ソウセキ本。

夏目漱石について、語るべきことは何もない。

猫や坊ちゃんの江戸前の笑談は、関西人の私にはいっこう通じないし、かといって則天去私などと深刻ぶられても、さらに面白くない。

今年は漱石の素顔を描くドラマなども次々放映されるが、見ない。だいたい私は、外でいい顔をしてきて、家で妻子に当たり散らす男はキライなのだ。

そのくせ、漱石のナントカ、などとという本を見るとつい読んでしまう。

漱石山脈などという言葉があるように、彼の周囲には彼を師と仰ぐ若者が集まっていた。木曜が面会日、と決めないと、仕事に差し支えるくらい、うじゃうじゃ集まった。

なんぼ洋行帰りの文学者だといって、40そこそこの若いヤツが、もっと若いヤツを集めて喜んでいる、そのことが不思議で興味深い。

こういう集まり方を女はしない。

男、それも若い男のすること、という感じがする。

集めたんじゃない、先生のご人徳を慕って集まったのだ、と言う人もあるかもしれないが、本人が嫌がってるのにそんなになるわけがない。

迷惑顔をしつつも内心では嬉しがり、余は苦しゅうないという態度であったればこそ、山をなすほど人が集まったんである。

師弟といっても何を習うでもない。若々しい野心と未熟な自尊心のまま、ただ集まって、各自の趣味やら失敗談やら、披露しては月旦している。

そんなわちゃわちゃ感、うだうだ感がよく出ているのがこの本。

せんせいとぼく
(「先生と僕 ~夏目漱石を囲む人々~」)

漱石門下が実名で登場し、それぞれに、大好きな先生に愛されたいと願いながら、仲良くしたりケンカしたりしている、その感じは男子高校生の集団とそう変わらない。

夏目漱石が49歳で亡くなったのが、ちょうど百年前の今日である。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ




スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(10) | トラックバック(0) | 2016/12/09 11:38
コメント
漱石には
思い出が二つあるんです。

一つ目は
中学生の時、国語の時間に「吾輩は猫である」が取り上げられました。
その時、小説の中に「ヂアスターゼ」が出てきました。
このときヂアスターゼは消化酵素だということを知りました。
先生が「ヂアスターゼ」の件を読んで君たちは何を感じるか?、と質問しました。
私は何も感じなかったんですが、先生は「ユーモア」を感じて欲しいと言いました。
当時はまったくユーモアなんて感じませんでした。

二つ目は
女子社員との会話です。

「rockin' さんは漱石をどんな作家だと思いますか?」
「優れた恋愛小説家」
「私もそう思いますっ!」

>私は、外でいい顔をしてきて、家で妻子に当たり散らす男はキライなのだ。
 なるほど。
 漱石を庇う訳ではありませんが、妻子に当り散らすことが彼にとっての一種のカタルシスだったのかもしれませんね。

妻子にとっては迷惑この上ない話ですが。

あ、私はよく嫁さんに当り散らされます。
大いに同情して下さい。
No title
漱石の内外の違いは有名ですね。
でも偉人と呼ばれる人たちは、やっぱり何かどこかおかしな人たちな気がします。
個人的には、野口英世が千円札はまずいと思います。
彼の金銭面でのだらしなさは有名ですものね^^;
No title
夏目漱石=ジャム。「吾が輩」のジャムの代金の事で夫婦が揉める下りが好きです。パンに塗らずにそのまま舐める…。真似した中学生の私。おいしかった!漱石が生きた当時のジャムの価格は一瓶2000円位、これは揉めますね。
No title
おはようございます

そうですか~漱石があまり好きじゃないんですか~
そういう私も、漱石はほとんど読んでおりませが・・・

昔の文豪たちは、集まって、議論するのがすきだったんでしょうか?

今の若者は、あまり議論し合うなんてことはないようですね。

はじめまして
こんにちは。
はじめてコメントいたします。
いつも楽しく拝読しております。
この漫画、大好きです。
漱石とその弟子たちの人柄がよくわかりますよね。
DVはいやだけど、漱石の評論などはそのまま現代社会批判になりうるので、やっぱり特別な頭脳の持ちぬしだったんだなとおもいます。
小説なら、行人がすきですね。
Re: 漱石には
rockin'様

女の目から見た漱石の恋愛は恋愛というより妄想じゃないかという気がします。

そこには生身の女はいないのです。

機嫌が悪いと当たり散らしてくるような、生きた女は漱石の恋愛対象じゃないみたい。
Re: No title
八咫烏(冬眠中)様

違うのは別にいいんですけど、違い方が嫌なんですよね~。

今にいわゆるかまってちゃんの類でしょう。

インテリなのがまたたちが悪い。
Re: No title
アネモネ様

漱石くらい英語が読めればジャムの自家製の仕方くらいわかりそうなものですのに、ただ家計に負担を与え続けるというのもなんかね。

稲を知らなかったエピソードとか、ひとり生活から遊離してる感じがキライなのかもしれません。
Re: No title
Carlos様

キライなわりには読んでいるほうだと思います。

亡くなった父が岩波の漱石全集を残しておりまして、若い時から朱色の表紙で読んでいました。
Re: はじめまして
いずみ様

はじめまして!コメントありがとうございます。

まんがに出てくるお弟子の中ではだれがお好きですか?

私は内田百閒がもっと出てくればいいのにと思っています。

管理者のみに表示