びばりー話。

今日はスイミング。

暑い中自転車こいでプールまで。水に入るのが待ち遠しいのは私だけではない。

ウー!気持ちいい~!

爽やかさのまるでない、温泉に浸かるようなうなり声が、プールのあちこちで上がる。

さっきまでうだっていたオバサンたちが、別人のように生き生きと泳ぎだすさまは、まさに水を得た魚の例えにふさわしい。

元気が出るにつれオシャベリが増えるのもまた、オバサンの常である。

アラ?今日は彼女は?

カノジョ?誰?

ほら先月から来てる若い人… 

あーあー、若いったって60は過ぎてるでしょ!

そんな人いたっけ?

いるわよ ほら、ビバリーの…

あー、ビバリーの…

そう、ビバリーの!

ビバリビバリと、まさかこの人ではあるまいな。

まえだびばり
(確かに60過ぎてるわりにはお若いが)

ビバリーって何ですか、と尋ねたら、ケラケラと笑われた。

ビバリーヒルズよ!あの、駅の近くの…

ビバリーヒルズといってもこんなのではない。

びばりーひるず

2年ほど前、当市の某所に開発された住宅地である。(→ ひるずの話。

海なし県にあるまじきネーミングに、ひそかに売れ行きを危ぶんでいたが、世の中そんなことは気にしない人のほうが多いらしい。着々と入居者が増え、街として賑わいを増している。

住人はヒルズ族となるのかと思っていたら、意外にも「ビバリー」のほうが定着したようだ。

住み心地はどんな具合なのかな。来週60過ぎの若い人が来たら、聞いてみよう。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/07/23 12:09

