しゅくだい話。

しばらく外食してないので、おばーちゃんを誘ってランチでも、と思いたった。

お出かけ好きのおばーちゃんに断られることはまず無いが、一応確認の電話をかける。

…モシモシ おかーさん? 今日駅前でゴハンでもどう?

うーん… どうしようかな…

アラ?珍しく気の進まない様子。

どうしたの 調子でもワルイの?

いや… そうじゃなくて… 宿題があるから…

宿題といっても、もちろん漢字ドリルや百ます計算などではない。

うちでは生協の注文書のことを宿題と呼んでいる。(→ 「しなもの話。」

週に1度、注文した品物とともにドサッと届く大量のカタログを吟味し、買うべきものを見極めるのはけっこうな仕事であり、宿題と称するのは決して大げさではない。

しかし、それが理由でランチに出られないとは、ただ事ではない。

カタログショッピングが大好きなおばーちゃんだが、トシには勝てないということか。

憂鬱でねえ…神経すり減らしてんのよ…

小さくて弱々しい声。ますます心配になって問い詰めると

キャベツが3個あって… もうどうしたらいいか…

はァ?

聞けば先週キャベツが来て、それを忘れてスーパーでもう1個買ったところに、今週の配達でまた1個、キャベツが届いたのだという。

思いつきでちょちょいとマークするような買い方をしているのでそうなる。

やっぱり、前の週の注文をちゃんと見ないとダメね…

とりあえずランチは中止、キャベツは2個、うちで引き取ることになった。

きゃべつ
(いやキャベツは好きですよ 好きですけれども)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごかぞく | コメント(12) | トラックバック(0) | 2017/03/21 11:09

まつりの話。

トーフを出して冷蔵庫の扉を閉め、振り返ったところでドン!と重い音がした。

整理の悪い冷蔵庫の中でナダレが起こったか、と、開けて確かめてみたが、別状ない。

おかしいな、とまた閉めたら、続けてドン!ドン!と音が続いた。

リビングでひっくり返っていたムスメとムスコも、異常を感じて腰を浮かしている。

なにあの音?事故

念のためガスを止め、窓を開けてビックリたまげた。

はなびたいかい

満天の花火だ。

なんで?何の花火?

念のためカレンダーを確認したが、今日は祝日でもなんでもない、ただの連休の中日である。

ムスメがスマホで検索しても、特に大きなイベントがあるとも出ない。

他の部屋からも、わらわら住人が出てきて、ベランダから外を見て驚いている様子である。

ずいぶん時間も長く、盛大で豪華。大玉の凝った花火が次々と上がる。

こんなヘンな時期に、こんな盛大な花火大会が、前触れもなく行われるとは。

倉庫の火事じゃないの… 花火屋の…

アッチはたしか 河川敷と田んぼだよ そんなのあったかなあ?  

期末の予算消化じゃない?

3月末という時期ではあるが、儲けすぎて花火を上げるなんて聞いたことがない。

いったい何なのか、理由が分からないと不安になり、一向に楽しめない。

何なんだろう、何なんだろうね、と言いあううち、たっぷり10分続いた花火は終わった。

ベランダに出ていた人たちも、三々五々部屋に戻る。

どうしても気になってパソコンを立ち上げ、検索キーワードをあれこれ工夫して、ようやく隣県で市制10周年記念のイベントをやっていたことを知った。

それにしても見つけにくいサイトだ。やってることを知られたくなかったとしか思えない。

あれほど豪華な花火を打ち上げる予算があるなら、ちょっと宣伝すれば、人も集まっただろうに。

いろいろ反省材料のありそうなお祭りだが、済んでしまった今となってはどうしようもない。

これこそ後の祭りというやつである。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/03/20 11:00

ねんれい話。

ふだん年齢を意識することはあまりない。

さいわい大した不調はないし、見た目はトシ相応にイタんできても、ものの考え方や気持ちはずっと足踏みしているから、主観的には中学2年生くらいの感じでいる。

唯一、現実を突きつけられるのは、同年輩の人がテレビで紹介される時である。

もちろん向上心のない私のことだから、美魔女に触発されたりするわけではない。

人生にくたびれ、肌のハリと毛髪を失ったオッサンの、力なくたるんだ顔の下に

ナンノナニガシ(54)

などとキャプションが出ると

アタシって このオッサンと同い年?!

