おへやの話。

カガさんのマリコちゃんとうちのムスメは小学校の同級生で、しかもお隣の席。

大小のお団子のような私とムスメに比べ、マリコちゃん親子は大変な美人親子である。

マリコちゃんを含め三人の育ちざかりの子どもがいて、パートにも出ているカガさんは、ちっとも身なりをかまわないのだが、それでも目を引く美人なのだからホンモノだ。

子どもたちは学校の引けた後、お互いの家を行き来して遊ぶようになった。

ある日、マリコちゃんの忘れ物を、夕飯も終わった頃合いで、ムスメと一緒に届けに行った。

ごめんね~!ありがとう、助かったわ。ちょっと上がって行って!

明るく招き入れられたカガ家だが、私は顔には出さねど度肝を抜かれた。

尋常じゃない散らかりっぷりなのである。

まどり
    (床の四分の三は見えない状態)

玄関からの廊下は幅の半分までペットボトルや食品の買い置きで、一列縦隊にならないと通れない。

通されたリビングは床と言わずソファの上と言わずモノが積まれ、テーブルの上には子どもたちの学用品や郵便物がいっぱいで、コップを置く場所もない。

椅子を引くと洗濯物らしき衣類がのっていたので、カガさんはワサッとつかんでソファの上に投げた。

電気が明るくて家族もニコニコしているので不思議なほど不潔感はないのだが、昨日今日の散らかり具合ではないことはわかる。

いやー、バレちゃったわねえ。うちってこうなのよ。ビックリした?

んまあ、正直ビックリしたといえばしたわよ。カガさんキチッとして見えるのに、見た目によらないねえ

マリコちゃん親子を外で見ていると、まさかこの美しい人たちがあんな混沌の中に暮らしているとは、とうてい思えない。

時は流れ、大学生になったマリコちゃんも、最近下宿を始めたという。美人女子大生のお部屋、見てみたいような見たくないような…。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/10/19 10:50
コメント
No title
あの魔法の呪文、さては、カガさんには言ってないんですね~~~(´Д`)
No title
こんにちは!
遠い昔の思い出ですか~
それにしても今まで覚えていたんですから相当だったんでしょうね。
マリ子ちゃん今はどうかな?
ホント見てみたいですね。
Re: No title
メカ沢様

人んちのものを捨てろというわけにもいきませんしね~。

それに、私は自分ちのごみを捨てるのは好きですが、よそが散らかっているのは全然気にならないんです。

むしろ、ちょっと散らかったおうちのほうが、あんまりガランとした家よりも居心地がいいかな。

Re: No title
Carlos様

今はうちも引っ越しちゃって気軽に訪ねてもいけないのですが、娘が少し前に遊びに行って泊めていただいて、聞いてみたら相変わらずらしいです。

妙に居心地が良くて遊びに来る人も多いんですよ。

管理者のみに表示