けんごう話。

中学に上がった時、それまで母におさげに結ってもらっていた髪を、みじかく切った。

肩に触れない長さ、前髪はオン ザ 眉毛で、校則通りである。

オシャレをしてみたいという気持ちはありながら、どうしていいかわからない優等生は、セーラー服を着たコケシに似ていた。

映画「グリース」の影響で、フィフティーズファッションが流行していたころである。

ぐりーす

リーゼントの男は頭が悪そうでステキと思えなかったが、可憐な、オリビア ニュートン ジョンの50年代ファッションには魅力を感じた。

ポニーテールにしてみたいな…

サーキュラースカートのワンピースを買うおカネはなくても、ポニーテールに結うだけなら中学生にもマネできる。

その日から、散髪サンパツとうるさい母の小言を、頭を下げてやり過ごして数か月。

ようやく、うしろで手でつかめる程度の長さになった。

髪をブラシで撫でて後頭部に集め、目が吊り上がるほど引っ張ってゴムで縛る。

ワクワクしながら鏡をのぞくと、そこには想像とはずいぶん違う自分の姿があった。

期待した「仔馬のシッポ」ではなく、虚空に向かって力強く突っ張るちょんまげ、その太さ、逞しさ。

まさに剣客の風貌である。

みやもとむさし

ひっそりとゴムをほどき、シオシオと母のところに行って、散髪代をもらった。

以来、髪を結って外に出たことはない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/03/07 10:58

ぱーまの話。

いつもの美容院

鏡の前に座り、ピンクのケープをかけてもらいながら、若い美容師さんに

いつも通り、伸びた分だけ…

とだけお願いして、手元の雑誌をパラパラとめくっていると、テレビで最近見る人が載っていた。

ひらののら

バブル時代のイケイケギャル(死語)の風体をまねたお笑い芸人だ。

昔を知らない人は、こんなの大げさな誇張だと思うかもしれない。

しかし、あの時代、こんな風にパッドを入れ過ぎて肩が耳まで来ている人や、目が四つあるのかと思うほど眉を太くした人が、本当にいたのだ。

今に比べて、流行りといえば無批判に取り入れてしまう人が多かったと思う。

そういえば昔、ソバージュにしたことがあったわ…

と、何気なくつぶやくと、カットを始めていた美容師さんが

えっ?!

と小さく驚いた。小さく、ではあるが、かなり抑えた反応であることが分かる。

驚かれるのも当然である。私の髪はおっそろしく太く、しかも量が多くて真っ黒の剛毛なのだ。

ソバージュというのは、この芸人さんのように、長い髪をワカメのようにピロピロさせる髪型。全体に強いパーマをかけないと、こうはならない。

そして私のような剛毛の人間がそういうパーマをかけると、どうなるとお思いか。

ただでさえ多量の髪がさらに膨らんでボリュームを増し、スフィンクスもかくや、という堂々たる風格を呈するのである。

髪質に合っているか、とか、似合っているか、とか、そういうことよりも、流行りのほうが重要な時代もあったのだ。

しかし、私のソバージュヘアは長くは続かなかった。

多量の髪に細いロッドを巻くのは毎回3人がかり。おまけに硬い髪には、パーマ液が大量に必要で、かけるほうもかけられるほうも本当に大変だった。

最初にソバージュを勧めた美容師さんは、そうとう後悔したことだろう。

若い美容師さんは、みじかくカットした髪を指ではさんで見せ、

ちょっとスキますか?

と聞いた。この髪にパーマをかけずに済んで、本当に助かった、と思っているようだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/03/06 10:45

そつある話。

…これ しまっといて…

遅く起きたと思ったら、ゴソゴソ部屋を片付けていたムスコが、手渡したのは卒業アルバム。

陰気で不活発で友だちが少ないムスコが、

…高えし… オレ別にいらねーし…

と、捨てようとした申込用紙を取り上げ、まーまー、将来どんな有名人が出ないとも限らないし、話のタネに買っときなよ、と、とりなしたのは私である。

卒業アルバムなんて、若い時には見たくもないし、要らないものかもしれない。

ところが私の高校のアルバムはそうではなかった。

わが母校の校風は自由放任

制服はなく、生徒指導はユルユル。先生方も個性派ぞろいで、授業の内容も出欠も自由な代わり、単位を落とせば補習や追試で拾ってもらえることもなく、留年多数。そんな学校だった。

