りんすの話。

私は早風呂で、ちゃんと身体も髪も洗って、浴槽にゆっくり浸かったつもりでも、出るまで15分もかからない。

ムスメなど、入ったと思ったらいつまでたっても出てこないので、途中で声をかけてしまう。

あんなに長いこと、中で何をしているのか、である。

ゴシゴシ髪を洗い、ジャーと流しながら考えてみると、私もムスメの年頃には、ゆっくりお風呂に入っていた気がする。

いったい何をしていたのか、思い当たるのはリンスだ。

初めてわが家にリンスという文化が持ち込まれた時は感激した。

むかし、洗髪後の髪は、脂分が無くガシガシしていた。ところが、リンスをした髪は違う。

サラサラといい香りまでして、お姫様になったような気持になったものだ。

今はポンプでピュッと手のひらに出し、髪につけて流すだけだが、昔のリンスは違った。

まず、キャップで1回分を慎重に量る。

これを洗面器のお湯に溶かして髪にかけるのだが、1度で流してしまうのではない。かけたお湯はもう1つの洗面器で受け、再び頭にかけるのだ。

そうやって交互に2つの洗面器を使って、リンスを髪全体にゆきわたらせる。

あれはじつに優雅にして悠長な作業であった。

いつのまにか、あんなふうに薄めるリンスは姿を消し、ジカにつけるコンディショナーというものが登場する。

ガシガシ洗って、ピュッとつけて、流してオシマイの時代が来たのだ。

リンスの香りのするお湯を、行きつ戻りつさせていた、あの時間は、今思い出してもなかなかいいものだった。

キャップで量るリンスが買えるものならば、またやってみてもいい、と思う。

かおーふぇざーしゃんぷーあんどりんす
(いくら人気者でもシャンプーの広告にこの髪型はない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/05/20 11:30
コメント
No title
こんばんは
昔のリンスはそうでしたか~
高校まで坊主頭だったのでリンスなんて縁遠く、普通の固形石鹸で頭を洗っていました。
よくゆすがないのでフケが・・・・
私も入って15分ぐらいで出ますね~
頭が薄いので時間が掛らないんですね。
私も15分くらい。
あ~本当に昔のリンスは、洗面器で溶かしてましたよね~懐かしい♪
今はそんな優雅な事してないです(~_~;)
つけ終わったら、1秒も待たずに流してしまうんです。体につくぬるぬるが嫌で、速攻流してます。
する意味があるのか?と思いつつ。

昔、ヨーグルトが髪に良いと聞いて、こっそり風呂場に持ち込んで髪につけて、臭くてむっちゃ怒られた覚えがあります。
No title
こんばんは~。
そうでした。リンスは洗面器で薄めて髪にかけていました。
懐かしいです。
トリートメントが初めて発売されたころ、髪につけすぎると流しても髪がベタベタでした。
今は品質もよくなりました。
髪が薄くなったのでシャンプーもトリートメントもちょっとだけでよくなって。。それはそれで哀しいです。
もうすっかり
希釈タイプのリンスは市場から一掃されました。
薄めるという工程が面倒だったのでしょうね。

そうそうコンディジョナーってゆーんですね。


Re: No title
Carlos様

今は男性もシャンプーにトリートメントですが、昔は石鹸でガシガシと洗っていましたね。

坊主頭はそれだけで清潔に感じるものですから、リンスなんかいらなかったんですね。
Re: 私も15分くらい。
wanco様

ヨーグルトもですけど、卵の白身がいいとかレモン汁がいいとか、昔の少女漫画誌って、やたら風呂場に食品を持ち込ませたがりましたよね。

私は親の目が怖くてできませんでしたが、お風呂掃除が大変だったろうなあ。
Re: No title
うに子様

今のシャンプーもコンディショナーも、いろんな成分名が難しくてついていけません。

昔のように「花の香り」とか「しっとりさらさら」くらいで止めといてくれたらと願います。
Re: もうすっかり
rockin'様

当時は面倒だと思っていたんですけどねえ。特に、冬は寒いんです。タイル張りの昔の風呂場だし、お湯は冷めるし。

でも、美容とか化粧とかって、そのめんどくささの中に何かがあるような、私はそれを失ってしまったような、そんな気がするんです。

管理者のみに表示