むずむず話。

ちゃつみ

♪ 夏も近づく八十八夜   ♪
♪ 野にも山にも若葉が茂る ♪


爽やかに晴れた日。停留所でバスを待ちながら、脳内ハナウタを楽しむ。

本当は、誰もいなければ歌いだしたいところだが、連休の旅行に出かける家族連れが、後ろに列を作っている。

道路も混んでいるのか、定刻になってもバスは来ないが、こんな日なら待たされても、ハナウタ(脳内だけど)交じりで待てる。

♪ あれに見えるは茶摘みじゃないか ♪ ……?

あれに見えるは、新茶の若芽…ではなく、青々とした雑草

雑草などという草は無い!と叱られそうだが、名前を知らないのだからしかたがない。子供の頃、庭に生えてくると、必ず抜いていた草だ。

田舎の家の庭は無駄に広くて、草引きはなかなかの苦労である。台所をうろちょろされるのがキライだった母が、われわれ子供に命じた「お手伝い」のダントツ1位は「草を抜くこと」であった。

ひとくちに草と言ってもさまざまだ。

背ばかり高くなるやつ、地を這うやつ、日陰に生えるやつ…植生を考えるには格好の知的機会だったはずだが、凡庸なる私の関心事は

簡単に抜けるか、抜けないか

この一点であった。

どんな草にも抜き頃というのがあり、それを逃すとテキメンに抜きにくくなってしまう。抜き頃を逃さず、ひげ根の先までイッキに抜けると、本当に気分が良かった。

植物には詳しくならなかったが、子供の頃のその経験から、いまだに草を見ると、スッと抜けるやつか、抜けにくくて手こずるやつか、すぐわかる。

バス停に生えていたそれは、まさに抜き頃であった。

敷石の隙間のヤッカイな場所に生えているが、今なら根元を持って引けば一度で抜ける。

ついしゃがみかけて、慌ててひざを伸ばした。

抜いたとしてどうする。泥のついた草を持ってバスに乗るのか。

並んでいる親子連れも、前のオバサンがいきなりズボッと草を抜いたら、驚くだろう。

ハナウタも忘れて迷っているうちに、バスがやって来た。

ムズムズする手をグーパーしてから、定期入れを取り出す。帰りに見に来よう、と心に決めて。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2017/05/03 11:31
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
茶摘みの歌!
 すぐ下の妹と 弟が 良くケンカしてました、
 弟が姉になる 妹に歌うのが、
 
 「あれに見えるは 幽霊じゃぁ ないか?
  白い着物に 足がない ・・・ 
  なんてね!

  今では 笑話しですね、
  いつもありがとうございます、たか
帰りに
帰りに抜いたんですかーーー!
ああ、その後が知りたい!
No title
おはようございます。
バスを待っている間もいろいろ考えていたんですね。
ところで帰りはどうだったんですか?
抜きましたか?
雑草抜きの
衝動制御が出来ません。
外を歩いていても、ドライブインにいても、公園にいても、信号待ちをしていても、雑草を見ると抜いてしまいます。

ある日、道路ぎわの植栽に背の高い見つけた私はいつものように抜きました。

「公園関係の方ですか?」
と側にいた女性に尋ねられて返答に窮しました。
Re: No title
鍵コメj様

こんなくだらない記事で、賢所のお噂が聞けるとは思いませんでした。

いつもありがとうございます。
Re: 茶摘みの歌!
たか様

懐かしい子供の頃の思い出ですね。

茶摘みの歌はそういえばせっせっせの歌でもありましたね。
Re: 帰りに
まこ様

ええ~?そんなに知りたいですか?

じゃあナイショにしよっと。フフフ…。
Re: No title
Carlos様

所在なく並んでいる時ってよけいなことを考えますよね。

いつも「これはブログに書こう」と思うんですが、ほとんど忘れちゃいます。

今回は珍しく覚えていました。
Re: 雑草抜きの
rockin'様

私も人の目が気にならないときは抜くこともあります。

ご相談ですが、抜いたのはどうされていますか?生えてたとこに置いたらまた根がついちゃいそうで。

本当は舗装道路に置いて枯らしてやりたいのですが、それだとお掃除がいりますし、あとで戻ってくるとも限らないので迷います。
again ♪
抜い草は根付かないよう根を上にして、他のプランツに立てかけておきます。
Re: again ♪
rockin'様

にゃるほど賢い!

逆さに立てるんですね!以後そうします。

管理者のみに表示