思い知らされて、ショックを受け、改めて洗面所に鏡を見に行く。

ふだんの手入れの悪い顔を、この時ばかりは仔細に点検し、さっきのオッサンほどではない、と確認できると安心して、テレビの前に戻るのである。

オッサンにしてみれば、えらく失礼な話だ。

私がテレビに映る予定は今のところ無いが、もしそうなったら、世のオッサンたちはどうせ

オレって このオバハンと同い年?!

と思うのだろうから、おあいこである。

でびゅーふじん
(この人はたぶん、私の母と同い年である)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



てれびじょん | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/03/19 11:50

でびゅー話。

私と違って、私の母、おばーちゃんは早くからケータイユーザーである。

通話だけではなく、メールも絵文字入りだし、写真を撮ったり、ちゃんと使いこなしている。

ガラケーに十分満足していたおばーちゃんだが、何を思ったかいきなりスマホに乗り換えるという。

機種が減って選べなくなったのも理由の一つだが、先に乗り換えたお友達に

80になってから 新しいことを始めようたって無理! 今がラストチャンスよ!

と言われたことが決め手となったらしい。

そんなわけで、キラキラシールを貼って愛用してきたガラケーを手放したおばーちゃんのところに、真っ赤なスマホがやってきた。

真っ赤な、とわざわざ言うのは

どんなのにしたの?

と聞いたら

なんか赤いやつ…

としか言わないので、私の知る特徴が色だけだからである。

新しい赤いやつが来て数日、試しに電話してみたが、ケータイの番号になぜか応答がない。

固定電話にかけると、なんだかムクレているので、どうしたの、と聞いたら

ちっともラクラクじゃない

目に入ると腹が立つので、見えないところにしまってある、ということである。

おばーちゃんがスマホになじむには、まだしばらくかかりそうだが、新しい赤いやつが、どうやららくらくホンらしい、ということは分かった。

でびゅーふじん
(デビュー夫人じゃなくって大竹しのぶのほう)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごかぞく | コメント(13) | トラックバック(0) | 2017/03/18 11:41

けーたい話。

4月から1人暮らしになるムスコの、家財道具を買いに行く。

ゼイタクやオシャレとは無縁のムスコではあるが、家電など最小限は揃えねばならず、なかなかのモノイリである。

合計金額にドッと汗の出る気分になりつつ支払いを済ませ、配送の受付にまわる。

ムスコが新しい部屋の住所を書き込んだ用紙を、カウンターのおねえさんはチェックして

あ、ケータイの番号もお願いします

すみません この子まだ持ってないんです 入学までに買います

そう、ムスコは今どきの高校生にはあるまじきことに、スマホはおろか、ガラケーすら持たずに、今日まで過ごしてきたのである。

メールはパソコン、カエルコールは公衆電話。節目節目に、買ってやろうと提案はしたのだが、

…いいよ… 別に要らねえ…

と、却下されてきた。どなたもシンジラレナイだろうが本当である。

実家を出るにあたり、いよいよ買ってやらないと、とは思っていたのだ。

配達日に連絡が取れないと困りますので… じゃあお母様のケータイでも…

ごめんなさい 私も持ってない

どなたもシンジラレナイだろうが本当の本当である。

なんでそうなったのか、イキサツは省くが、要するにことごとくタイミングを逸したのである。

カウンターのおねえさんは、突如現れた恐竜を見るような目で私たち親子を見、

私… 大人でケータイをお持ちでない方 お客様でお2人目です…

と、言わずもがなを口走った。

けっこう失礼なことを言われたわけだが、そりゃそうだろうな、と、ぜんぜん腹は立たなかった。

1人目ってどんな人だったんだろう、聞けばよかったな、と、今思っている。

ひらののら
📞シモシモ~?あ、あたし、ぢょん子~📞



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(15) | トラックバック(0) | 2017/03/17 11:30

ささえる話。

えーー、じゃあ 4月から1人暮らしなんだ 寂しくない?

