セツブン本。

今日は節分

流行りの恵方巻には、いたずらに反感を抱いている(→ せつぶん話。)私だが、逆に昨今すたれ気味な豆まきは、大マジメにやっている。

スーパーの乾物売り場で、鬼のイラストのついた福豆の袋を見比べていたら、子供の頃を思い出した。

実家の豆まきは、母と子供だけでやっていた。父は仕事でいなかったのか、いたけど参加していなかったのか、よくわからない。

はじめはマジメに鬼は~外~とやっているが、クレヨンで描いた鬼のお面をかぶって豆を投げているうちに、イモートと私は次第にコーフンしてふざけだす。

キャーキャー言いながら豆をぶつけあっていると、母がとつぜん

あかのっぽあおのっぽ、か…

と言ったのだ。

あかのっぽあおのっぽ?

何の脈絡もなく出てきた謎の言葉を、その時聞き返したのか、どうだったか。

それは何?と聞いたけれど、はかばかしい答えは得られなかったような気がする。

もう何十年とそのまま、私の脳ミソの底に沈んでいた疑問が、いま不意に浮かび上がってきたのである。

ありがたいことに今はネット検索というものがある。

あかのっぽあおのっぽ
( 「赤ノッポ青ノッポ」武井武雄 )

昭和の小学生今野桃太郎君が、鬼ヶ島の鬼を日本に招待し、一緒に小学校に通う、というお話らしい。

赤ノッポは赤鬼、青ノッポは青鬼の呼び名なのだ。

半ズボンをはいてランドセルをしょって、小学校に入学した赤鬼と青鬼が、珍騒動を引き起こすのだが、この鬼たちが子供の鬼ではなく、スネ毛にひげヅラのオトナの鬼なのがおかしい。

武井武雄という人は童画家ではあるが、鬼ヶ島の鬼を子供向けにかわいらしく描こうという配慮は一切なく、異界の怪物の姿で、ちゅうちょなく気味悪く、恐ろしく描いている。

いくら鬼の面をかぶっているとはいえ、かわいい年ごろの娘たちを見て、この鬼を思い出すというのは、ちょっとヒドイ。

母が説明をためらった気持ちが、今わかる気がする。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/02/03 11:31
コメント
恵方巻き
ってゆー名前が大キライです。
でも、巻き寿司も鰯も大好物です。

「赤ノッポ青ノッポ」by 武井武雄の小学生、足が長いなぁ。
たしかに
イワシは覚えがありますが、巻きずしは、その日に食べたという覚えは子供のころにはありませんね。
太巻きは、特にお店からとったのは、ノリがなかなか噛みきれないお寿司で、たいてい、バッラバラになってしまう食べにくい寿司だ…と思ってました。
 全記事、読了しました。大変楽しかったです。その文才がうらやましいですー。
No title
おはようございます

お母さんはきっと「赤のっぽ、青のっぽ」の本を読み聞かせていたんでしょうね。
子供たちが大きくなって、我が家では豆まきをしなくなりました。
Re: 恵方巻き
rockin'様

いかにもおっしゃる通り。

巻き寿司の丸かぶり、っていう、いかにも大阪的、即物的、そのまんまやんけ的なネーミングのほうが好きですね私は。
Re: たしかに
まこ様

ええ~っ、全部?なんかスイマセン。

そのうえ褒めていただいて嬉しい限りです。

文才ありますか。天狗になっちゃおかな。
Re: No title
Carlos様

確かに大人だけで豆まきってちょっとしにくいかも。

特に最初の一声ですね。

管理者のみに表示