まんさい話。

リビングに入ったら、ノムラマンサイがいて、テレビを見ていた。

まんさい

普段はムスコがだらしなく寝そべっているソファに姿勢正しく座り、手には紅茶のカップを上品につまんでいる。

すぐに、アーこりゃ夢だァ、とわかった。

昨日、ノムラマンサイがテレビに出てるのを見たのだ。

なんだかもう寝てるのもバカバカしくなって、起きることにした。

怖い夢を見て飛び起きたことはあるが、バカバカしくて起きたのは初めてだ。

ノムラマンサイが「ウチくる!? に出ているのを見た晩に「ノムラマンサイがうちに来る」夢を見るなんて、自分のヒネリの無さがなさけない。

ややこしや

起きてリビングに行ってみたが、もちろんノムラマンサイはいなかった。


※フジテレビ系のバラエティー番組。関西ではほぼ1か月遅れで、なぜか独立U系のKBS京都で放映されている。


にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ




スポンサーサイト
てれびじょん | コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/02/25 09:26
コメント
No title
こんばんは
早起きしたんですか~
のむらまんさいが家に来たんですか~
よほど見たテレビの印象がつよかったんですかね。
リビングにいたらびっくりしたでしょうね。
Re: No title
Carlos様

そうなんですよ~。

萬斎氏の印象があまりにも人工的で嘘くさくって、夢を見ながらこんなの夢に決まってるわ、と思ってました。

お正月に見た、オリエント急行の名探偵役の影響かもしれません。
あらあら、もったいない
ちょっと好きなタイプなので(好きというか、興味深い)そこででんばあさんとの会話を聞いてみたかったわぁ。

次には、ぜひ「いらっしゃい!」まで持ち込んで下さいね。(笑)
Re: あらあら、もったいない
山姥様

私も、萬斎氏ご自身には興味津々なのですが、リアリティーゼロで何を話していいのか…。

会話が想像できないです。

貧困な想像力が恨めしい。

管理者のみに表示