ぶきみな話。

ムスメがまだ3歳にならないころ

あら~? お人形で遊ばないのね Sweety pie!

お向かいのアビーを招いて、うちでお茶を飲んでいたら、そう言われた。

ありますよ、と、ムスメのお気に入りのウサギのぬいぐるみを見せると

違うのよ~ そういうのじゃなくて、ホンモノの、適切なお人形よ!

適切な人形?

私はそうとう面食らった顔をしていたのだと思う。アビーは仕方ないわね、という風に笑い、

いいわよ、お誕生日に私がプレゼントするわ! 

そうしてやって来たのがこの子。

ぶきみちゃん

赤ちゃん人形である。

ビニールの質感、リアルな顔立ち、一本も毛がないハゲアタマ。

日本人の「カワイイ」の感覚とはちょっとずれている、この人形をもらった時、正直言ってギョッとした。

丁寧にお礼を言って、ムスメと包み紙を開けた瞬間、小さい声でつい

うわー!不気味~

と言ってしまった。アビーに日本語が分からなくて幸いである。

しかし、日本語発展途上のムスメは、初めて聞く言葉に敏感に反応した。

ぶきみ ぶきみ!

アビーが帰った後も連発し、あげくに人形はブキミのぶーちゃんと命名されてしまった。

うちにぶーちゃんが来て気づいたが、ムスメくらいの女の子は、大きさや肌や目の色こそ違え、みんなリアルなソフトビニールの赤ちゃん人形を持っていた。

なかには、本人の足元もまだ危ういのに、人形用のベビーカーを押して、よちよち歩いている子もいる。

アビー曰く、こういうお人形をかわいがって、将来の母性をはぐくむのだそうだ。

ムスメの母性がはぐくまれたかどうか、定かではないうちに、わが家は帰国することになった。

日本で荷ほどきすると、航空便の荷物にも、あとで着いた船便の段ボールにも、ぶーちゃんはいなかった。

荷造りした時にはちゃんと入れたから、どこかでポロッとこぼれ落ちたとしか思えない。

ムスメが成人した今でもときどき、大海原にプカプカ浮かぶ、ぶーちゃんを想像する。

手垢で汚れ、海藻がからみついた想像の中のぶーちゃんは、ことのほか不気味なのだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2016/11/20 11:20
コメント
No title
元嫁はキャベツ人形に似てましたとさ。
海藻怖いですなぁ。
No title
こんにちは
ブキミのぷーちゃんどうしたんでしょうね。
海外ではあんな人形で遊ぶんですか~
なんかリアルですね。
私なんか子供の頃は女の子はセルロイドでできたキューピ人形でしたが・・・・
こんにちは。
あはは、その気持ち分かります。
うちも娘が保育園で赤ちゃん人形をよく抱っこしていると先生に聞くのですが、この手の人形は私が怖くて買えないです!
YAHOO USA
で baby doll と入力して Images をクリックすると、出るわ、出るわ、記事に載っているようなお人形が。
髪の毛のあるものないものあっても極端に薄いものなど。

でもどの人形にも共通していることは「リアリズムの追求」です。
如何に本物の赤ちゃんに近づけるか。
これが前提となっているようです。
なぜだ?

欧米では人形と遊ぶはなく「赤ちゃん」と遊ぶことが基本なのではないでしょうか?
だからどうしてもリアリズムになる。
ウン、そんな気がする。
Re: No title
いえねこ様

そういえば、キャベツ人形というのも日本人にはわかりにくいタイプのかわいさでしたね。

それにしては売れたと思うんだけど、あれはみんなどこ行ったんでしょう。
Re: No title
Carlos様

とってもリアルですし、人種もいろいろあるんですよ。

ぶーちゃんはブルーアイでしたが、東洋人のお人形もちゃんとありました。
Re: こんにちは。
マナワツ様

日本の人形は、ぽぽちゃんとかリアルなようでちゃんと人形的にデフォルメしてあるので怖くないですよね。

カワイイの感覚が違うのか、それとも、リアルが当たり前と思ってるのかなあ。
Re: YAHOO USA
rockin'様

ロボットやアンドロイドの開発でも、リアルを追求した時の「不気味の谷」というのが問題になるそうですね。

そもそも生きてる赤ちゃんというのもちょっと怖いものですし…そんなこと思うの私だけ?

管理者のみに表示