わだいの話。

寒くなってきた。

ご不浄に入ると、冷えたオシリに暖房便座の暖かさがじんわりとありがたい季節である。

そんな私も、若い頃は

ケッ、便座なんぞあっためやがって、しゃらくせえ

という気分だったが、このありがたさが分かるのは、年を取ったということか…

…てなことを書き始めて、ふっと既視感がよぎった。

慌てて過去の記事を見たところ、ほとんど同じことを書いているではないか。(→ べんざの話。

さらに見返したところ、私の書いたものには、ご不浄、とりわけ便座関係の記事が多いようだ。

様々な問題を幅広く論じ、皆様の教養の向上に資する、という本来の目的からすると、偏りは好ましくないので、話題を転じたいと思う。

先週美容院に行ったのだが…

…と、書きだして、またしても既視感に襲われたので、いそいで過去の記事を見返すと、便座に負けず劣らず、美容院でどーしたこーしたの感想がある。

便座と、美容院

どうやら、この2つが私の重要なテーマになっていることは確かなようである。

なぜ、この2つなのか。両者に共通するものは何か、勘考したところ、1つ結論に行きあたった。

美容院は上半身に触れ、便座は下半身に触れる。

その接触の親密さが、つい、いろいろ書きたくなる原因なのではないだろうか。

独身で、子供も成長し、ペットも飼わない私に、いま直接触れるものといえば、これら2つしかないのだ。

すると、奥様方がご主人について書かれるのは…と続けると、午前中には向かない話題になりそうなので、ここで筆を止める。

じんたいず
(上下の境界はヘソでいいのだろうか?)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2016/11/13 10:54
コメント
No title
独身で、子供も成長し、ペットも飼わない

その為に肌への直接の接触が美容院と便座に限られることがもし、
なんらかの弊害をもたらすのであれば、それは、
エステ、もしくはマッサージで直接的に簡便に解消いたします。
生の人の手の温もりのなんという心地良さ。感激します。
私は、ちょっとケチってヨガのセルフリンパマッサージに参加したら、
頑張って力を入れ過ぎたせいか、リンパが流れ過ぎたせいか、
終了後気分が悪くなって、疲労感が増しました。

やはり他人の手に限ります。
No title
笑い転げています。
ヤメテヨシテサワラナイデ~♪
No title
こんにちは。アドバイスありがとうございました。

今回のブログも、ものすごく秀逸です。
ぢょん でんばあさんは、日常生活でも、笑わせるのがお得意なのでしょうね?

私は、日常生活の会話では、「笑い」が重要だと思ってますが、これもなかなか難しいです。
No title
おはようございます

関心ごとは、上半身と下半身ですか~
我が家は、上半身も、下半身もまったく関心はありませんが・・・
便座と美容院
この両者の共通点のポイントは上下ではなく「接触」そのものにあるんだと思います。
ぢょん でんばあ様は可触に対して非常に厳しいルールを課しておられる女性だと思います。
Re: No title
宝香様

それが私、知らない人に触られるのがちょっと苦手で…。

美容院でも黙ってると肩をもまれたりしますよね。あれも断ってます。

手相を見てもらうのとかもイヤだなー。

厄介な性分ですね。
Re: No title
おはな様

アラ、ウケました?

笑っていただけると本当、嬉しいです。書いた甲斐があります。
Re: No title
ぱある様

笑わせる、と言うより、笑われる、という感じですかね(笑)。

自分が笑う方がもっと楽しいですよね。
Re: No title
Carlos様

奥様にはどんな時も上下問わず関心をお持ちくださいませよ。

それでこそ家庭円満です。
Re: 便座と美容院
rockin'様

ちょっと苦手なんですよね、接触。

肩をもんでもらうのも娘だけです。

rockin'様はどうか奥様に積極的に接触を試みてください。

管理者のみに表示