そんな雰囲気を反映して、卒業アルバムも生徒の自由に任されていた。

クラス写真も、よくある証明写真のようなものではない。全員が扮装や仮装をして写るのである。

部活のユニフォームでポーズをとるなどは序の口で、着物あり、アフロあり、撮影の日は更衣室が特設される大騒ぎである。

女子が化粧バッチリなのはもちろんだが、中でもヅカファンは舞台化粧で、メバリは入ってるし、鼻に影はついてるし、まるきり別人である。

コスプレなどという言葉はまだ無かったが、マンガの主人公になりきる子もいた。

撮影も、編集も、お祭り気分でワイワイやって、出来上がりがほんとうに楽しみだった。

そんなアルバムだから、ずっと楽しく見るか、といえばそうでもない。

今見ると、自分の、友達の、若さゆえの悪ふざけが恥ずかしい。おまけに仮装が激しい子なんか、ホントはどんな顔だったか、もう忘れてしまいそうである。

こういうものはやはり、決まりきった、ありふれた定型に嵌っているのがいいのかもしれない。

渡されたアルバムのページを繰ると、見慣れたムスコが、いつものパッとしない表情で写っている。他の子たちも似たようなものだ。

これこれ、これでいい。

大事にとっておいてやるから、ジジイになって、しみじみと見なさいムスコよ。

そつある
(しかし絆とか想い出とか、この題名のセンスはなんとかならんのか)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/03/05 11:31

りょうがえ話。

うらうらと晴れた、ある春の日。

郵便局にお使いを頼まれた私は、ビジネス街の交差点で、信号の変わるのを待っていた。

ハデなスポーツカーが前を過ぎ、左折して停まったと思うと、スルスルと窓のガラスが下がり、見たことのある顔が、そこから突き出された。

なーなー このへんに銀行ある?

旧知のようになれなれしく、声をかけられたのが自分だと気付くのに、少しかかった。

その人は、名を言えば誰もが知る、漫才コンビのツッコミ担当。

漫才ブームが去って、テレビで見ることも少なくなり、先ごろ解散が報じられたばかりだ。そう思って見るせいか、芸能人らしい華やかさがなく、なんだか痩せたように、疲れて見える。

銀行ですか?いっぱいありますけど… 

カネな、外国のカネ… 円に替えたいねん 銀行いったらエエねんやろ?

ああ、両替ですか

私は制服を着て、典型的なOL姿。ちょっと銀行員風でもあった。この子に聞けばわかりそうだ、とツッコミ氏は思ったのだろう。

ドルでしたらだいたいどこでも…

ドルちゃうねん、リラや!イタリアのリラ

ツッコミ氏はそう言うと、ブランドのロゴの目立つサイフから紙幣を取り出し、扇のように広げて、セン、ニセン…と数えて見せた。

ユーロに移行するずいぶん前だった。ヨーロッパの個別の通貨の両替は、外為専門の銀行に行かなければならないことを私は知っていたので、その支店の場所を簡単に教えると、

ありがとう!

せかせかと言葉半ばに窓のガラスが上がり、ぶおん!とエンジンをふかしたと思うと、ツッコミ氏の車は急いで行ってしまった。

事務所に帰ってから、新聞の外為欄を見て、ツッコミ氏の持っていたリラを円に換算してみた。

4800円ほどになった。

ツッコミ氏の姿を次に見たのは、芸能ニュースの訃報で、だったと思う。

いたりありら



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ




むかしむかし | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/03/04 11:43

はなきん話。

今日はプレミアムフライデー、らしい。

新しいものにはもれなく反感を持つ私としては、やはり気にいらない。

だいたい、月に1回というのがケチ臭い

タレントまで雇って大層に宣伝するなら、毎週金曜早帰りくらいの約束してみろバカ、と、怠け者の私などは思うわけである。

さらに気に入らない最大の点は、なんといってもその名称である。

政府の肝煎り、鳴り物入りで始まる新制度が、何でスーパーの特売日みたいな英語なのか。

休み前の金曜日の、ウキウキした気分を表すなら、いいのが既にあるじゃないか。

花の金曜日、略してハナキン

バブルの残り香がチョイと気になるが、間が抜けてて明るくて、いい言葉だと思う。

少なくとも、プレミアムナントカよりは数倍マシだ。

ところが周りの若い衆に聞いてみたところ、このハナキンも半ドン同様、(→ 「はんどん話。」)もはや死語らしい。

ハナキン?スターウォーズの…?

違う!それはアナキン スカイウォーカー!

あなきんすかいうぉーかー
( "The Chosen one"  Anakin Skywalker )



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/02/24 11:12
 | HOME | Next »