あてなの話。

今年きた年賀状を見ながら、宛名書き

以前は印刷していたのだが、字がヘタになってきた気がして、一念発起、手書きに戻した。

めんどくさいかと思いきや、案外楽しい。

住所を書いていると、そこの印象を思い出し、知らない場所ならどんなところか想像してみる。ステキな場所には、良い地名がある。

名前を書けば、その人の表情が目に浮かぶ。好きな人の名前は、やっぱり良い名前だ。

1枚1枚めくっていると、幼馴染のちーちゃんのハガキが出てきた。

お習字をやっていたちーちゃんの字は、とてもきれいで読みやすいが、引っかかることが一つ。

どういうわけか、私の名前を、ずーっと間違って書いているのである。

読み方が同じで、違う漢字が当ててある。もう40年以上、ずーっとそうなのだ。

いつか気づいてくれるかと、とくに訂正もせずに来たが、一向に直らない。

厳しい人なら腹を立てて怒りだすところである。

同じ町内に生まれたちーちゃんとは、ゴム飛び、どろけい、かくれんぼ、一緒に遊んで育った。

年賀状なんてものを交換するようになったのは、引っ越してからである。

初めてちーちゃんの姓名を書いた時、コジマチエコさんというこの人が、私の友だちのちーちゃんなのか、と、ヘンな感じがしたのを覚えている。

私にとってちーちゃんはずっと「ちーちゃん」で、コジマさんなんてぜんぜん、ピンと来ない。

そのせいか、ちーちゃんの間違った宛名を見ても腹が立つどころか、むしろホノボノした気持ちになる。

ちーちゃんにとっても私は、いつまでもひらがなの「ぢょんこちゃん」なんだろう。

そのことがうれしく、なんだか懐かしい。

長く会わない人を思い出す、この季節の楽しみである。

ねんがはがき2017
(今年も「いろどり年賀」にしました)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/12/20 11:33
コメント
No title
どろけい・・・・?。
Re: No title
ひげ様

あれ?ドロけいって全国区じゃないのかな?

ドロボーと刑事に分かれて隠れたりおっかけたりする遊びです。

詳しいルールは忘れましたが、私はドロボーになるほうが好きでした。
手書き
をすることは記憶の呼び起こしであり棚卸しだと思います。
ちーちゃんはきっと「ぢょんこちゃん」を思って遠くを見ておられたはずです。
Re: 手書き
rockin'様

手で書いていると色々な思いが湧きますね。

人の書いた字を見るのも好きです。

管理者のみに表示