のんびり話。

4月から、ムスコが住む町を見に行った。

特急電車で2時間ばかり。フワフワ旅行気分になりかけたが、そうもしていられない。

不慣れな場所をアチコチして部屋探し。どこに行くにもバスの本数が少ないし、とにかく乗り継ぎが悪い。聞きしに勝るクルマ社会であるらしい。

加えて独特のノンビリペースで、万事がはかどらない。歌うように語尾をひっぱる、この地の方言のイントネーションまでが、なんだかいまいましい。

私は田舎者のくせに生来のセッカチなので、地元で行動する時の5倍はくたびれた。

なんとかやるべきことは済ませて、ひとまず帰宅の日。ホテルを出て、駅までタクシーに乗った。

ヤギに似た白髪の運転手さんは、生粋の土地の人らしく、この2日ですっかり聞き慣れた口調で

そうかね 大学へね ここはいいとこですよぉ (この「~」の部分が独特)

…はア…

怖い事件もないし 学生もおとなしいしね

…そーすか…

ヘトヘトの私ははかばかしい返事もできず、代わりにムスコが相槌を打っている。

例のノンキなイントネーションが、波のように耳をうち、ついウトウトしかけた時、大通りにさしかかった。

あーあー えーらい混んどるわ ちょっと他へ行ってもよろしいか

了承を求めたので、いいですよと言ったものの、そのえーらい混んどる道路は、私の目には普通に流れているように見える。

あれで混んどるなら、ふだんはどれだけスッカスカなのだろう。

駅前で降りて、ムスコを見たら、ふだんにも増してフヌケた、ノンビリした表情になっていた。

もしかしたら、ムスコはいい土地を選んだのかもしれない。ふとそう思った。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/03/15 12:09

ほわいと話。

私はこう見えて旧弊で義理堅い人間である。

いただきものをしたら、お返しをしなければならぬ、と思っている。

釣り合いの取れたお返しを、いいタイミングでお渡しするのは気を使う。あまり高価だとイヤミだし、もらってすぐにお返しすると、バシンと打ち返すようで感じが悪い。

お返し一つとっても、本当にいろいろ考えることがあるのだ。

そんな私が今、ヤキモキと気をもんでいる。

ムスコも男子のハシクレなので、バレンタインにはお恵みでチョコをもらったらしい。

お返ししなくていいの?

と聞くと、

…いい… 要らねえ…

なんで?ホワイトデーだよ?

…あんなの オヤジの風習だろ…

ムスコいわく、学生のチョコ配りは告白とか好意とかではなく、ただの集団イベント、皆でチョコを食う日である、と。

…持ってきたやつも 自分でバクバク食ってたぜ…

いや、でも…

本当に本当だろうか。

はるか昔のOL時代、義理チョコに適切なお返しをしなかったオジサンが、裏でどれだけひどく言われていたか、それを思い出すと、あっそう、と簡単に引き下がる気持ちにはなりにくい。

本当に本当?ダイジョブ?

…大丈夫じゃなくったって もう会わないんだから平気だろ…

アッサリしたものだ。

なんだか急に、心配性のババアになった気がしてきた。

ほわいとでー



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(22) | トラックバック(0) | 2017/03/14 11:31

ぷりんの話。

いつもの職場の昼休み。

そーいえばさー 焼きプリンってあるじゃない?コンビニの

んー あるある けっこう美味しいよね

最近はコンビニのお菓子もバカになんないからね

あの『焼き』のとこって どーなってんのかね

えー?『焼き』?

やきぷりん
(あー分かりますよこのてっぺんのとこね)

焼きプリンってんだから焼いてんでしょ?

でもさ、あのプリンの容器って、やーらかいビニールじゃない?

…そういやそうね

焼くと溶けると思うんだよねえ…

あ、じゃさ、なんかバーナーみたいのが出てさ、表面だけ、一瞬ジュッて…

ええ~っ?一個一個ぉ~?

ほら、ああいうのはキカイだからさ ホントにすごい一瞬、スゴイ高温でジュッて…

あー コンベアみたいのに乗って流れてくわけね

技術の進歩ね~

オバサンたちがそんな話をしていると、それまで黙ってスマホを触っていたミヨシさんが、

なんか 温度みたいですよ プリンは焦げるけど…

話を聞きながら検索していたのか、スマホの画面を示して見せようとする。ところが

あーダメダメ!言わないで!

そうよ!せっかくみんなで考えてたのにぃ!

まったく今の子はすぐ、そうやって検索する!

