なっとう話。

7月10日は納豆の日

なっとう

うちは両親とも根っから関西人の家系であるが、なぜか納豆を食べていた。

私が子供のころはまだ、食べられない人が多い中、一家で口の周りをネバネバにしているわが家は、異色だったと思う。

私自身は食べて当たり前と思って育ったため、周囲の関西人が納豆を食べないことを知ったのは、かなり大きくなってからである。

そう知った日はビックリして、家に帰って母に報告したのを覚えている。

おかーさんおかーさん!よそんちは納豆食べないんだって!

母は平然と

そーよ アタシだって おとーさんと結婚するまで食べたことなかったもん

えーっ!

今だって別に好きじゃないし 食べるけど

そうなの?

わが家の食卓に納豆をのせたのは、東京の大学に通った父らしい。

コンビニもファストフードもない昔、実家から出た学生が、たちまち困るのは三度の食事だった。

そこで必須なのがまかない付きの下宿である。

朝晩食事を準備してくれる代わり、選択の余地はない。出されたものを食べるのみである。

そこで納豆を繰り返し出されて、食べ慣れたのだろう。

生粋の大阪男であるうえ、芋はイヤだカボチャは食わないと、けっこうワガママだった父。

食べつけない納豆を、食べ慣れるほど食べたということは、つまりそれしか食べるものが無かったのだと思うと、若き日の父が、ちょっとかわいそうになる。

今のようにテレビで食いしん坊バンザイだのケンミンショーだのが見られる時代ではない。

味噌も醤油も、関西とは違ったろう。はじめて関東の食生活に触れたカルチャーショックは、想像に余りある。

これ何?!こんなの食べられるの?と驚いたり、こわごわ口にしたら案外おいしかったり、そんな経験は人生を豊かにする。

情報あふれる現在、見たことも聞いたこともない食品なんて、もはや無いかもしれないと思うと、ちょっぴり父がうらやましい気もする。

はじめて食べた時、納豆にどんな感想を持ったか、聞いてみたいけれど、父はもういない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/07/10 11:30
コメント
No title
こんにちは、ぢょん でんばあさん
納豆ですか 食わず嫌いで口にしたことないです
会社の食堂で、納豆を食べる人と同じテーブルに
なることもあって、その時は苦痛でした

子どもたちは、滋賀県生まれなので、
小学校で納豆が出てきたようです
どうしたのでしょうね

今の学校は強制して食べさせないのでありがたいですね
でも、教室はあの匂いが充満ですよね(笑)

好きでもないけど食べれる、未知の味にも柔軟な態度は、
広い世界に出ていけますね
No title
なんででしょうね、関西人はあまり納豆は食べないというのは・・・
私はもう子供のころから、納豆を食べてました。
昔はわらの中に入っておりました。
一個の納豆を家族で分け合って食べてました。
そんなわけで今でも納豆は好きです。
No title
関西人の私も、「納豆」という食べ物があって、関東の人は喜んで食べている、という事実は、二十歳ごろには知識として持っていました。
学生時代に、先輩の家に泊まりに行って、そこで酒のあてに「納豆」を出されたのが、私の最初の出会いです。

それ以来、40年以上経っても、私の食生活にはなくてはならぬ食材の一つになっています。
ちなみに、下の孫娘が納豆大好きです(笑)。
食事に
よる文化衝突はかなりの確率で家庭に勃発していると思います。

昔と違い人の流動性が高まり運送速度が上がった今、未知の食物や味付けに出会うことは少なくなったとはいえ、まだまだ食べ物における初対面は起り続けると思います。

ハイブリッドもいいけど、純血もいいですよね。

ぢょん様、英国の食事はどうでしたか?
Re: No title
ヨッシィー様

同じテーブルなだけでダメですか!

私はあんまり嫌いなものが無いので、お嫌いな方の気持ちが分かってないのではないかと思います。

どこかでご迷惑をおかけしてたら、ごめんなさい。
Re: No title
Carlos様

あって当たり前の環境にあると、無い生活は想像できないんでしょうね。

母が若い頃は、関西では納豆を扱っている店も限られていて、しかもいつもあるとは限らなかったそうです。

今はそんなことはありませんけれどもね。
Re: No title
声なき声様

私は納豆大好きだったので、子供たちにも食べさせて育てました。

離乳食に納豆を叩いてやっていたことなども懐かしいです。
Re: 食事に
rockin'様

英国と言いましても、自分の作った料理を食べていましたので、そんなに変わりありませんでした。

今は20年前に比べて日本の食材も一層手に入りやすくなっているらしいので、みんなほとんど変わらないものを食べているんじゃないかな。

子供が上の学校に上がると、スクールディナーで英国料理の洗礼を受けますが、うちは子供も小さかったので。

管理者のみに表示