しゅくだい話Ⅱ。

昨日に引き続き、本日お届けするのは

高学年向け自由研究野菜・果物産地調べ~

1 ・ 日本地図の白地図をネットで探してプリントアウトしておく。

2 ・ 冷蔵庫の野菜室を覗き、在庫が貧弱ならスーパーに買い物に行って、ムダにならない程度に、家庭の予算の最大限、野菜や果物を買ってくる。

3 ・ 野菜・果物の本体は自由に食べてよいが、果物に貼ってあるシール、野菜の入っていた袋、ネギをしばるテープなど、産地の分かる包装材を剥がして取っておく。

!「岡山の白桃」「高知のピーマン」など、地名と品名が同時にわかるものがあればベスト。なければ、地名のわかるところを残し、品名はメモしてクリップでとめておく!

4 ・ 取っておいたシールや袋を見て、地名を地図帳で調べ、白地図の該当箇所に貼り付ける。

!絵的に寂しければ、野菜や果物の絵を描いてごまかす!

5 ・ 基本的にはこれで完成だが、1枚っきりでは情けないので、発展形を目指す。

発展形その1) … 世界に雄飛タイプ

グレープフルーツやオレンジ、アボカドなど、輸入ものの野菜・果物を買い集め、世界地図の白地図に貼る。

産地のお国柄や主産品など、豆知識的に追記すれば格好がつくし、なんとなくオシャレなので、女子向き。

くだもの
(輸入果物のシールはかわいい)

発展形その2) … 地方の時代タイプ

お父さんお母さんの実家やオバサンの嫁入り先など、親戚パワーを結集して、よそのうちの野菜室の野菜の袋・シールを集めまくる。

もらいに行く日にちがない場合は速達で送ってもらうのが良い。

白地図も家庭数だけ刷り出して「埼玉のおばさん宅」「滋賀のおばあちゃん宅」などと何枚も作ると、労作っぽく見える。

同じピーマンでも、関西の家庭で食べているのと関東のでは、産地が違う、とか、複数の家庭の比較対照で、うまいこと格好つけてまとめる。

急なお願いごとができる程度に嫁姑関係が良好かどうか、常日頃の付き合いがものを言う、母親の実力が問われる仕事だが、緊急の場合は子ども自身が泣きながらおばーちゃんに電話する、という荒業がある。

さあ、小学生諸君もお父さんお母さんも、残り少ない夏休み、今日から枕を高くして眠ろうではないか。

急な出張のため、2014/08/24の記事を再掲させていただきました。
日々更新はいたしますので、留守中もぜひお越しください。
FC2ブログの皆様には、帰宅後必ずお邪魔いたします。




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/08/17 11:30

しゅくだい話。

夏休みも残すところ2週間となった。

気になるのは宿題だが、計算や漢字ドリル、アサガオの観察日記まではどうにかやっつけても、自由研究にまで手が回らず、焦るお子さん、親御さんも多かろうと思う。

そんな悩める親子のため、やっつけ仕事の天才と呼ばれたこのワタクシが、かつてムスメやムスコのためにひねり出した、あっというまにできて、かつ見栄えのいい(ここ重要)自由研究をお教えしましょう。

低学年向け工作キラキラUFO~

1 ・ 百円均一でピクニック用の紙皿と、銀色のスプレー塗料を買い、ついでに好きなキャラのガチャポンを一回やって、家に帰る。


2 ・ おもちゃの部品、ネジ、インクのなくなったボールペン、洗濯ばさみなど、不要品を2枚の紙皿の外側(くぼんでないほう)に貼り付ける。ただし、まんなかは丸く空けること。
   !見栄えは気にしない。はみ出しなど気にせず、接着剤でベタベタくっつける!

3 ・ 2枚の紙皿を、内側を中にしてホッチキスで止める。
   !この時点では、単なる丸いガラクタのカタマリだが、不安にならないこと!

4 ・ 3の丸いものと新聞紙、スプレー塗料を持ってに出る。
   !既に相当のボロ家である場合は屋内でもよいが、換気に注意!

5 ・ 新聞紙を広げた上に丸いものを置き思う存分スプレーを噴射する。
   !非常に楽しいので、「これは大人しかできないの」とスプレーを取り上げ、親がやること!

6 ・ 乾いたら、片面の丸く空けてあった部分に適当に穴をあけて、ガチャポンの人形の下半身を差し込み、カプセルの透明な方をかぶせるように貼り付ける。これが運転席になる。
   !ウルトラマンやライダーのようなキャラよりも、カワイイ系のキャラのほうが面白く仕上がるかも!

7 ・ カプセルの不透明な方の半分を、もう一方の紙皿の丸い部分に貼り付け、好みで星やアルファベットのシールなど貼って出来上がり。

ガラクタの寄せ集めが、銀のスプレーで一気に機械的に、やりようによっちゃサイバーパンクな雰囲気にさえなるのだ。

きかい
(こんな感じの仕上がりをイメージする)

何しろ10年くらい前の作品なので、現物も写真も残ってないのが残念だが、さあ、私を信じてやってみよう!

明日は高学年向けだよ!

急な出張のため、2014/08/23の記事を再掲させていただきました。
しばらくブログご訪問もできませんが、何卒ご容赦ください。
日々更新はいたしますので、留守中もぜひお越しください。
FC2ブログの皆様には、帰宅後必ずお邪魔いたします。




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | トラックバック(0) | 2017/08/16 11:30

やまのひ話。

パソコンを開けたら、検索画面がこんな風になっていた。

やまのひ

は?山の日?なんスか、それ?

