からまつ話。

中学の頃、私はコーラス部に所属していた。

田舎の中学の弱小クラブではあったが、朝練があり、筋トレがあり、それなりに打ち込んでいたと思う。

ある日顧問のシシャモが新しい楽譜を配った。

シシャモとは、子供が4人いることから、4人の子持ち→子持ちシシャモの連想でついたらしいが、大きな目とこけた頬の先生にはぴったりのあだ名である。

今度の市のコンクールはこの曲で出ます 今日から練習ね!

曲名は「からまつ」、作詞は北原白秋。

カラマツって何?

温暖な地方に生まれ育った中学生にとって、落葉松は全くなじみのない樹木である。

カラマツ、オソマツ、トドマツ、チョロマツ…

おそまつくん

ハハハ… おそ松くん

ガヤガヤふざけていたら、アルトのツルちゃんが片手片足をあげて、渾身のシェー!をした。

赤いセルフレームの眼鏡をかけ、ちょっぴり出っ歯気味のツルちゃんのシェー!はものすごくおかしくて、箸が転んでもおかしいお年頃の女子中学生は、涙が出るほど笑い転げた。

はい!静かに!

シシャモが怖い顔で皆を黙らせて、やっと練習がはじまったが

♪からまつのはやしをすぎて♬

♪からまつをしみじみとみき♬


カラマツ、カラマツと出るたびに、先ほどのツルちゃんのシェーを連想して、にやにやと笑ってしまう。

笑いをこらえて肩を震わせているソプラノのケーコちゃんを、ヒジでつついたり、つつき返されたり。

♪からまつはさびしかりけり♬

♪たびゆくはさびしかりけり♬


避暑地の秋のもの寂しさなど、中学生に分かるわけがないのだ。

それでも音楽の力は素晴らしい。繰り返し歌ううちに、静かな歌詞が染み込んでくる。

次第に、声が澄んでくる。

少女たちは、いつのまにか手に手を取りあい、金色の落葉松林の中、落ち葉を踏んで歩いていた。

今日、白秋忌

落葉松の黄葉は、まだ見たことがない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2016/11/02 10:52
コメント
No title
落葉松の黄葉、今が一番です・・・これから撮りに行ってきましょう・・・明後日辺りのブログに載せてみます・・・。
落葉松の小道
落葉松の紅葉は、綺麗です。
特に陽が傾く頃、黄茶けた木々に夕日が当たり、金色に輝きます。
風に吹かれ、落葉する小道を訪ねる頃は、まるで金色のシャワーを浴びるような気分です。
春の芽吹きも良いですね。
芽吹いたばかりの小さな葉が陽を浴びてエメラルド色に輝きます。
八ヶ岳山麓の落葉松林でも、そろそろ見頃を迎える頃。
No title
こんにちは
落葉松をご存じなかったんですね。
笑い転げている、女学生の姿が思い浮かびます。
その女学生も今は・・・・・
No title
こんにちは。お久しぶりのコメントです(^・^)

奇遇!私も中学は合唱部でした。
【流浪の民】で、「慣れし故郷を放たれて♪」にウケていました( *´艸`)いや~ね、中学生って(笑)

Re: No title
ひげ様

思いたって落葉松を見に行かれるところにお住まいなのですね。うらやましいです。

写真拝見するの楽しみにしています。
Re: 落葉松の小道
MK様

黄葉だけでなく新芽も美しいとは素敵な木ですね。

ますますまだ見ぬ落葉松への憧れがつのります。
Re: No title
Carlos様

あの頃は、なぜあんなに何でもかんでもおかしかったのでしょう。

思い出せばゲラゲラ笑っていたことばかりです。
Re: No title
メカ沢様

ハハハ…、そりゃ笑いますよ。女子中学生だもん。

♪ぶなーのもりーのはがーくれにー うたーげほがーいにぎーわしやー♪

私は「ハガ」とか「ホガ」とか何やねん!と思っていました。
落葉松の
存在を初めて知りました。
松が落葉するなんて驚きです。

そして落葉松という歌も知りませんでした。動画で聴きましたがやっぱり知りませんでした。

ぢょん でんばあ様、歌がお上手なんですね。そのDNAがご子息に引き継がれているんだ。

合唱のCDを一枚だけ持ってます。
ブルガリア国立合唱団です。
合唱に対するイメージが壊れる合唱です。
Re: 落葉松の
rockin'様

関西人にはなじみのない木ですよね。

画像検索するととってもきれいに金色に黄葉していて、高原の空気の中で見てみたくなりました。

管理者のみに表示