの問題である。

いつものイイカゲン料理中。

切った野菜をフライパンにほうりこんでから引き出しを開けると、目に入るコイツ。

しりこんごむべら

シリコン製のゴムベラ

200度の高熱に耐え、加熱調理にも使える!という謳い文句につられて買ったものだ。

ホットケーキやお好み焼きの時、材料を残さずすくって、そのまま調理に使えれば洗い物も減る!と、喜んだのだが、買ってみるとなかなか使う気になれない。

どうしても、ホンマかいなと不安な気持ちがぬぐえないのである。

こんなグニャグニャのものが、200度の熱に遭っても溶けないって、本当だろうか。

変形しないまでも、目に見えないが、ジワジワ出てくるんじゃないか。

そう思うせいで、コイツはせっかくの耐熱性を発揮することなく、百円均一のゴムベラと同じように使われている。

実は私は、レンジでチンする密閉容器とかもあまり信用できなくて、つい、お皿に移してしまう。

プラスチックってものは、やっぱり熱くしちゃダメな気がするからだ。

科学的根拠は何もない。いわば大衆の直感である。

しかし、私とて開発者の努力を無にするような、いまの使い方は本意ではない。できれば新素材のメリットを最大限に生かし、便利を享受したいのだ。

どなたか無知なる大衆の蒙を啓いてはくださらないだろうか。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/05/23 11:30

よゆうの話。

プールの更衣室で、センパイがたがキャッキャと騒いでいた。

ちょっとアナタ、連休油断したわね~

分かる~?娘が孫連れて帰ってきてさ… 毎日外食だ、焼肉だ…

スゴイわよ 下っ腹の贅肉

やーねーゼイニクなんて!余裕があると言ってちょうだい!

またまたオバサマがたは…と思いながら聞いていたが、味わえばなかなかいい表現だ。

年齢を経てどうしても腰回りにつくお肉を、「贅肉」と呼んでしまうと、いかにもだらしない印象を受ける。

オバサン体型だからといって、中高年の女性がだらしないとは限らない。

私が知るオバサンたちは皆、いじらしいほどマジメで勤勉である。

夫のため子供のため、わが身をかえりみず働き続けたゆえの体型変化を、「贅肉」で片付けるのはヒドいではないか。

わが身を見下ろしてまた思う。

もし私がオバサン体型でなく、ナナオのような贅肉のない身体を保っていたとしたら。

ずっと化粧に気を使ったり、他の女性と比べたり、いつまでも競争から降りられない日々が続くのではないだろうか。

それでも近づいてくる老化が露になるのを、内心ビクビク怯えているのではないか。

まごうかたなきオバサン体型になったことによって、様々なことをあきらめ、一歩引いて世の中を見るようになる。

何か面白いことでも言ってやろうか、という気持ちが湧いてくる。

下っ腹に余裕ができたことで、人格にも余裕が生まれるのである。

もしキタガワケイコみたいな体型だったら、ちまちま文章なんぞ書いていないだろう。

そういう意味でこのブログも、私の贅肉が、いや、余裕の部分が、書かせたものといえるかもしれない。

みしゅらんまん
(彼のこれは筋肉か、余裕の部分か)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(20) | トラックバック(0) | 2017/05/22 11:30

いらない話。

ムスコの大学から郵便物が届いたので、何かやらかしたかとドキドキしながら開封すると、

アルバムのご案内

という文字が目に飛び込んできた。

アルバムう?

先月入学したばっかりなのに、もう卒業アルバムの案内とは、4年も積み立てないと買えないほど高いのだろうか、と思ってよく見たら

入学記念アルバムのご案内
にゅうがくきねんあるばむ

はア?!なんじゃソレ?

シンジラレナイ思いで分厚い色刷りのパンフレットをひっくり返すと

~ご子息、ご息女のご入学の なによりの記念となります 入学記念アルバム~

新たな道を歩み出した2017年春の記憶を凝縮したこの一冊はご家族の宝物となるでしょう


さらにシンジラレナイ文章がずらずらと続いている。

いやいやいや、まだ1か月かそこらしか通ってない大学の思い出、要らねーし。

内容は、大学の沿革やキャンパス風景、合格発表や入学式の模様、個人写真とクラス写真など。

そういえば、アパート探しに行った時、なぜか会場に写真屋がいて写真を撮られたが、あれがこれだったのか。

こんなとぼけたことをやっているのは、ムスコの大学だけだろうと思いきや、昨今どこの大学でも入学記念アルバムを作っているのだという。

確かに教育熱心な親御さんにとっては、子供の大学入試は一大事業である。よくやった、と褒められるような、目に見える成果が欲しくなるのかもしれない。

それにしても2万は高いと思うが、私はケチなのだろうか。

念のため、ご子息にLineでお伺いを立てたところ

いらね

と、にべもない返事であった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごかぞく | コメント(12) | トラックバック(0) | 2017/05/21 11:30

りんすの話。

私は早風呂で、ちゃんと身体も髪も洗って、浴槽にゆっくり浸かったつもりでも、出るまで15分もかからない。

ムスメなど、入ったと思ったらいつまでたっても出てこないので、途中で声をかけてしまう。

あんなに長いこと、中で何をしているのか、である。

ゴシゴシ髪を洗い、ジャーと流しながら考えてみると、私もムスメの年頃には、ゆっくりお風呂に入っていた気がする。

いったい何をしていたのか、思い当たるのはリンスだ。

初めてわが家にリンスという文化が持ち込まれた時は感激した。

むかし、洗髪後の髪は、脂分が無くガシガシしていた。ところが、リンスをした髪は違う。

サラサラといい香りまでして、お姫様になったような気持になったものだ。

今はポンプでピュッと手のひらに出し、髪につけて流すだけだが、昔のリンスは違った。

まず、キャップで1回分を慎重に量る。

これを洗面器のお湯に溶かして髪にかけるのだが、1度で流してしまうのではない。かけたお湯はもう1つの洗面器で受け、再び頭にかけるのだ。

そうやって交互に2つの洗面器を使って、リンスを髪全体にゆきわたらせる。

あれはじつに優雅にして悠長な作業であった。

いつのまにか、あんなふうに薄めるリンスは姿を消し、ジカにつけるコンディショナーというものが登場する。

ガシガシ洗って、ピュッとつけて、流してオシマイの時代が来たのだ。

リンスの香りのするお湯を、行きつ戻りつさせていた、あの時間は、今思い出してもなかなかいいものだった。

キャップで量るリンスが買えるものならば、またやってみてもいい、と思う。

かおーふぇざーしゃんぷーあんどりんす
(いくら人気者でもシャンプーの広告にこの髪型はない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/05/20 11:30
 | HOME | Next »