迂闊にもまったく知らなかったが、去年からできた祝日で、山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日、だそうだ。

調べてみると、今日この日に決まったについては、さしたる由来もないようだ。

7月に海の恩恵に感謝するための海の日が制定されて、じゃあ山の恩恵はどうなんだよ!という山派のガンバリで、できた祝日らしい。

制定の経緯もそうだが、海の日があるから山の日だぜ!という安易な発想もいかがなものか。

お盆休みを長くして経済効果を得ようという、役人の下心がミエミエなのも見苦しい。

祝日を増やして日本人の働き過ぎを改めよう、という趣旨なら、1日なんてケチケチせず、もっとバカスカ祝日を作ればいい。

あらゆるものの恩恵に、もれなく感謝するのだ。

空気や風の恩恵に感謝する風の日

森林の恩恵に感謝する林の日

炎や熱の恩恵に感謝する火の日

山の日と合わせ、名付けて風林火山連休である。

ますます由来は不明だが、とりあえず景気がいいではないか。

連休中は全国から甲州に人を集め、ハデにお祭りをやるといい。きっとすんごく混むから、私は行かないけど。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/08/11 11:30

ぱちぱち話。

何を書こうかなあ、思いつかない時、今日は何の日なのか、調べてみたりする。

たとえば納豆の日に納豆の思い出を書く(→ なっとう話。)。

今日はパチパチ…でソロバンの日かしら、などと軽い気持ちで調べて、驚いた。

えらいことになってますよ8月8日!

パチパチでソロバンの日は想像通りなのだが、同じくパチパチでパチンコの日でもあり、蛸の日親孝行の日パパイヤの日おばあさんの日、なのだという。

まだまだ○○の日はいっぱいあるのだが、いくつかの傾向はある。

1、語呂合わせ

パチパチもその1つだが、他にはハハハで笑いの日、ハヤシライスで洋食の日、ハッパと読んで葉っぱの日などというのもそれである。

ハハハなら8月88日じゃないのか、ハヤシだったら88月4日だろう、と大人げないツッコミも浮かぶし、そもそも洋食の代表はハヤシライスでいいのか?オムライス派やトンカツ派が黙ってないだろう、とも思う。

2、数にちなんだもの

鍵盤の数にちなんでピアノの日、というのは非常にスマートだし、文句のつけようがない。難点は、真夏の季節とピアノのイメージが重なりにくいことくらいか。

3、形状の類似

ヒョウタンの日というのはなるほど納得できる。

ひょうたん

漢字の八の字からの連想では、ヒゲの日屋根の日

8を横にするとチョウチョに見えるので、チョウチョの日、というのはちょっとかわいい。

しかし、積み上げたら8の字に見えるから白玉の日、というのはどう考えてもおかしい。

白玉はふつう、バラバラで器に入っているものであって、積み上げるものではない。積むなら団子のほうが、はるかにふさわしいではないか。

お鏡餅なんかもっと8にそっくりだ。そのもの、と言ってもいい。

いいじゃないか、8月8日は鏡餅の日!

しかし、よく考えたら、真夏に鏡餅の日は、やっぱりおかしい。あわてて提唱しなくてよかった。何事にも、冷静さは必要である。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/08/08 11:44

たべきる話。

帰省していた頃のことで、思い出したことがある。

長逗留するので、冷蔵庫を整理しておかないと、帰ってエラい目に遭う。

ナマモノを残すなどもってのほかだが、お米や調味料など日持ちするものにも、注意は必要だ。

出発の1週間くらい前から、毎日の献立が緊張を帯びてくる。

とにかく残り物の出ないよう、日々食べきっていくには、家族の好みじゃないものは作れない。

しかし、既に買ってしまった食材は、絶対ムダにしたくない。

いつもなら煮物だけど、それだと子供が残すかもしれないし、だからといってカレーにすると野菜が余る…と、パズルのように食材をアッチコッチして、ものすごく複雑なことを考えていた。

すっかり人間が大雑把になってしまった今の私なら、余ったら捨てれば~、などと雑なアドバイスをしそうである。

ムダにするったって何百円だか、1日遊びに出かければあっという間に使ってしまう金額なのだから、あんまりキリキリしないほうが、帰省もずっと楽しかったろう。

過ぎたことは仕方ないが、昔の私にそれくらい余裕があれば、と、今になって思ったりする。

そういえば、イモートもそろそろ帰省してくるころだ。彼女も毎年、いろんな苦労をしてきたことだろう。思いついて電話をしてみた。

ねーねー、こっち来るとき、冷蔵庫整理とかどうしてんの?

え?特に何も…

でも野菜とか残ったら困るでしょ?

いや…アタシ持って行っちゃうからさ 残ったら何でも

悩む景色も無く、しゃあしゃあと言ってのけた。

あとで別件でおばーちゃんに会った時、そのことを聞いたら

そうなのよ~ もう毎年、ニンジン半分とかしなびたピーマン2個とか…

こっち側に困っている人がいた。

困ったり困らせたりしながら、国民が大移動する時期も、もうすぐだ。

きせいらっしゅ
(カブトムシを持って帰ったことはある)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2017/08/05 11:37
 | HOME | Next »