いい?私たち 別に正解が知りたいんじゃないのよ

そうそう! あーだこーだ言うのが楽しいのよ

ワカッてないわねマッタク…

ミヨシさんは親切で調べてくれたのに、えらい言われようだ。

しかし、オバサンたちの言い分もよくわかる。当て推量ほど面白いことはないからだ。

さいわい、みんなが遮ったおかげで、謎は中途で解けないまま残った。私もいつか、どこかで

焼きプリンの『焼き』のとこって どーなってんのかねェ

と、言ってみよう。



        旅行中のため、コメント欄を閉じています。
        しばしご訪問もできませんが、何卒ご容赦ください。
        日々更新いたしますので、留守中もぜひお越しください。
        FC2ブログの皆様には、帰宅後必ずお邪魔いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | トラックバック(0) | 2017/03/13 11:30

しゅにえ話。

当地に春を呼ぶと言われる行事が、お水取りである。

お水取りお水取りと呼んでいるが、正式には修二会という。もとは旧暦の2月1日から行われていたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」なのだ。

東大寺二月堂の修二会は、創始以来千二百有余年もの間、一度も絶えることなく、連綿と引き継がれてきた。

若狭井という井戸から観音様に供えるお香水を汲み上げる行事や、行を勤める練行衆の道明かりに灯す大きな松明が有名で、そのためお水取り・お松明の名でも呼ばれる。

(→華厳宗大本山 東大寺

と、ここまでは県民のタシナミとして、私も以前より了解し、ことあるごとに無知なる他県民に教えてあげていた。

ところが今年になって、ショックな事実を知った。

お水取りの正式名称だと思っていた修二会に、さらに別称があるというではないか。

十一面悔過

じ、じ、じゅういちめん、け、けか~?

この、何が何だかわからない5文字が、お水取りいや修二会の、実は正式名称だというのだ。

みんながお水取りって言ってるのは、ホントは修二会なんだけど、実はそれも正式名称じゃなくて、ホントのホントはジューイチメンケカっていうんですよ~♥

そんなこと言われて、あーハイハイと受け入れられるものだろうか。

このぶんでは、ジューイチメンケカで安心していたら、ホントのホントの正式名称がまた出てこないとも限らない。

やはり、千三百年近くもやってる行事となると、一筋縄ではいかないのだ。

伝統のお水取りは、本日深夜におこなわれる。

のりこぼし
(このお菓子の名前は「のりこぼし」で間違いない…と思う → 御菓子司 萬々堂通則



        旅行中のため、コメント欄を閉じています。
        しばしご訪問もできませんが、何卒ご容赦ください。
        日々更新いたしますので、留守中もぜひお越しください。
        FC2ブログの皆様には、帰宅後必ずお邪魔いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | トラックバック(0) | 2017/03/12 11:24

あのひの話。

いつも通りのイモート一家の1日がはじまった。

イモートの作ったお弁当を提げて、ダンナのコージさんは会社へ、メイちゃんは幼稚園へ。

ひとしきり家事をした後、お弁当の残りでお昼ごはんを済ませて、幼稚園の卒園謝恩会の打ち合わせに、着替えて出かけようとしたその時。

大きな大きな何かが、イモートの住むアパートを、気味わるく揺らした。

ドスンと重いものが落ち、ガチャンと食器が割れ、続いてビシビシとひび割れる音。永遠と思える恐ろしい時間が過ぎて、やがて静かになった。

思わずしゃがみ込んで頭を抱えていたイモートが顔をあげると、年末に買って組み立てたばかりのTVボードが壊れて、液晶テレビが床に落ちている。

放心状態で床に足を投げ出し、しばらくそうしていたが、メールの着信で我に帰った。

幼稚園からの連絡だ。

鍵もかけずに飛び出し、いっさんに駆けて園庭に飛び込むと、園児たちは小さくしゃがんで丸く輪になり、先生に囲まれていた。

上履きのままのメイちゃんの手を引いて家に帰り、いつもの習慣で手を洗わせようとしたら、小さい握りこぶしの中に、赤いクレヨンが1本、かたくかたく握り込まれていた。

日中どうしても連絡がつかなかったコージさんは、夜半を過ぎてから、クツも背広もビックリするほどドロドロになって戻った。都心の会社から郊外の家まで、徒歩で帰って来たのである。

いわゆる帰宅難民ってやつよ~

ここまで電話で話してきた、イモートが言う。

あとで考えればさ~ あんなに必死こいて帰んなくてもいいわけよ~ 余震もあるんだし 会社に泊まればさ~

まーそうよね でも帰りたかったんでしょ アンタとメイちゃんのとこに…

そうかな~

そうだよォ オトコは家が好きだからネ だよ愛… 

へへへ… そっかな~

電話口で、イモートは照れている。

ノンキにこんな話ができるのも、たまたまのこと、ただの僥倖にすぎないのだ。

イモートが、コージさんが、そしてメイちゃんが、あの日命を奪われずに済んだのは、得難いめぐり合せなのだと、6年の月日が過ぎて思う。

あの日お友だちと肩を寄せ、しゃがんで震えていたメイちゃんが、この春、中学生になる。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/03/11 11:13

