しまいの話。

イモートが帰省してきたので、外で会いがてら、一緒に展覧会を見に行った。

どっちか希望したというわけではなく、たまたま招待券があったのである。

かいけい
「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」奈良国立博物館

週末の博物館はごった返すほどではなく、ガラガラでもなく、ほどほどの混み具合。

アタシさ~ いつも思うんだけどさ~ 仏像ってもともと ピカピカだったんでしょ?

そうらしいね 大仏も、あんだけデカいけど 金箔貼ってあったっていうし

こんな風に薄黒いままにしとかないで ちゃんと貼りなおしゃいいのにね~

その方が もっとアリガタイ気持ちになるかね 

言いあいながら、仏像の間を巡ると、新品みたいに金色に光る阿弥陀様があった。

こりゃまたえーらいピカピカだねェ

ニセモンじゃないの~?

貼りなおせとか言うわりに、キレイだとニセモノ呼ばわりするのだからひどい話だ。

混雑を避けて、見物人の少ない展示ケースを覗くと、お経を墨書した巻物が広げてある。

もともと仏像の胎内に収められていたものらしい。

うーん、いい字だわァ~

イモートは書道師範なので、文字の美醜には敏感だし、崩し字が読める。

ねえねえ、じゃあこっちは?

ウーン… 上手いけど、ちょっと癖が…

じゃあさじゃあさ、これ何て読むの?

これは人の名前だとか、50画くらいありそうなこの漢字は何だろう、とか、熱心に見ていると、どんな面白いものがあるのか、と、他の見物人が寄ってきては、ガッカリして去って行く。

しばらくして、我々が見に来たのは仏像であった、とハタと気づき、観覧を再開。

この人キレイね、とか、手が長いのに足が短いね、とか、小学生レベルの感想を交換しつつ、順路を進む。

最後の展示室には、ほぼ同じ大きさの阿弥陀如来像が6点、ずらりと並べてあった。

作風や表情の細かい違いを味わうための配慮だろう。みな真摯な表情で、1つ1つ見比べている。

私たちも真面目な顔を作り、それに倣ったが、しばらくしてイモートがヒソヒソ声で

ねえねえおねーちゃん、どれか1つくれる、って言われたらどれにする?

と耳打ちしてきた。

ちょうど私も同じことを考えていたのだ。

この子と私は、本当にきょうだいなんだなあ、と思うと、なんだか心がなごんだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/05/29 11:30
コメント
No title
こんにちは
妹さんとのあのしいひと時、良かったですね。
同じこと、考えていたなんてね~
普段は
普段はあんまり、交流がなくとも、ふとこういう瞬間があるんですよね。
…今さらだけど、似てるんだな、と思ったこと、私もあります。一つくれる、かあ。チョコか、お人形みたいな。
いいなあ、その基準。私も今度何かを見比べる機会があったら、一つもらえるとしたら、って考えてみます。
おおお
妹様、書道師範でいらっしゃる。
素晴らしいです。
尊敬します。
きっ綺麗な方なのでしょうね。

阿弥陀如来像が家にあるときっと凄い重圧でしょうね。
大日如来像とか釈迦如来像でも同じでしょうが。
No title
こんにちは、ぢょんでんばあさん
美術館に行ったら1つくれるならどれにするか、よく考えますね
一つも欲しくない時も多いです(笑)

ロウソクの光で見るのと今の照明でみるのでは、
仏像も違うのでしょうね
若い頃は、薄黒いままの仏像に価値がある気がしましたが、
ピカピカの仏像も受け入れられる大人になりました
Re: No title
Carlos様

若い頃はケンカもしましたが、今は友だちより親しく気楽な関係です。

姪っ子も大きくなりましたので、もっと一緒に遊ぼうねと約束しました。
Re: 普段は
まこ様

1つくれるなら、を考えたら、次は、もらったらどこに置こうか、を考えてください。

見慣れた自分ちに置かれた国宝。

想像だけでもゴージャスですよ。
Re: おおお
rockin'様

はい、会う人みんなに「アンタをキレイにしたような人」といわれる自慢の妹でございます。

如来像は玄関に置いて、来客を威圧したいと思います。
Re: No title
ヨッシィー様

あら、お仲間がいらした!

芸術も物体ですから、欲しいか欲しくないか考えるのは悪くないと思っています。

実現はしないですけど想像は自由ですものね。

管理者のみに表示