もこもこ話。

浅見光彦シリーズは、本は読まないけど、行ったことない場所が次々出てくるので、午後の再放送なんかつい見てしまう。

地方警察の刑事がイバッて浅見光彦のお兄さんに電話し、見る間にしおれてへーこらする予定調和などを楽しく見る。

そんな見方だから、浅見光彦役の俳優がコロコロ替わっても気にはならないんだけど。

速水もこみちの浅見光彦を見て、初めて「なんか変!」と思った。

中村俊介の浅見光彦は何とも思わなかったから、演技力とかの問題じゃないと思う。

一言で言えば「違うマンガの人がいる!」って感じ。

「つる姫じゃー!」に「ベルばら」のオスカルが描き込まれてるような。(年がわかる)

「SKET DANCE」に坂田銀時がいるような。(子供の年がわかる)

等身や縮尺が違うのかな。

「ごくせん」の時はそうも思わなかった。仲間由紀恵と速水もこみちは同じマンガの人って気がする。
スポンサーサイト
てれびじょん | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/09/30 10:20

だしぬけ話。

今年もまたやられた。出し抜かれました。くやしいです。

何にってヒガンバナにです。

いっつも自転車でわきを通る植え込みに、毎年ヒガンバナが咲くんだけど、毎年めっちゃビックリする。昨日まで何にもなかったとこになんでああイキナリ、あんなにまっかっかに咲くかなあ。

「ほころびかけた」とか、「成長途上の」なんて状態は、ヒガンバナには無い。昨日までは何もなかったところに、突然ドカンと爆発したみたいに咲いてる。いきなり存在して、いきなり満開。それが彼岸花。

セミが部屋に飛び込んできて驚くとか、霧の車道にサルがしゃがんでて驚くとか、夜中網戸に寝ぼけたカラスが突っ込んできて驚くとか(全部経験済み)なら、ぜんぜん悔しくない。動物のすることだからね。

でも、野生動物たちに比べてアクティブさゼロの植物に、それも毎年毎年、同じようにギョギョギョとビックリするのは、なんか人類として情けない。

てなことをボランティアに行ったときにぶつくさ言ってたら、同僚のコンドーさんが言うには

ヒガンバナは仕方ないわ~。私なんか、自分ちの庭でもビックリするもん。毎年同じとこに咲くから、あそこに咲く咲く、もうすぐ咲くと思ってても、いざ咲いたらビックリするのよ。

…へぇ~、庭でもビックリするんだ。コンドーさんも相当悔しそう。自分で植えといて、っていうのが、多分悔しさをいや増すんだろうね。

それにしてもじゃあなんで植えたんすか???

ごきんじょ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/09/20 11:00

わらしべ話。

おばーちゃん、つまり私の母から電話があった。

シシュウの名簿を作るんだけど、手書きじゃみっともないから、あんたチャチャッとパソコンで何とかしてくれない?

おばーちゃんは刺繍の会のメンバーでは若手で、会場の公民館の予約とか名簿作りとか展示会のクギ打ちとか、いろいろ雑用をやらされている。

若手とはいえ70代。70代の若手。これは応援せねば。

ファクスで送られてきた手書きの名簿をワードで印刷して、その紙持ってバス乗って実家に行った。(何ちうアナログな方法…)

おばーちゃんは喜んで、佃煮の詰め合わせをくれた。うーん、佃煮ばっか3瓶かあ~。

そーだ、管理人さんに1つ持ってこ。ついでに、夜のうちベランダに飛び込んでた持ち主不明のサッカーボールも。

こりゃ~、3号棟のマイカワさんのボクのボールだわ。何ぼ注意しても夜に蹴りよる。おかーさんにちゃんと言うときますから。

家に戻って硬いカボチャと格闘していたらインターフォンが鳴って「すみませ~ん、3号棟のマイカワです~」

ホントすみません、ガラスやら洗濯物やら、大丈夫でしたか。ホントすみません。今年受験で、なんかイライラしてるみたいで、いくら言っても聞かないんです。ホントすみません。これつまんないものですけど皆さんで。ホントすみません。

イエイエいんですよ、受験大変ですね、イヤイヤそんなお気遣いなく、なんもなかったですから、アラアラそうですか、じゃ遠慮なく。

…クッキー貰っちゃった。小袋6つも入ってる、スゲエでけえ箱!こないだのお礼に、カンダさんちに半分持ってこ。

いやぁ~んアリガト、超嬉しい!これあそこの店のでしょ、大好きなの!ちょうど食べたかったのよ!そだ今日揚げたの、みんなの分、3つ持ってって!玉子コロッケ、自分で作っといてナンだけど、おいっしいわよ食べて!

…さて私の前には、佃煮2瓶 クッキー3袋、でっかい玉子コロッケ3個。

これ、朝にはA4の紙2枚だったんだよね。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村
ごきんじょ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/09/17 18:17

おこられ話。

ムスメもすなるブログといふものを、オカンもしてみむとてするなり。

今日も今日とて要らんことを言ってダハハと笑っていたら、「その無駄話を空中に放ってばかりいないで、ブログくらいしなさい」と言われ、このブログの「枠」を作ってもらいました。かわいくて、お気に入り。

しかし新しいことをするのは億劫で、ムスメが夏合宿に行ってる間中、放置。

帰ってきたムスメにがっちり怒られました。

お、字が大きくなったぞ。

色も付けられるらしい。

なにせ「おかんブログ」だからぼちぼちやろう。

※おかんブログ…おかんアート的なブログ。ここでおかんアートの例を画像で入れたいが、いかんせんまだやり方がわからなくて出来ない(泣)。

※おかんアート…世のお母さんが作るこまごましたもの。アクリル毛糸の服を着たキューピー、ちりめんのフクロウ、紙粘土のメルヘンなお人形など多岐にわたる。夫と子供に注いでまだ有り余る愛情の行き場として無くてはならぬもの。
ごかぞく | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/09/11 11:44
 | HOME |