いいわけ話。

クドクド言い訳をするのがキライだ。

エラそうに言えることではないが、人いちばい、過ちの多い人生だった。しかし、事に際して、誰に対しても、言い訳だけはしなかった、と胸を張って言える。

それが、数少ない私の誇りである。

今朝は月1回の資源ごみ回収。

びんかん

袋にいっぱいのビンやカンを提げて回収場所に行くと、自治会の役員さんが立っていた。

地区の回収に先回りしてアルミ缶だけ持ち去ったり、キチンと分別しないゴミを置いていく不埒者がいるので、番をするのだ。今日のお当番は70代くらいの、厳しい表情のオジサン。

なるべく愛想よく、オハヨウゴザイマスと挨拶をしてから、ペットボトル、カン、透明のビン、茶色のビン…と、決められたコンテナに、ゴミを入れていく。

カラン、カラン、カランと、ビールのカンが軽く鳴る。

ごとん、ごとん、ごとんと、ワインのビンは重たい音。

われながら、1人でよくこれだけ飲んだものだと思いつつ仕分けしていると、ふと背後に気配を感じた。オジサンの視線である。

酒ビンばっかり えらい量だな… このオバサン、たしか独り身なのに…

と、思われているに違いない。瞬間、思わず

いやー、旅行や何や… なかなか出せなくて 年末から溜まっちゃって…

そう口走っていた。

厳しい顔のオジサンは、意外に優しい甲高い声で

そうですよね 溜まりますよね

と言ってくれたが、つまらぬ言い訳をしてしまった私は今、激しい自己嫌悪に襲われている。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2017/03/10 11:32

はっぴょう話。

ムスコの受けた大学の合格発表日。

発表は午後なのに、落ち着かないで普段より早く起きてしまった。

グーグー寝ている当のご本人を叩き起こしたいが、昨日の晩

…どうせソワソワするから昼まで寝る… 起こすなよ…

と、釘を刺されている。

徒然なるままにパソコン立ち上げ、大学のHPを見ても、当然ながら何にも発表されていない。

しかし合格発表も様変わりした。

昔はわざわざ大学まで、自分の受験番号が張り出されているかどうか、確かめに行ったものだ。

バスに乗って電車に乗って乗り換えてまたバスに乗って、私が大学に着いたときには、定刻を少し過ぎていた。

正門を入ってそれらしき方角に向かうと、すでに人だかりが少し崩れ始めている。

応援団に胴上げされる男子学生がいる。友だちと頭を寄せ、シクシク泣いてる女子学生がいる。

毎年この時期、ニュースで見るのと同じ景色がそこにあった。

ドキドキしながら数字と名前の並んだ掲示板に近寄ると、横からポンと肩を叩かれた。

同じ大学の、別の学部を受験した同級生だ。どうだった、と聞くと

オレ受かってた… オマエも早く見てこいよ…

と、ニヤニヤしている。

あ、こいつ、とピンと来た。

案の定、私の名前は合格者の中にあった。しかし嬉しいより前に、感動を奪われた感がぬぐえない。

人の発表、先に見んなよ!おまけにわざわざ声かけんなって!

同級生氏に悪気はなかったと思うが、30年以上たった今も、執念深い私は根に持っている。

そんな過去のあれこれを思い出していたら、ようやっと昼になった。

モソモソ起きてきたムスコは、立ち上げておいたパソコンの更新ボタンを押して

あ… 受かってる…

ムスコの合格発表の思い出はこれきりである。

ラクなような、頼りないような、ヘンな時代になった。

ごうかくはっぴょう
(今は掲示も名前は無しで番号だけらしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごかぞく | コメント(44) | トラックバック(0) | 2017/03/09 11:21

かいがい話。

前にイタリアに行ってスリに遭った(→ 「いたりあ話。」)ムスメが、卒業旅行でヨーロッパに行くという。

心配してもしかたがないと思いつつ、前回のことがあるので、諸注意を垂れるのだが、本人はヒコーキに乗りもしないうちからウキウキで、上の空である。

ウフフ… ピーターラビットの あの湖水地方も行くんだ~!

ちくしょう、こちとら期末で忙しくって休みどころじゃないってのに。

アンタ 行ったことあるわよ湖水地方… 覚えてないだろうけど

ウソ!