あいさつ話。

あぶらぜみ

当地でも、ついにセミが鳴きだした。

暑い中ジャワジャワやられると、フライパンで炒られているみたいだ。

外に出るのも気が進まないが、ゴミは出さねばならぬ。帽子をかぶり、ゴミ袋を提げて、シブシブ玄関を出た。

まだ7時前だというのに、なんて強い日差し。眩しくて、帽子の陰で思わず顔をしかめる。

しかめ面のままゴミを出し、しかめ面のまま丁寧にゴミネットをかけ、しかめ面のまま引き返す。

これからゴミを出す、どこかのゴシュジンが、前からやってきた。

まるまっちい手にキチンとしばったゴミ袋を持ってはいるが、いかにも手につかない感じ。きっと奥さんがまとめたのを、言われるままに持たされたのだろう。

依然としてしかめ面のまま、それでも近づいてきたゴシュジンに軽く会釈すると

イッテキマス

驚いて顔を上げた時は、すれ違ったゴシュジンはもう、プーさんみたいな後ろ姿。

久しぶりだな、イッテキマスと言われるの。気づけばしかめた眉間がのびていた。

セミどもは、あいかわらずジャワジャワ鳴いている。

1人暮らしも、4か月めだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/07/14 11:30

かんこう話。

わが市は国際的な観光地

むろん私の住むあたりはただの住宅地だが、勝手を知らない観光客が、散策のし過ぎで迷い込んでくることもある。

日本人なら雰囲気で察して引き返すところを、気づかないのはだいたい外国人観光客だ。

先日も、タンクトップに短パンの、典型的な2人連れが、道の向こう側を歩いていた。

日照りさなか、ありふれた住宅地。何も面白いものは無い。

つまらなそうにペタペタ歩いていた1人が、急に何かに気付いて、先を行く連れを呼び戻した。

交互にスマホを向けて写真を撮っている先は、民家の壁面である。

さっきまでの仏頂面が嘘のように、2人してサングラスがずり下がるほど喜んでいる。

フツーの人がフツーに住んでいる家を、そんなに面白がるなんて、いくら外国からのお客様だからといって、いい気はしない。

外国に行って、見慣れないものを面白がる気持ちは私にもある。喜んで写真に撮ったこともある。

でも、そういうのって、地元の人にしてみれば、日常を笑われているようで、あまりいい気持ちじゃないかもしれない。遅ればせながら、ちょっと反省した。

数日後、同じ場所を通りかかった。

あの2人は、何をあんなに喜んでいたのだろうと、その家に近寄ってみて、合点がいった。

ツバメの巣だ。

巣の周囲にはシロウトっぽい補強がされ、家の人が大事に見守っていたことがわかる。

この数日の間に巣立ったのか、すでに仔ツバメの姿は無く、空っぽの巣が、さびしいポケットのように、口を開けていた。

つばめのす



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/07/11 11:30

こうほう話。

行ってきたのよ、期日前投票

当地は今週末に市長選・市議選がおこなわれる。

そっか オオウチさん土日仕事だもんね ちゃんと行ってエライなあ

ほら 最近は市役所まで行かなくてもできるじゃない

近所のショッピングセンターの中に期日前投票所ができたので、たしかに行きやすくはなった。

まあそれはいいんだけどさ、済ませて家に帰ったら ポストに選挙公報が…

ハハハ…時すでに遅し とんでもないことが書いてあっても撤回できないね

そこにカネコさんが入ってきた。

えー?選挙公報なんて、読みます?

読むよ一応 面白いこと書いてあることもあるし、見ないと誰が出てんのか、わかんないし

アタシは壁に貼ってる

スゴイ!熱心!

違う違う、その逆…

オオウチさんは選挙期間中、公報を壁に貼り、

選挙カーがうるさかったり 演説がカンジ悪い人っているでしょ…

そういう時、連呼されている候補者の欄に、赤でバツ印をつけるのだという。

そんで、バツの無い人に入れることにしてんの

なるほどなあ!

連呼式の選挙運動に反感を持ったことは私もある。しかし、どの候補がそれだったのか、すぐ忘れてしまうから、投票に反映させることは、今までできずにいた。

私とカネコさんは、もう投票してしまったオオウチさんに代わり、選挙公報の壁貼りを約束した。

帰りに赤ペン買って帰ろーっと!

カネコさんは楽しそうである。

これから選挙公報を見る人が少なくとも1人増えたわけだ。メデタシ、メデタシ。

しちょうしぎせん
(先日の大風で掲示板がふっ飛ぶのを目撃した)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/07/06 11:31

はいたつ話。

急ぎ足で団地の中を歩き、うちまでもうすぐ、という時に

ばるるるる……

走り去るバイクの音が聞こえた。

あー!きっとうちだ!

たぶん届きそうな、宅配の荷物。気にしながら帰ってきたけど、タッチの差で行ってしまった。

……るるるる ぶるん!

小さくなったバイクの音が、近くで停まったようだ。

間に合うかも!

家には寄らずにそのまま走っていくと、隣の棟の前に配達のバイクがある。しばらく待っていたら、次の配達を済ませた配達員さんが戻ってきた。

バイクのそばに立つ私に、何かクレームでも?と、警戒しているようだ。

ごめんなさい うち、さっきいなかったと思うけど、後ろ姿が見えたから…

室番と名前を名乗ると、若い配達員さんはパッと表情を明るくし

ありがとうございます!

荷台から私宛ての荷物を取り出し、胸のボールペンを添えてよこした。サインをしながら

良かった、追いついて…無駄足させたら申し訳ないもんね

ホントありがとうございます!助かります!

コレシキのことで大げさなほど感謝された。

まだ若い彼の、初めて親切にされた人みたいな表情を見ていると、なんだか気の毒になる。

降ろうが照ろうが、時間通りに届いて当たり前で、お礼を言われることもなく、遅いだの早いだの文句を言われるばかりの仕事は、きっとつらいこともあるだろう。

暑い日差しの中、心なしかさっきより楽しげに角を曲がるバイクを見送った。

すり減らないでがんばれよ、若者。

postman pat
(この人はいつも楽しそうだ)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/07/04 11:30
 | HOME | Next »