めだまの話。

お友だちに驚かれたのだが、私は黒目をかたっぽだけ真ん中に寄せることができる。

例えば右目を寄り目にして、左目は普通に前を見ている状態。逆もまた可。

(  ●  ) (●   )

図解するとこんな感じなんだけど、意外にわかりにくいな…。

やって見せたらお友だちは

わ~!スゴ~い!海老蔵みたい!

えびぞう

と喜んでくれた。

子どもに見せるとうらやましがるので、お前もやれとキビシク指導したが、なかなかできるようにならない。

私だって生まれつきできたのじゃなくて、ずいぶん練習したのだ。思えば昔はいろんなことを練習した。

指を第一関節だけ曲げる練習。同じく指を、人差し指と中指、薬指と小指と分けて広げる練習。足指じゃんけんの練習。耳を動かす練習。

DSもなきゃー、アニメのDVDもない。昔の子どもは雨の日はひたすらヒマだった。そういう時にこういう無駄な『特訓』をしたのである。

この海老蔵目玉ができるようになった日のことはわりに覚えてる。

私は寄り目をしながら鏡を見ていた。でも、寄り目だと自分の顔がちゃんと見えない。寄り目をした自分の顔を見てみたい!という強い思いに動かされ、私は目玉の動きを飽きもせず熱心に工夫した。

目玉の表面が乾いて、目の奥がいたーくなってきた時、フイに片目のピントが合って、鏡の中に大真面目な、しかしどう見ても笑える自分のヘンな顔が見えた。

私は子どもだったから、「面白いこと=ふざけること」と思っていたけど、あの時初めて、「まじめで真摯だからこそ面白いこともある」とわかった気がする。 


スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/19 13:47
コメント

管理者のみに表示