つりばし話。

有名な大吊橋に行った。

たにせのつりはし

(→ 十津川村観光協会 谷瀬の吊り橋

好んで行ったわけじゃなく、ツアーに入っていたのだ。

なにしろ私は高所恐怖症である。

高いところを避ければいいだけなので、とくに困らないし、このトシで克服する必要もないから、ちょっと吊り橋に来たからって、がんばって渡ったりしない。

他のツアー客が戻るまで、橋のたもとで写真を撮りつつ待っていると、家族連れがやってきた。

お母さんと、小学生くらいの子供が2人。

子供たちがわーい!とばかり橋に向かうのを、お母さんはスマホで撮っている。

ママー!来ないの?

無理!ママ、怖いから…

どうやらこのお母さんは私と同類のようである。

そういえば、ずいぶん前にここに来た時、私も子供だけ渡らせたなあ。

なぜ怖いかといえば、落っこちるんじゃないか、と思うからであり、落っこちるかもしれないのに子供だけ行かせて平気でいるのは、考えてみればヘンな話だ。

ムスコはちょっと怖がりだが、ムスメは小さい時からぜんぜん怖がらない子である。

手をつないだ2人は、振り向いてこっちに手をふったと思ったら、どんどん行ってしまった。

もう手が届かない、大きな谷に渡された細い橋の上。

小さい背中が、もっと小さくなる。

お腹の底がギュッとなるような、奇妙な感覚に襲われた。それは、落っこちる心配とはまた別の、予感のようなもの。

いつか2人とも、こうして遠くに行ってしまうんだな。

悲しみでも寂しさでもなく、確信に近い予感だった。

同じことを、この人も感じるのかな。分からないけれど、お節介おばさんになった私は

3人で撮りましょうか?

気づけば、お母さんに声をかけていた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(12) | トラックバック(0) | 2017/07/15 11:30
コメント
No title
私も同じく高所恐怖症です。
絶叫アトラクションなんてのは
とんでもないですね。
キャーキャー叫びながら、ああ
いうものに乗る人の気持ちが、
理解出来ない人ですねぇー
お子様が
小さい時から独立していくことをイメージする。
きっとその時からもう子離れが始まっていたのですね。

高い所はコワイ。
No title
高所恐怖症んですか~
高いところからの眺めは気持ちいいんですがね~
子供さんたちお二人とも、遠くへ行っちゃいましたね。
つり橋で昔を思い出したんですね。
No title
10年ほど前に行ったことがあります。
途中で、何回、引き返そうと思ったことかしれません。
ただ、戻るにしても、同じ道を歩かなければなりません。
結局、時間をかけて最後まで渡り切りました。
地元の人は、あのつり橋を自転車で渡ったり、太鼓を叩いたりするそうです。
信じられません。
No title
こんばんは、ぢょん でんばあさん
高所恐怖症は生まれ持っているのもではなく
後から学習して持つそうです
娘さんは、高い所から落ちたとかの恐怖体験が
ないのでしょうね

ヨッシィーは、高所恐怖症です
どこからか、落ちたのでしょうね
No title
写真を見ただけでゾクゾクします。
四国旅行で山奥の吊り橋、渡れませんでした(^_^;)
ある程度の高さまでは大丈夫なんですがね。
最近は極端に高いものはダメです。
でも「怖い」と思うのは正常なんですって。
高い階に住んでる子供は「高所平気症」になりやすく
危機感がなく危ないんだそうですよ。
Re: No title
ちゃんたかぶくろ様

あー私もジェットコースターとかダメですね。

吊り橋が怖くない娘はそういうのも好きなんです。
Re: お子様が
rockin'様

怖いですよね、高いところ。

君子危うきに近寄らず。
Re: No title
Carlos様

見晴らしがよいのは気分がいいでしょうね。

田んぼアートも見事でした。私はCarlos様のお写真で拝見すればそれで十分です。
Re: No title
声なき声様

もともとは谷のむこう側の集落の方が、大枚のお金を出し合ってかけた橋だそうですね。

無料で渡っていいものかと思います。
Re: No title
ヨッシィー様

高いところから落ちた記憶はないのですが、記憶にない昔にあったのでしょうか。

娘は小さい頃木登りが好きで、よく落っこちてはイタタ…なんて言っていました。
Re: No title
布遊子様

どこでしたか「かずら橋」というのもありましたね。

私は、梅の木にハシゴをかけて実をもいだり、雨どいの詰まりを掃除したりするくらいの高さなら平気なんです。

どれくらいから怖くなるのか調べてみようかな

管理者のみに表示