うーん そだね やってみないと何とも…

飲み会の席、ムスコの部屋探しの話から、私の話になる。

私自身、18で家を出てから、そのまま就職、家庭を作り、実家には戻らなかったから、ムスメやムスコも当然そうするものだ、と何となく思っていた。

しかし、見まわすと、ずっと一緒の親子も、けっこう多いようだ。

特にこのあたりは実家志向が強く、住宅事情に余裕のあることもあって、実家から通うこと前提で進路を決めたりするらしい。

ムスコ君、独立心があって偉いじゃない ウチのなんてもう30なのに いつまでも家にいて 当たり前みたいに洗濯させて、私の作ったご飯食べて…

ご主人がいればいいんですよ うちは私ひとりでしょ?うっかり家に置くと 先々マズいと思うんですよねえ…

それは常々思っていたことでもあった。

子供が何歳になろうとも、夫婦と子供の関係が成り立っているうちはいい。子供がどこかへ去って行くことになっても、夫婦という家族の最小単位が残る。

しかし、ひとり親と支え合って漢字の「人」のような構造を作ってしまうと、親に重心をのせられた子供は、生涯そこから抜けられない。

ひとり親こそ、自分の足でしっかり立てる間に、子供を外に出さなきゃいけないのである。

そんなことを力説しつつ、手で山型を作り、「人」のかたちを説明していたら、今まであっちを向いていたタニタ君が話に入ってきた。

いやーヤバい ウチそれですよ オレとオフクロ2人…

アラフォーで独身のタニタ君が、お母様と2人とは知らなかった。気の毒したかなと思っていると

お母様も大変ねえ…

タニタ君、ちゃんと貯金してる?

ボーッと飲み食いしてないで、お使いくらい行ってあげなさいよ

オバサン連中はお母様のほうに同情的である。

アレ?そっちスか?優しいお嫁さん見つけなさいとか、そういう話は?

それは無理!

タニタ君をよく知るオバサンたちの判断は厳しい。

そして、声には出さねど、そりゃ無理だろう、と私も思った。

きんぱちせんせい
(ホントは「人」の字は、一人で立っている人の形らしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/03/16 11:05

のんびり話。

4月から、ムスコが住む町を見に行った。

特急電車で2時間ばかり。フワフワ旅行気分になりかけたが、そうもしていられない。

不慣れな場所をアチコチして部屋探し。どこに行くにもバスの本数が少ないし、とにかく乗り継ぎが悪い。聞きしに勝るクルマ社会であるらしい。

加えて独特のノンビリペースで、万事がはかどらない。歌うように語尾をひっぱる、この地の方言のイントネーションまでが、なんだかいまいましい。

私は田舎者のくせに生来のセッカチなので、地元で行動する時の5倍はくたびれた。

なんとかやるべきことは済ませて、ひとまず帰宅の日。ホテルを出て、駅までタクシーに乗った。

ヤギに似た白髪の運転手さんは、生粋の土地の人らしく、この2日ですっかり聞き慣れた口調で

そうかね 大学へね ここはいいとこですよぉ (この「~」の部分が独特)

…はア…

怖い事件もないし 学生もおとなしいしね

…そーすか…

ヘトヘトの私ははかばかしい返事もできず、代わりにムスコが相槌を打っている。

例のノンキなイントネーションが、波のように耳をうち、ついウトウトしかけた時、大通りにさしかかった。

あーあー えーらい混んどるわ ちょっと他へ行ってもよろしいか

了承を求めたので、いいですよと言ったものの、そのえーらい混んどる道路は、私の目には普通に流れているように見える。

あれで混んどるなら、ふだんはどれだけスッカスカなのだろう。

駅前で降りて、ムスコを見たら、ふだんにも増してフヌケた、ノンビリした表情になっていた。

もしかしたら、ムスコはいい土地を選んだのかもしれない。ふとそう思った。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/03/15 12:09

ほわいと話。

私はこう見えて旧弊で義理堅い人間である。

いただきものをしたら、お返しをしなければならぬ、と思っている。

釣り合いの取れたお返しを、いいタイミングでお渡しするのは気を使う。あまり高価だとイヤミだし、もらってすぐにお返しすると、バシンと打ち返すようで感じが悪い。

お返し一つとっても、本当にいろいろ考えることがあるのだ。

そんな私が今、ヤキモキと気をもんでいる。

ムスコも男子のハシクレなので、バレンタインにはお恵みでチョコをもらったらしい。

お返ししなくていいの?

と聞くと、

…いい… 要らねえ…

なんで?ホワイトデーだよ?

…あんなの オヤジの風習だろ…

ムスコいわく、学生のチョコ配りは告白とか好意とかではなく、ただの集団イベント、皆でチョコを食う日である、と。

…持ってきたやつも 自分でバクバク食ってたぜ…

いや、でも…

本当に本当だろうか。

はるか昔のOL時代、義理チョコに適切なお返しをしなかったオジサンが、裏でどれだけひどく言われていたか、それを思い出すと、あっそう、と簡単に引き下がる気持ちにはなりにくい。

本当に本当?ダイジョブ?

