モリマリ本。

最初になぜ手にしたのか、今となっては分からない。

しかし、とにかく大昔、少女のころから、その本は私の書棚にあった。

ぜいたくびんぼう
(「贅沢貧乏」 森茉莉 新潮社)

ボロアパートの一室で、自分の好きなものに囲まれている、筆者らしき女性の暮らしぶりが楽しくて、こんな風に暮らせたらなあ、と夢みたりした。

文中では牟礼魔利(むれ・まりあ)と表記されたモリマリその人に興味がわいて、他の著書も読んでみたが、耽美的と評されるロマンスや、親バカならぬ娘バカとしか思えない、父親・森鴎外に関する無条件の礼賛には、ついていけなかった。

キライなの!私はこれがキライなの!と、当たるを幸い切って捨てるような晩年のエッセイには、独自のものの見方があって面白いが、私にとってモリマリといえば、やはり最初に読んだあの本である。

無秩序に散らかっているように見えて、好きなもので埋め尽くされた部屋。

貧乏アパートでも、心は贅沢

他人がなんと言おうとも、自分で価値を見つけていく素敵さ。

いい大人を通り越して、おばあさんと言っていい年齢の人が、永遠の少女のような、夢みる生き方をすることに、少女の私は憧れたのだと思う。

しかし、こうして自分がいい年になってみると、また違う感じ方がある。

散らかった部屋から、自分の見たいもの、美しい部分だけを切り取って耽溺できるということは、一種の才能だ。

モリマリは、在ることを無かったような顔ができる人である。

2度結婚して2人の子供を産んでおきながら、自らを無垢な少女になぞらえることも。

今でいうゴミ屋敷状態の部屋に住みながら、欧羅巴の美や江戸の粋を語ることも。

見たくないものを見ずにいなければできるものではない。

他人の手前、無いようなふりをする、というのではなく、彼女にとって不愉快なことや嫌いなものは、ほんとうに存在しないことになってしまうのだろう。

そこに私は、子供らしい想像力よりも、女のふてぶてしさを見る。美しい人の足に、醜い座り胼胝を見てしまったような、悲しみをおぼえる。

モリマリの部屋に招かれた室生犀星は、その混沌を仔細に観察したあげく、帰り際には

このさびしい部屋

と、評して去った。

女性の美にことのほか敏感な、この文学者の眼は、信じていいのではないか。

森茉莉が、その部屋から彼岸へと歩み去ってから、もう30年になる。

もりまり
森茉莉 (1903.1.7-1987.6.6 )



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/06/06 11:30
コメント
この本と
この本と、「貧乏サヴァラン」は好きです。
あと、黒柳徹子さんが、二人で森さんの部屋で対談した時に、どういうふうな部屋だったか、ということは描写があって、そのあとに、二人でした対談の話を森さんが書いたのを見たら、ヨーロッパ風の部屋で、二人のマダムが話しているように、書かれていた、というエピソードもこれは、黒柳さんの本のどれかで読んだことが。
 ないものをあるように、あるものをないようにかける、って、才能ですよね。出来るようになりたい。
No title
おはようございます

都合の悪いことは見ないことにできたらいいですね。
見たくないものまで見なければならない今の世の中、
彼女のような生き方もあるんですね。
モリマリ
は読んだ事がありません。

「貧乏アパートでも、心は贅沢」
ナルホド。
ボロは着てても心の錦・・・
かな?

ちょっと違うかもしれませんがココ・シャネルはこう言いましたね。
「『ぜいたく』は、『貧しさ』の反対語じゃないのよ。
『下品』の反対語なの」

>モリマリは、在ることを無かったような顔ができる人である。
 これは一種の才能かも。
 厚顔無恥ととらえるのか想像力が豊かと見るのかは別として。
長コメント、お詫びします^^;
婦女子だった私は、高校生の時に彼女のBL耽美小説からはいりました。
好きでしたね~あの耽美な世界(笑)

だから私にとって「贅沢貧乏」は「夢が壊れるような本」でしたね。
「物語」は良いのですが「自叙伝、エッセイ」には少女の頃からの現実主義的な本質が「自分勝手」を察知しちゃうので、厳しいのです^^;

自己陶酔とファザコンぶりにも辟易して他の本は一切持っていませんが、古~い単行本の「恋人たちの森」はきっと捨てられない。
私の中の森茉莉は、現実を生きられなかった「可哀想な幸せな人」かな。
時々いますよね?
可哀想だけど幸せな人^^
逆に歳を経て思う事は、それでもいいかも知れないって。
ただ、そんな物語は読みたくないけど。
Re: この本と
まこ様

「貧乏サヴァラン」も面白いですね。

森茉莉のお料理は、本人の説明通りに作っても絶対その通りできないと思います。私の料理はおいしい、と書いてるからきっとそうなんだろうけど、何かレシピ以外のものが働いてる気がします。

Re: No title
Carlos様

鴎外の娘として育った彼女にとって、社会に放り出されてからの日々は見たくないものの連続でしたでしょうね。

美意識というのも様々だなと思います。
Re: モリマリ
rockin'様

シャネルのその言葉は知りませんでした。カッコイイですね。

さっそく座右の銘にしよう。(安直でスミマセン)
Re: 長コメント、お詫びします^^;
マダム半世紀様

本当に人それぞれですねえ。

私はお耽美系は一切ダメなんですよ。わが身を省みると、恥ずかしくなっちゃって入り込めません。

管理者のみに表示