めくった話。

月が替わって6月。

もう6月か~、と思わないではないが、その手の感慨をあんまり語るとババアっぽい。

なるべくビジネスライクに、壁のカレンダー、5月を剥いだ。

このミシン目をピリピリ切るのはホントに気持ちがいい。年に11回しかないのが残念だ。

そして1か月見慣れた新緑から、まっさおな海の写真に変わる。

あおいうみ

爽やかでいいが、えらく気が早いな。

日本にはこれから、梅雨というものが来るのだぞ。

少々ありきたりでも、カレンダーにはやはり、わかりやすい季節感がなければ。

カレンダー業界ももうちょっとシッカリしてもらわないといけない。

などと思いつつ、はがした5月をたたみかけたら、アレ?

2枚ありますよ?

慌てて壁に残ったカレンダーを見ると

7月 July

ぎゃー!2枚めくっちゃった!

気が早いのはカレンダー業界じゃなくて、だった!

これから1か月、どうしよう。

セロファンテープで貼り戻したら、7月に剥がすのがヤッカイそうだし。

どうせ大した予定もないし、6月、いっそなかったことにするか?

1度も壁を飾らなかった6月には、色とりどりの長靴が、濡れた路面に映っている。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2017/06/02 11:30
コメント
No title
あらら!2枚破いちゃったんですか~
今年はきっとお正月が早く来ますよ。
こうしましょう
日めくりカレンダー。

年に364回ビリビリできるし
二枚一緒にめくっても一日だけ辛抱すれば解決

我ながら惚れ惚れする提言だな。

はい?
写真がついていないって?
そこまで責任は持てません。
No title
2枚破くというので思い出すのは、昔の「サザエさん」(原作の方、東芝版のアニメではありません)で、サザエさんとカツオがエープリル・フールの騙しあいの死闘の挙句、今年は私の勝ちねとサザエさんがカツオを連れて家に帰ると、お母さんが今日はまだ3月31日よ、日めくりを2枚破ってあなた方をだましたのと、笑って出迎えるという話です。長谷川町子さんの家で、このようなことをしていたのか、長谷川さんが内弟子をしていた田河水泡の家でこんなことをしていたのか、気になるところです。
No title
風景写真、要らないな・・・と両親でも見える大きな字だけのカレンダーにしましたが、なんだか寂しいです(~_~;)

めくってしまった6月、マスキングテープでとめるとか。
No title
お仲間です。
私がよくやっちまうのは
電話しながら今月のカレンダーに
翌月の予定の日時を書きこんで・・
ビリビリと共に予定も去りぬ (^_^;)

マスキングテープで
貼ったら、だめですかね?
あれは、割と簡単にはがせるので。
そういや、あんまり「日めくり」というのをみなくなりましたね。やっぱり毎日はがすのが面倒だからでしょうか。
Re: No title
Carlos様

> 今年はきっとお正月が早く来ますよ。

ハハハ…ドジな私に、いつもながらお優しいコメントありがとうございます。嬉しかったです。
Re: こうしましょう
rockin'様

写真がない以上に、日めくりは紙が薄すぎて、ミシン目をピリピリ切る楽しみがありません。

せっかくの提案を採用できず申し訳ありません。
Re: No title
たんめん老人様

そのマンガ覚えがあります。

マジメな昭和のお母さんというイメージのフネさんが、珍しくふざけたところが面白いですね。
Re: No title
wanco様

実家の父は証券会社がくれる文字だけのカレンダーを愛用していました。

母はタダでもらえるものなら何でも壁に張ってしまいます。やめてほしいわ。
Re: No title
布遊子様

わー、いないと思ったお仲間がいらした。

ビリビリのあとはどうされましたか?悩まれませんでした?
Re: マスキングテープで
まこ様

マスキングテープって今どきの女子には必需品みたいですね。

貼って剥がせるというのがイマイチぴんと来なくて、付箋ともども使いこなせない文具です。

管理者のみに表示