のんびり話。

4月から、ムスコが住む町を見に行った。

特急電車で2時間ばかり。フワフワ旅行気分になりかけたが、そうもしていられない。

不慣れな場所をアチコチして部屋探し。どこに行くにもバスの本数が少ないし、とにかく乗り継ぎが悪い。聞きしに勝るクルマ社会であるらしい。

加えて独特のノンビリペースで、万事がはかどらない。歌うように語尾をひっぱる、この地の方言のイントネーションまでが、なんだかいまいましい。

私は田舎者のくせに生来のセッカチなので、地元で行動する時の5倍はくたびれた。

なんとかやるべきことは済ませて、ひとまず帰宅の日。ホテルを出て、駅までタクシーに乗った。

ヤギに似た白髪の運転手さんは、生粋の土地の人らしく、この2日ですっかり聞き慣れた口調で

そうかね 大学へね ここはいいとこですよぉ (この「~」の部分が独特)

…はア…

怖い事件もないし 学生もおとなしいしね

…そーすか…

ヘトヘトの私ははかばかしい返事もできず、代わりにムスコが相槌を打っている。

例のノンキなイントネーションが、波のように耳をうち、ついウトウトしかけた時、大通りにさしかかった。

あーあー えーらい混んどるわ ちょっと他へ行ってもよろしいか

了承を求めたので、いいですよと言ったものの、そのえーらい混んどる道路は、私の目には普通に流れているように見える。

あれで混んどるなら、ふだんはどれだけスッカスカなのだろう。

駅前で降りて、ムスコを見たら、ふだんにも増してフヌケた、ノンビリした表情になっていた。

もしかしたら、ムスコはいい土地を選んだのかもしれない。ふとそう思った。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/03/15 12:09
コメント
No title
まさに、カルチャーショックですね。
私も、関西から大分へ移住した時は、そんな感じでした。電車の本数のなさに驚きましたし、ちょっとした買い物に出かけるのも、一駅ぐらいは行かないといけません。

でも、住めば都とはよく言ったもの。
4年も住めば、いいところになると思います。
今は私も大分が好きですよ。

そのうち、「卒業後もこっちで住むわ」・・・
なんてこともあるかも?
No title
こんにちは

息子さんのアパート探しに行ってこられたんですか~
お疲れさまでした。
ちょっと寂しくなりますね。
のんびりしたところで、のんびり学生生活を送るのもいいんじゃないですか。
No title
の〜んびりも良いのではないですか。
息子さんが大学生活を謳歌されるのが一番。

>あれで混んどるなら、ふだんはどれだけスッカスカ
以前なにかで読んだのですが、鹿児島ではJRの列車が混んでいるというのは、すわれない程度だそうです。
話の
リズム感に差異があると思わずイラッとしてしまう、rockin' です。

社会見学、お疲れ様でした。

混んでいる空いているってとっても相対的なもんなですよね。

私もいい土地を選ばれたと思います。
Re: No title
森の端材工房様

カルチャーショックを感じるのって大事ですよね。それも若いうちに。

だから今まで住んだことのない所に行くのを私も応援したのです。

きっと息子にとっても素晴らしい経験になると思っています。
Re: No title
Carlos様

Carlos様もいろんな土地を経験されているんですよね。

どこが良かったですか?

どこも住めば都でしょうが、印象のいい土地ってありますよね。
Re: No title
とっしー様

首都圏の混み具合はスゴイですよね。

私も大阪の環状線などでラッシュは経験してましたが、やっぱり別格だと思いました。
Re: 話の
rockin'様

話をする相手にはやっぱりテンポの合う人が一番ですよね。

でもそれに慣れ切ってたらダメなんだなあとあらためて思いました。

管理者のみに表示