びーたー話。

朝のワイドショーの、クイズコーナーで、アナウンサーが大仰に持ち出したのはコレ。

ばったーびーたー

さて、この家庭用品の正式名称は 何でしょう?

主婦タレントが本気かワザとか、わからないと騒ぐのを横目に、ヘンと鼻で笑う私。

あれはバタービーターというのだ。

私とイモートは30年以上前から知っている。

イモートと私は同じ高校の出身で、共通の先生も何人もいたが、中でも家庭科は、われわれ姉妹の鬼門であった。

ミエコ先生は細身で上品な上流婦人風だが、中身はひねくれてイヤミな中年女性。

彼女が私とイモートが姉妹と知ると、楽しかるべき調理実習が最悪の時間になった。

あら~ 危なっかしい手つき お姉さんにソックリ!

お母さんお教えにならないのかしら?妹さんも心配ね…


あくまで笑顔で上品な口調で、ねちねちアラ探しが続く。

またミエコにやられちゃったよ~

アタシは来週だよ~ ヤダなあ…

ふだんケンカばかりしているイモートと私が、ことミエコ先生に関しては戦友であった。

その日はイモートのクラスの調理実習。メニューは出し巻き

じゃんけんでイモートが焼き係となり、コンロの前に陣取った。

流し込んだ玉子を、まさにひっくり返そうとしているところに、嬉々としてミエコがやってきて、皆に聞かせるよう、おおげさに叫んだ。

ダーメよ~! バッタービーターを使いなさい って、言ったでしょ~?

失敗を待ち構えるミエコを前に、イモートは菜箸2本でひょいっと玉子を返して見せた。

ニヤニヤしていた先生の顔が、凍り付く。

玉子焼きは数少ないイモートの得意料理で、家でもふだんからやっていたのだ。

もう胸がスッとしたわ!

やったねェ、エライ!

ばった~び~た~をつかいナサイって いったデショ~?…だってさ!

イモートの口真似は本当にソックリで、私も聞くだけで胸がスッとした。

以来30有余年、わが家では、台所でちょっとした失敗をするたび

ばった~び~た~をつかいナサイって いったデショ~?

と言っては、大笑いしてきた。

イヤミで大ッキライだったミエコ先生も、今となってはなんだか親しい人に思える。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ




スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/05/10 11:30
コメント
No title
こんにちは、ぢょんでんばあさん
テレビ見ていましたが、あの名前が分かる人なんて
いないのにクイズにするなんてと思いながら見ていました
(失礼しました 答えが分かっている人いたのですね)

『バタービーター』洋菓子を作るときなどにバターをつぶして
滑らかにしたり、攪拌したりする器具ですか
フライ返しとは、違うそうです、こんな形で攪拌するかな

出汁巻きを巻くのは、菜箸ですよね
バタービーターで巻く方が難しいですよね
ミエコ先生も苦労して出汁巻きを巻いていたのでしょうね
練習して、バタービーターの達人の領域に達したのでしょうね
No title
おはようございます
意地悪な先生がいたんですね。
鼻を明かした妹さん最高~

どうしているんでしょね、ミエコ先生。
バタービーター!
以前この器具名を調べたのですが分からなかったんです。
やっと分かりました。
胸の痞えが取れました。
ありがとうございました。

Batter Beater で検索していたら
Better Batter Beater
なる公告を発見して笑いました。

ウマイ!
見事に頭韻も後韻もライムしています。


出し巻きを Batter Beater なしでひっくり返すなんてすごい技術です。

嫁さん、フツーの卵焼きは菜箸でひっくり返していますが、水分が多い出し巻きは箸では返せないとゆーとります。
未熟者め。

Re: No title
ヨッシィー様

ご覧になっていましたか。

あの説明は実は少し間違いで、バターbutterではなく、batter(ケーキなどの種…天ぷらの衣みたいなのをイメージしてください)なんですよね。

ヘナヘナのバタービーターでかたいバターをつぶすのは無理ですが、ホットケーキの種なら混ぜられるでしょう。

Re: No title
Carlos様

ご存命でも結構なお歳だと思います。

今でも同窓で集まると話題になりますから、名物先生ですよね。
Re: バタービーター!
rockin'様

さすが英語堪能なrockin'様、スペリング正確ですね。

NHKが間違った説明していたのに、素晴らしいと思います。
No title
名称があることに驚きました。

大昔、今なら台所に在ってあたりまえなこのひっくり返す道具が出始めの頃、
道ばたでバナナのたたき売り風な露天商がコレを売っていました。
母は欲しかったのか、おじさんに言ったのが
「みんな曲がっちゃてるわねぇ?」

おじさんに思いっきりバカにされた母、
私はとても恥ずかしかったのを思い出しました。
Re: No title
ア・トリエみしん様

お母様は恥ずかしかったでしょうが、ちょっと楽しい思い出ですね。

確かにあの先っぽの曲がり具合は、しゃもじなんかと比べて不思議な感じがしますものね。

管理者のみに表示