えいじの話。

いよいよ寒くなってきて、夏物衣料の在庫処分も終盤。普段着のTシャツのヨレったのを、新しいのに入れ替えるため、投げ売りの安いのを何枚か買った。

かげ

家で着るものだし、よっぽどのデザインでなければ何でもいいのだが、ふと思った。

Shadeって何だろう?

単純に訳せば、「陰」。

陰のあるTシャツなのか。

あるいは、陰のある人格を、シャツで告白しているのか。

高校生の時、古典の先生で厄介なジイサンがいたことを、ふと思い出す。

うちの高校は制服がなく、ワキやヘソを出すような極端な露出や、下駄をガランガラン鳴らすような迷惑さえなければ、服装は自由だった。

日々のことなのでそんなにオシャレすることもなく、男女ともTシャツとジーンズが標準だったと思う。

ところがそのジイサン先生の授業でウッカリTシャツを着ていると、えらい災難に遭う。

授業と全く関連なく当てられて

胸に書いてある英文の意味を言いなさい

と質問されるのである。大概の生徒はそんなこと考えたこともないから

え…、分かりません…

と口ごもったり、

Super … は超越した…  Powerful … は力強い… 

などと、分かる単語だけを訳して無駄なあがきをし、ジイサンにせせら笑われるのである。

自分の胸にデカデカと、どういうことが書いてあるかも知らずに、よく表が歩けますね!

というのが、先生の言い分であった。

当時は反発したものだが、長い年月の間に、ジイサンの教えは私の中にジワジワ浸み込んでいった。

今、私は、子供の服も自分の服も、英字が書いてあれば意味を考えるし、分からなければ辞書で調べる。

あれから30年以上が経ち、ジイサン先生はおそらく亡くなっているだろうが、古典の授業の中身は忘れても、なぜかこの習慣は残っているのだ。

教育ってこういうことなのかもしれないなあ…などと思う。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ





スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2014/11/03 09:47
コメント
No title
英語塾の生徒にはやります。「それ。英語。何と書いてある?」って。

電車の中でも街中でも他人の身に着けたTシャツやパーカーの文字を読んでは「一体何考えてこんな言葉を入れたんだろう」とか誤解を考えては楽しみます。
酷く間違えた英文でも「あ~。こういうことを書きたかったんだろうなぁ」なんて想像して楽しみますが、赤ペンを持って添削したくなることもしばしばです。

以前、息子の恐竜柄のTシャツのイラストの恐竜の名前のスペルミスにはがっかりしたなぁ。

最近、フランス語も多いですよね。でも、どうして、ドイツ語とかロシア語とか、アラビア語とかはないのかな?
私が一番驚いたTシャツの
横文字は womb です。
その次は urine です。
No title
こんにちは!

懐かしい先生っているんですよね。
昔、学校でも先生の宿直というのがあり、男の先生は交替で学校へ泊るのです。
好きな先生の宿直の日にはみんなで学校へ夜遊びに行ったものです。
田舎ですから周りには家はありませんので校舎は真っ暗。よく肝試しをして遊んだものです。
先生もおおらかで、早く帰って勉強しなさい!なんてことは言われたことがなく、10時ごろまで遊んでいた気がします。
今思えば懐かしい思い出です。
じいさん先生のことを覚えているということは、印象が強かったんでしょうね。
No title
こんにちは。
外国人観光客の着ている日本語のTシャツもなかなか笑えるものがあります~ 「大食い」とか・・・
今度、丹念に記録をとって 是非にご報告しますね(^ν^)←トマソン? 
No title
そのジイサン先生の授業を受けてみたかった・・・気がします(^^)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
わかる
うん、わかる。
アタシもこの年で、胸にLOVEの文字があるTシャツを着るには勇気がいる。
やっぱり、意味はわかっていたほうが、気持ちよく身につけられる。
よく、NewYorkCityとデザインされたTシャツを着ている人がいるが、3.11を考えれば、福島県、とか、女川町、とか浪江町とか、デザインされたのを着た方が素敵な気がする。売ってるかな?
Re: No title
SuzyHill様

赤ペンを持って街でシャツの添削したら面白いでしょうね!

ライブパフォーマンスとしてどうでしょう?

アヤシイシャツを着て集まって、みんなでSuzyHill先生に直してもらうの。

「とめはねっ!」みたいな。
Re: 私が一番驚いたTシャツの
rockin'様

前者はもしかしたら子宮回帰とか子宮がん予防とかの思想を含んでいるのかも。

しかし後者は…にょう…。
Re: No title
Carlos様

私の頃は先生の宿直はなくなってましたが、確か校務員さんがいらして宿直されていたと思います。宿直室もありました。

母の子どもの頃は、宿直の先生が、学校近くの母の実家に夕飯を食べにいらしていたそうです。今なら問題になりそうですね。
Re: No title
メカ沢様

タイや香港に行った時、マーケットでものすごく変な日本語を書いた洋服や小物を見ました。

現地の人はそれで「日本製=高級」というイメージを持つらしい。

ワハハと笑って済ませましたが、今思えばお土産に買ってくればよかったと思います。
Re: No title
苺ばばろあ様

授業自体は退屈でしたよ。古文と漢文ですからね。

うとうとしそうになってると、時々ヘンな爆弾が落ちるのです(笑)。
Re: No title
鍵コメ様

ポチありがとうございます。

私もまた伺いますね。
Re: わかる
きたあかり様

そういえば前に、半裸に見えるTシャツのお話ししましたっけね。もうずいぶん前に感じるけど、今見たら2月でした。 → http://okkanabikkuring.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

私は「がんばろう神戸」のTシャツ持ってますよ。ヒッドイ色だし、もうヨレヨレなんだけど、捨てられないです。

No title
高校の時に、似たような先生がいたことを思い出しました!懐かしいな~(^^)

少し前に、某・女性アイドルが来ていたTシャツの横文字が、“春を売っている尻の軽い女”という意味で、笑いの種にされてました。「どういうことが書いてあるかも知らずに、よく表が歩けますね」という教えは正しいようです。

ちなみに以前、外国で、デカデカと「醤油」と書かれたTシャツを着ていた人を見たことがあります(笑)
Re: No title
きと様

「醤油」シャツ、ちょっと欲しい気もします。

醤油は日本の魂、ジャパニーズスピリットですからね。

作っちゃおうかな。

管理者のみに表示