あいさつ話。

月に一度お邪魔する事務所に、書類を持って行った。

用件を済ませて、上着とバッグを持って立ち上がりかけたら、応対してくださった方に

じゃあまた 良いお年を

言われてギョッとして、中腰のまま一瞬動きが止まる。ハッと我に返って

ああハイ、ミカミさんも良いお年を!

と、いそいで返事した。

確かに次に来るのは来年だけど、ちょっと早すぎる

12月はまだ半分以上残っている。1年の24分の1は、無視していい日数ではない。それを、まるでもう無いものみたいに、このご挨拶はいかがなものか。

昔はこの挨拶、年末休みに入る前だけだったように思うが、最近やたら時期が繰り上がっている気がする。

11月の初旬、地域のボランティアに顔を出した時、作業を終えて失礼しようと腰を上げると

お疲れ様~ 良いお年を~!

と、メンバーのイチカワさんに声をかけられた。

重ねていうが時は11月はじめである。驚く私に、イチカワさんはニヤリと笑って

だってぢょん子さん、今年はもう来ないでしょ 年内最後だから…

うっ、痛いとこを突かれた。12月は本業が忙しいのだ。いや、そうですよ、そうなんですけど、いくらなんでも早すぎやしないかい?

イチカワさんの理屈では、たとえば年に1回、夏しか会わない人に会ったら、あと4か月を残して「良いお年を!」と言うことになってしまう。

そういえば私には、花どきに花も見ず、集まってただ会食するウバザクラの会、というのがあるのだが、このメンバーにはだいたい、その時しか会わない。

酔っぱらったウバザクラ連中に「良いお年を!」と言ってみようか。まあ、春まで覚えてたらの話だけど。

ゆくとしくるとし



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2016/12/15 11:28
コメント
こんにちは
 仰せの通りです、
 まだ 早いですね!

 4か月に1回しか会わないお医者がいます、

 明日会うのですが 「良いお年を ・・・ 
 と なりますね! 
 けじめと 思い 挨拶したら如何でしょう、

 会いたくないイヤな人もいますが、 たか
m(__)m
\(^o^)/ いつも拝見しています。

11月12月なら、いいじゃないですか。

阪神タイガースなんて・・・8月末には、「来年こそ優勝だぁ!皆さんよいお年をォ~!」です。(泣)
この挨拶は
やっぱりおかしいですね。

良いお年をなる挨拶は年内に会うのが最後の時に交わすものではないですよね。

あくまでも大前提は12月の終わりです。
そしてその条件の上に「会うのが最後」が重なって初めて成立するんです。
だと、思います。

今年が終了していない早い時期に「よいお年を」って言われたら。今年の残りはどーでもえーんかいなって思ってしまいます。
No title
こんばんは

年末のあいさつは、大体仕事納めの時に「良いお年を・・」
というのが当たり前だったが、確かに年内は会わない人には
使った方がいいのかな~?

でもまだ、あと半月もあれば早いような気もしますね。
Re: こんにちは
たか様

「良いお年を」言って来られましたか?

お医者様に会うのは少ないほうがいいですよね。
Re: m(__)m
minekazeya様

私もブリーデン・ラインバックの時代の阪神ファンです。

シーズン初めにはいっつも「今年はイケる、去年と違う」と言ってる気もしますね。

もはや伝統芸能の域に…。
Re: この挨拶は
rockin'様

共感いただけましてうれしいです。

私の記憶では、昔は職場の仕事納めの時くらいしか使わなかった気がします。

Re: No title
Carlos様

会社員は年末ギリギリまで会社に行っていますから、「良いお年を」でおかしくないんでしょうね。

私のような変則勤務の人間はいろいろとややこしいです。

管理者のみに表示