ばらばら話。

しばらく会ってない友達と、電話で話す。

えー、じゃあ、ムスコ君も家にいないの?

ウン 大学遠いし、通うのは無理…

家族バラバラだね 心配じゃないの?

そう言う彼女は、成人したお嬢さん2人を自宅から職場と大学に通わせている。大学を決める時も、就職の時も、家から通える、というのが条件だったという。

こういうことは個人の考え方なので、お互い指図がましいことは言わないが、2人の子供をてんでバラバラに外に出して平気でいるなんて、気が知れない、と、彼女は思っているに違いない。

まあ心配っちゃ心配だけど、いつまでも後をついて回るわけにもいかないしね

でもほら地震とか、最近だとミサイルだとか…

あーねー…

あいまいに言葉を濁して、話題を変えた。

一緒にいてミサイルから逃れられるとは思えないが、遠くにいる子供のところに、大災害があったら、という危惧は常にある。

離れ離れでは、助けることも、話すこともできないと思うと、ギュッと胸が苦しくなる。

でも、逆に、私の家のほうに、何か起こったとしたら。

ああ、あの子らが うちにいなくて良かった

私はきっとそう思う。

一緒だと3人全員に災難が及ぶけれど、離れてさえいれば、1人でも助かるかもしれない。

もう死ぬ、という瞬間でも、子供は大丈夫だ、と思えたならば、そこに希望はある。

こんな考えはたぶん少数派で、家族は共にあるべきと信じる彼女には、理解の外だろう。

だから、そんなことは言わないで、電話を切った。

みさいるらっか
(一応読んでみたが何をすればいいのかわからない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/08/29 11:30
コメント
No title
いちいち、ミサイルが飛んで来たら・・なんて考えてもしようがないのでは?
壁際に・・とか窓から離れてとか言われたって直撃されたらそれで終わりなんだから。
でも、家族バラバラだと心配かもね。
考え方はいろいろ、どれが一番いいかなんて誰にも分らないんですから。
被害や、災害が7無いに越したことはありませんがね~
No title
目からうろこでした。
No title
初めまして

考え方は人それぞれだなぁ~って思いました
ウチは家族バラバラです
例え一緒に居たいと思っても思う様にはなりません。

「心配じゃないの」とウチの母に言われますが
子どもを縛りつけるわけにもいきません(笑)
それぞれが独立した人間だからと思っています。


離れてさえいれば・・・
私と全く同じ考えです。
集中は時に悲劇を生みます。
リスクヘッジで欠かせないのは分散です。

>・・・そこに希望はある。
 そうです。
 その通りです。
 希望と未来があります。
 ♪
 Honey you'll survive 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
Carlos様

災害への備えはできるだけしているつもりですが、ミサイルが飛んで来たらどうしようもないですよね。

9月1日は関東大震災の日です。非常持ち出しを点検しようと思います。
Re: No title
unagi様

コメントありがとうございます。

たぶん少数派意見であることは自覚しております。モノは考えよう、というか、1つのアイデアとお思いください。
Re: No title
nohohon様

うちの母も同じです。

心配はしてるんですよね。でもそれって子供が近所にいても同じことじゃないですか?

ずっと一緒にいた人にはわかんないのかなあって思います。
Re: 離れてさえいれば・・・
rockin'様

ちょっと違う話ですが、昔会社勤めしている時、取引先の社長が「ムスコはワシが死ぬギリギリまで会社に入れへん」とおっしゃってました。

家族全員で同じ仕事をしていると、何かあった時に共倒れになる。社長が元気でやってる間は、ジュニアはまったく関係のないよその会社から給料をもらって家族の口を養う。

これも分散によるリスクヘッジですね。
Re: No title
鍵コメs様

そうでしたか!

なんだか、うっすらとご縁ができたようで、嬉しいです!

国立博物館は、常設の仏像館がすばらしいですよ。ぜひ…。

管理者のみに表示