…大丈夫じゃなくったって もう会わないんだから平気だろ…

アッサリしたものだ。

なんだか急に、心配性のババアになった気がしてきた。

ほわいとでー



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | コメント(22) | トラックバック(0) | 2017/03/14 11:31

ぷりんの話。

いつもの職場の昼休み。

そーいえばさー 焼きプリンってあるじゃない?コンビニの

んー あるある けっこう美味しいよね

最近はコンビニのお菓子もバカになんないからね

あの『焼き』のとこって どーなってんのかね

えー?『焼き』?

やきぷりん
(あー分かりますよこのてっぺんのとこね)

焼きプリンってんだから焼いてんでしょ?

でもさ、あのプリンの容器って、やーらかいビニールじゃない?

…そういやそうね

焼くと溶けると思うんだよねえ…

あ、じゃさ、なんかバーナーみたいのが出てさ、表面だけ、一瞬ジュッて…

ええ~っ?一個一個ぉ~?

ほら、ああいうのはキカイだからさ ホントにすごい一瞬、スゴイ高温でジュッて…

あー コンベアみたいのに乗って流れてくわけね

技術の進歩ね~

オバサンたちがそんな話をしていると、それまで黙ってスマホを触っていたミヨシさんが、

なんか 温度みたいですよ プリンは焦げるけど…

話を聞きながら検索していたのか、スマホの画面を示して見せようとする。ところが

あーダメダメ!言わないで!

そうよ!せっかくみんなで考えてたのにぃ!

まったく今の子はすぐ、そうやって検索する!

いい?私たち 別に正解が知りたいんじゃないのよ

そうそう! あーだこーだ言うのが楽しいのよ

ワカッてないわねマッタク…

ミヨシさんは親切で調べてくれたのに、えらい言われようだ。

しかし、オバサンたちの言い分もよくわかる。当て推量ほど面白いことはないからだ。

さいわい、みんなが遮ったおかげで、謎は中途で解けないまま残った。私もいつか、どこかで

焼きプリンの『焼き』のとこって どーなってんのかねェ

と、言ってみよう。



        旅行中のため、コメント欄を閉じています。
        しばしご訪問もできませんが、何卒ご容赦ください。
        日々更新いたしますので、留守中もぜひお越しください。
        FC2ブログの皆様には、帰宅後必ずお邪魔いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ごきんじょ | トラックバック(0) | 2017/03/13 11:30

しゅにえ話。

当地に春を呼ぶと言われる行事が、お水取りである。

お水取りお水取りと呼んでいるが、正式には修二会という。もとは旧暦の2月1日から行われていたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」なのだ。

東大寺二月堂の修二会は、創始以来千二百有余年もの間、一度も絶えることなく、連綿と引き継がれてきた。

若狭井という井戸から観音様に供えるお香水を汲み上げる行事や、行を勤める練行衆の道明かりに灯す大きな松明が有名で、そのためお水取り・お松明の名でも呼ばれる。

(→華厳宗大本山 東大寺

と、ここまでは県民のタシナミとして、私も以前より了解し、ことあるごとに無知なる他県民に教えてあげていた。

ところが今年になって、ショックな事実を知った。

お水取りの正式名称だと思っていた修二会に、さらに別称があるというではないか。

十一面悔過

じ、じ、じゅういちめん、け、けか~?

この、何が何だかわからない5文字が、お水取りいや修二会の、実は正式名称だというのだ。

みんながお水取りって言ってるのは、ホントは修二会なんだけど、実はそれも正式名称じゃなくて、ホントのホントはジューイチメンケカっていうんですよ~♥

そんなこと言われて、あーハイハイと受け入れられるものだろうか。

このぶんでは、ジューイチメンケカで安心していたら、ホントのホントの正式名称がまた出てこないとも限らない。

やはり、千三百年近くもやってる行事となると、一筋縄ではいかないのだ。

伝統のお水取りは、本日深夜におこなわれる。

のりこぼし
(このお菓子の名前は「のりこぼし」で間違いない…と思う → 御菓子司 萬々堂通則



        旅行中のため、コメント欄を閉じています。
        しばしご訪問もできませんが、何卒ご容赦ください。
        日々更新いたしますので、留守中もぜひお越しください。
        FC2ブログの皆様には、帰宅後必ずお邪魔いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



もろもろ | トラックバック(0) | 2017/03/12 11:24
« Prev | HOME | Next »