コソコソ本。

今でこそ誰はばかることなく、のべつ本を読んでいるが、昔はなかなか気を使うことも多かった。

私は、不活発で外遊びの嫌いな子供だった。

ガキが集まって、走ったり飛んだりして何が面白い、そんな生意気なガキであった。

しかし、母親族とは子供は風の子信仰に憑かれているものである。

寒くても暑くても、晴れていれば読みかけの本を取り上げられ、外で遊びなさい、と玄関を放り出される。

しかたなく外にいるものの、何をするわけでもない。電柱にもたれて、さっきまで読んでいた本の挿絵の一場面から、まだ読んでない先を想像したりして、時間をつぶす。

しばらくして母のガードが緩くなったころを見計らって家に忍び入り、こっそり本を取り戻して、オシイレに入る。今度こそ見つからないように、最後まで読むのだ。

夢中になっていると、背後からアヤシイ気配を感じる。振り向けば鬼の形相の母がいて、

そんな薄暗いところで!目が悪くなるでしょう!

また、こっぴどく叱られたものだ。

風の子信仰や視力低下恐怖の他にも、私を阻むものがあった。

それは、子供らしい本主義である。

学校の図書室で借りてきた本なら、母はちらりと見るだけで、すぐに無関心に目を背けた。

しかし街の古本屋の50円コーナーから、ワクワクするようなミステリーを掘り出してくると、

そんな大人の本、まだ早いわ

と眉をひそめ、いい顔をされない。

もっと子供らしい本を読みなさい!

とも言われた。でも、子供らしい本なんか、全然面白くないのである。

早く大人になって、好きな本を好きな時に好きなだけ読みたい!少女期の私の将来の希望といえば、ただそれだけであった。

今になってしみじみ思うが、大人に隠れてコソコソ読む本ほど、面白いものはない。

見つかったら叱られる、とドキドキしながら隠れて読む、半裸の美女や残虐な密室殺人、衒学的な名探偵の言辞の魅惑的なこと。

この本も、そんな風にコソコソ読んだ中の一冊である。

よるあるく
「夜歩く」 ハヤカワミステリ文庫

今日は作者カーの没後、40年らしい。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/02/27 11:36
コメント
No title
こんにちは
私は子供の頃はまったく本を読まない子でした。
夜まで外で遊びまわっておりました。
中学生の頃、富田常男の「姿三四郎」を呼んで、本っておもしろいものだな~と気づき、それから読むようになりました。
わかる気がします
わからないところはあっても、それはそれで、と読んで、実は間違って読み方を覚えていた字があったりしたものです。
 古本屋さんの、10円、30円、50円の文庫本にはよくお世話になったものです。私も、ふと今、どこかの古本屋へ、文庫本をさがしにいきたくなりました。
小口が茶色くなって焼けたようなのを。
子供にとって
本はスリリングなモノです。
ドキドキ、ハラハラしますし。

母は本が好きでした。
で、私に見られたくない月刊雑誌を母はちゃぶ台の下にそーっと隠していましたが、丸見え。
脇が甘い。

では子供に見られたくない雑誌とは何か?

もちろんアダルト色の強い本でした。

外の世界と本の世界はもちろん別ですがどちらが好き、もしくは楽しいかは人によりますね。
Re: No title
Carlos様

そういう「私の一冊」との出会いは忘れられない良いものですね。

私の一冊は何だろう…?
Re: わかる気がします
まこ様

私は10円20円ならキッタナイ本でも喜んで読みましたが、最近はああいう古本はいやがる人が多いらしいですね。

図書館の本も汚いといって、消毒機械を設けているところもあるそうです。
Re: 子供にとって
rockin'様

うちの母は育児中は実用書しか見てなかったですね。

婦人百科とか、婦人倶楽部とか。

あの時代、本が好きなお母様ってかっこいいです。

管理者のみに表示