かにたべ話。

ダンナの転勤で遠くに住んでるイモートは、遊びに行ったり、珍しいことがあると写メをくれる。

理系の彼女のメールは、コメントは最小限で、タイトルに

ドコソコ行ったよ~!
ナニナニ見たよ~!


などとだけ書いてあるので、私の返事もテキトーで

Re: ヨカッタね~
Re: キレイだね~


タイトルだけ入れて本文はブランク、そんなもんで済ましている。

昨日は家族で外食に出かけたらしく

カニ食べに来たよ~!

という写メが来た。

お店の暖簾の前で、イモートと娘のメイちゃんが両手でVサインのカニカニポーズをしている。

それはともかく、その写真にシンジラレナイものを見た私は、通例を破り、長文の返信をした。

Re:カニ食べに来たよ~
その店のノレン、も一回写メして!


イモートから折り返してきた写メを見て、私の見たものは目の錯覚ではない、とわかった。

大丈夫?
厨房でストライキはじまってない?


と、返信したが、イモートからは

Re:???

という返事しか来なかった。

暖簾に書かれた、店の名前は蟹工船」。

乗組員、いや従業員の勤務状況が心配になる店名である。

イモートは、カニは好きだがプロレタリア文学には疎いようだ。

かにこうせん



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/01/10 10:18
コメント
蟹工船!
学校で習いましたね。
読んだ事はないけど。

しかし、蟹工船を店名にするとは。

小説を知らないでつけたとしたら少し残念です。
もし知ってつけたとしたら、これはどう理解していいのだろう?

蟹を獲る人に思いをはせて被搾取者の苦しみを感じながら蟹を食べなさいってことなのかな?
No title
こんにちは

小林 多喜二でしたっけ?
昔、映画を見に行ったことがあります。
カニ美味しいですよね。
すごい店名ですね
こんにちは。
インパクトある店名ですね。
何年かまえに小説が流行りましたが、
その頃できたお店なのかしら。
入ると船にひきずりこまれて
働かされそう。
蟹を食す調味料は、涙が合いそうです。

文学ネタについ反応してしまいました。
漱石の弟子なら、
内田百閒と鈴木三重吉がすきです、
あのマンガのなかでは。
現実にいたらちょっと迷惑だけど、
漱石先生ラブなところが
なんともかわゆいじゃありませんか。
すごく迷惑な森田草平は、
笑えないからあんまり好きになれません…
Re: 蟹工船!
rockin'様

> 蟹を獲る人に思いをはせて被搾取者の苦しみを感じながら蟹を食べなさいってことなのかな?

うう、重苦しい…。

まあ私はカニは積極的に食べないのであんまり関係ないのですが。
Re: No title
Carlos様

映画になっていたとは知りませんでした!

調べてみたら一度ならず、何度も映画化、ドラマ化されているようですね。

見てみたいような怖いような気がします。
Re: すごい店名ですね
いずみ様

はじめまして。コメントありがとうございます。内田百閒お好きですか。気が合いそうですね。

内田百閒の記事も書いてますのでよろしければ。

「うごいた話。」

http://okkanabikkuring.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

管理者のみに表示