すーつの話。

この春就職したムスメの会社では、服装は必ずしもスーツでなくてもよいらしい。

私が新卒で就職した会社は、いわゆる堅い業界であった。

男性は全員ワイシャツにスーツ、それもダークブルーの無地。縞ものや茶色は歓迎されない。

制服じゃないけど、制服みたい。みんな同じように見える。

新入社員の私は、研修を終えて配属になった部署で、同期と一緒に並ばされた。

これから君たちと仕事することになった サカクラだ 

直属の上司は、胸を張って堂々と言った。

40代くらいか、体格も態度も立派なのに、なぜだろう、なんだか貧相である。

大学を出たばかりの若造が、不遜なことだと思われるだろうが、どうも尊敬の念が湧かない。

しばらく理由が分からなかったが、やがてサカクラ氏の背広が、他の社員に比べ、格段に安物なのに気づいた。

その昔、祖父が輸入業をやっていた加減で、私の身の回りの男、父や叔父は全員、商売ものの輸入生地を仕立てた背広を着ていた。

化繊をミシンで縫ったような背広を、私はその時はじめて見たのである。

サカクラさんは部下に優しく、責任感の強い、いい人だった。しかし、もちろん背広のせいだけではなかっただろうが、職場の中でどことなく軽んじられていた気がする。

一緒に営業に出た時など、上着を脱ぐとずっとステキに見えて、本当に惜しいなあ、と思ったことは忘れられない。

今では「吊るし」なんて言葉も死語となり、既製服もきちんと身に合うようだ。

サカクラさんも今なら、もっと高く評価されているかもしれない。

つるし



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/04/10 12:39
コメント
No title
こんにちは
背広ひとつでも、品格が現れるものですね。
まったく背広は着なくなりましたが、エリが太かったり、細くなったり、三つボタン,二つボタン、ダブル、いろいろきました。
今では箪笥のこやしになっておりますが・・・
おそらく着ることはないでしょう。
高いスーツは
やっぱりそれなりの価値があります。
洋服の青山のような量販店でも、一着7万円出せば、いいスーツが買えます。
デパートで買うより3割くらい安い気がします。

ぜひ、ご子息にスーツを二、三着、カシミヤのコートそして略礼服をプレゼントして下さい。
予算は30万円弱です。

素晴らしい着心地です。
そして気持ちが高揚します。
なのでモトは確実に取れます。
No title
むかーし私の上司にも
サカクラさんみたいな人がいました。
責任感あり、結果もだし、バリバリで、どんどん出世されたのに、なぜだかスーツやネクタイのセンスがトホホで…。サカクラさんと違って体格はガリなんでシャツ姿もイマイチ。
今思えば、人間的魅力がセンスの無さをもカバーしていたのでしょう。人懐っこい人でした。
Re: No title
Carlos様

いったん着なくなられたら、窮屈なものでしょうね。

父もテーラーメイドの背広をたくさん持っていましたが、リタイアしてからはゴルフウエアばかり着ていました。
Re: 高いスーツは
rockin'様

さすが、日本一の伊達男、rockin'様!

>スーツを二、三着、カシミヤのコートそして略礼服をプレゼントして下さい。
>予算は30万円弱です。

え~と息子には自分の甲斐性でなんとかやってほしいと思っております。

入学式のスーツは4万円のにしました。
Re: No title
なな様

いるんですねーやっぱり同じような人が。

バブルの頃だったので、オシャレな人はそれこそ何十万という背広を着ていましたから、よけいに差が目立ったんだと思います。

今どうしてらっしゃるのかしらと時々思います。

管理者のみに表示