ホントだよ ほら…

アルバムをひっぱりだし、証拠写真を見せてやる。麦わら帽子のムスメが立っているのは、ピーターラビットの家の前である。

えー… 麦わら帽子は覚えてるけど… 

だから二回目だね 湖水地方…

ムスメは軽くショックを受けていたが、なんとか気を取り直し

鉄道でパリ行くんだよ ユーロスター楽しみ!

私もそうだがムスメも乗り物が好きである。

ユーロスターも乗ったよ パリ行って ルーブル美術館でチョロQ遊んだじゃん

マジ?チョロQしか覚えてない

今じゃ家族旅行もままならないが、昔は海外に住んでたので、けっこうアチコチ行ったのだ。

憧れていたアッチもコッチも、実は行ったことがあって、しかも記憶がない、と知って、ムスメは凹んでいる。

いーじゃない!忘れてるんだから初めてと同じだよ!

と、励ましたものの、あんだけアッチコッチ連れてったのに、ホントに何にも覚えてないのか、と思うと、私だっていーかげんガッカリだ。

さもとらけのにけ
(ルーブルの床はチョロQがよく走りますが決してマネしないでください)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/03/08 11:44

けんごう話。

中学に上がった時、それまで母におさげに結ってもらっていた髪を、みじかく切った。

肩に触れない長さ、前髪はオン ザ 眉毛で、校則通りである。

オシャレをしてみたいという気持ちはありながら、どうしていいかわからない優等生は、セーラー服を着たコケシに似ていた。

映画「グリース」の影響で、フィフティーズファッションが流行していたころである。

ぐりーす

リーゼントの男は頭が悪そうでステキと思えなかったが、可憐な、オリビア ニュートン ジョンの50年代ファッションには魅力を感じた。

ポニーテールにしてみたいな…

サーキュラースカートのワンピースを買うおカネはなくても、ポニーテールに結うだけなら中学生にもマネできる。

その日から、散髪サンパツとうるさい母の小言を、頭を下げてやり過ごして数か月。

ようやく、うしろで手でつかめる程度の長さになった。

髪をブラシで撫でて後頭部に集め、目が吊り上がるほど引っ張ってゴムで縛る。

ワクワクしながら鏡をのぞくと、そこには想像とはずいぶん違う自分の姿があった。

期待した「仔馬のシッポ」ではなく、虚空に向かって力強く突っ張るちょんまげ、その太さ、逞しさ。

まさに剣客の風貌である。

みやもとむさし

ひっそりとゴムをほどき、シオシオと母のところに行って、散髪代をもらった。

以来、髪を結って外に出たことはない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/03/07 10:58

ぱーまの話。

いつもの美容院

鏡の前に座り、ピンクのケープをかけてもらいながら、若い美容師さんに

いつも通り、伸びた分だけ…

とだけお願いして、手元の雑誌をパラパラとめくっていると、テレビで最近見る人が載っていた。

ひらののら

バブル時代のイケイケギャル(死語)の風体をまねたお笑い芸人だ。

昔を知らない人は、こんなの大げさな誇張だと思うかもしれない。

しかし、あの時代、こんな風にパッドを入れ過ぎて肩が耳まで来ている人や、目が四つあるのかと思うほど眉を太くした人が、本当にいたのだ。

今に比べて、流行りといえば無批判に取り入れてしまう人が多かったと思う。

そういえば昔、ソバージュにしたことがあったわ…

と、何気なくつぶやくと、カットを始めていた美容師さんが

えっ?!

と小さく驚いた。小さく、ではあるが、かなり抑えた反応であることが分かる。

驚かれるのも当然である。私の髪はおっそろしく太く、しかも量が多くて真っ黒の剛毛なのだ。

ソバージュというのは、この芸人さんのように、長い髪をワカメのようにピロピロさせる髪型。全体に強いパーマをかけないと、こうはならない。

そして私のような剛毛の人間がそういうパーマをかけると、どうなるとお思いか。

ただでさえ多量の髪がさらに膨らんでボリュームを増し、スフィンクスもかくや、という堂々たる風格を呈するのである。

髪質に合っているか、とか、似合っているか、とか、そういうことよりも、流行りのほうが重要な時代もあったのだ。

しかし、私のソバージュヘアは長くは続かなかった。

多量の髪に細いロッドを巻くのは毎回3人がかり。おまけに硬い髪には、パーマ液が大量に必要で、かけるほうもかけられるほうも本当に大変だった。

最初にソバージュを勧めた美容師さんは、そうとう後悔したことだろう。

若い美容師さんは、みじかくカットした髪を指ではさんで見せ、

ちょっとスキますか?

と聞いた。この髪にパーマをかけずに済んで、本当に助かった、と思っているようだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/03/06 10:45
« Prev | HOME | Next »