はっぴの話。

幼稚園児のムスコを、虫歯にしてしまった。

小さい子を診てくれる歯科は少ない。バスに乗って少し離れた歯科医院に通うことになった。

ある日の通院がえり。

バス停まで歩いていたら、角刈り半白の頭に粋な法被を着たオジサンが前を歩いていた。

背中に書かれた勘亭流は、このあたりの地名のようである。

あのふくはなんのふく?

さあ お祭りの法被だと思うけど 今日はお祭りじゃないしね… なんだろね

今も昔も、関西人の私は、こういう江戸っ子ぽい人がちょっと怖い。ムスコの子供っぽい高い声が響いて、オジサンに聞こえやしないかと気になった。

ちょっときいてくる

止める間もなくムスコは駆けていき、けっこうなコワモテのオジサンに、いきなり話しかけた。

オジサンは案外気さくに、法被の背中や襟の文字を見せながら、あれこれ説明してくれている。

しばらくして駆け戻ったムスコは

きょうはおまつりじゃないけど もうすぐだから おまつりのふくでれんしゅうするんだって おみこししたり うたもうたうんだって

分からないことが分かったムスコは、満足げであった。

不活発で協調性が無く、インドア派で読書が好きなわりに勉強ギライなうえ、友達は少ない、まあ今日までいろいろと問題の多かったムスコ。

それなのにどこかでこの子は大丈夫と思えて、それはなぜだろうと考えると、あの時、1人駆けて行った後姿を思い出せるからかもしれない。

この子はきっとどこでも行ける。何でもできる。

あれから10年以上が経つ。オジサンは今もお元気で、お祭りに出ているだろうか。

ふかがわはちまんまつり
(2017年は3年に一度の本祭り→ 富岡八幡宮HP



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/08/13 11:30
コメント
親は
時に子供を過小評価することがあります。
でも、これが普通なんです。

子供は大体において親の思考の一歩先
を行っています。

おはようございます!
地元に毎年恒例の大きなお祭りがあるって、いいですね!

地域団結、活性化が自然に行われているようで。

我が町にも大きなお祭りあったのですがね~
的屋さん排除してからはしょぼい。

息子さん、家のムスコと似ていますね、
インドア、読書、少ない友達、、、
これプラス、オタク趣味なんですよねぇ~

俺に似てるのかも(笑)

彼も来年は中学生、
学区が変わるなどで「好きな友達」「嫌いな友達」と
離れ離れに・・・

これから思春期、どんな新しい友達と仲良くなるか、
楽しみですよ。


No title
なかなか、活発だっやんですね息子さん。
親が心配するほど軟じゃないですよ。
お子さんたちも帰省されてにぎやかな事でしょうね。
我が家は、誰も来ず、夫婦寂しいお盆です。
Re: 親は
rockin'様

本当にそうですよね。

親の言うことを聞くと良い子みたいですが、それは親の想定の範囲から一歩も出ていないということに他ならない。旧世代の常識の中で育っても、そこから逸脱するのが子供というものでしょう。

子供には、時に親を驚かせる存在であってほしい。そう思います。
Re: おはようございます!
ダリルジョン様

ご子息もオタク系ですか。

うちの息子の嗜好もそっち寄りです。

大学に行くと面白いヤツがたくさんいるよ、と言ってあげてください。
Re: No title
Carlos様

活発というのとは少し違うかもしれませんが、物おじしない子でしたね。

人が怖くないみたいです。

娘も私も同じなので、家系かなと思います。
No title
お祭り行って来ましたよ。
皆、元気でお神輿を担ぐ姿が素敵でした。
法被も地域の酔って違うのでしょうか・・・
Re: No title
太巻きおばば様

いいですねーうらやましい。

子供が小さい時は人ごみに恐れをなして近づけず、大きくなる前引っ越してしまったので…。

法被は町内ごとに色もデザインも違うようですよ。

管理者のみに表示