ぶんぽう話。

今では大きな顔をして私に説教でもしかねないムスメであるが、昔は小さくてかわいかった。

たどたどしい言葉の一つ一つがかわいくて、発言をメモしていたこともある。

メモの中から2歳のムスメの長い長い言葉を抜き出してみる。

もっとコップににゅーにゅ、ちょーだい、ブユーのキッキちゃん、ママに~

はあ~???

まず幼児語の単語を日本語に変えるとこうなる↓

もっとコップに牛乳、ちょうだい、ブルーのキティーちゃん、ママに

そして、日本語文法にのっとって語順を変えるとこうだ。

お母さん、キティーの絵柄の青いコップに、もっと牛乳を入れてください

ムスメが日本語を習得していく過程を見ていて、語学は文法から入っちゃダメなんだなあ~と思った。

スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/28 12:00
コメント

管理者のみに表示