いーすた話。

ハロウィンの次はイースターか!

テレビの前で、誰にともなくつぶやく。

いーすたー2017

大型スーパーのイベント商法にもいいかげんうんざりだ。

4月は新入学、新入社と、お花見!お目出度いことがすでにいっぱいある。

日本の春に新しい行事はもう要らないと思う。

しかし、ヨーロッパにいると、キリスト教徒でなくても、イースターを祝いたい気分がなんとなくわかる。

寒い寒い時期が続いて、ようやく日が長く、暖かさの兆しが見えだすのがこのころなのだ。

凍った土を割ってスイセンが咲き、牧場では緑が芽吹き、仔羊が生まれる。

固くむすぼった自然が、目の前で色彩のパノラマを描いてほどけていく、その爆発的な喜びが、イースターなのだ。

イースターの目出度さは、日本でいうならお正月だと思う。

そういえば、イースターの頃、小さいムスメはあちこちでチョコレートの玉子をもらった。

ふだんあまりお付き合いのないようなご近所さんが、

イースターおめでとう!

の言葉とともに、ハデな包装のチョコレートを下さる。

スーパーに山積みになっている玉子型のチョコレートを、がさっとカートに入れるオバサン連中の様子からは、どうやら誰にやるというあてもなく、まとめ買いしているらしい。

お義理にくれるその感じは、義理チョコのようでもあり、またお年玉に似ていた。

人って、遠く離れた場所で、案外似たようなことをしているものだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
てれびじょん | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/04/15 11:44
コメント
No title
こんばんは
日本は、何にでも便乗して商売してしまうたくましい商魂。
本来は神聖なお祭りなんでしょうが・・・
Re: No title
Carlos様

商魂たくましいのは日本の商人だけではないと思うのですが、日本の行事を海外でやってるとは聞いたことがないですよね。

日本の消費者はイメージに弱いのでしょうか。
イースター
より日本人は旧正月を祝うべきだ!
Re: イースター
rockin'様

ええっ?旧正月ですか?

灌仏会じゃなくて?

管理者のみに表示