いたりあ話。

ひな祭り。例年通りムスメのためのお雛様を飾ったが、肝心の本人は家にいない。

春休み、お友達とイタリアを旅行中である。

建築の勉強をしている友達と、美術に興味のあるムスメ。若い二人の向学心は素晴らしい。

私は少々の軍資金をやっただけで、ほとんどバイト料でまかなったのだから、おおいに褒めてやってもいい。

それにしても、だ。

これから飛行機に乗ります、くらいの一報はあると思っていたが、音沙汰のないまま出発。

考えてみれば、もともとロクに連絡してこないムスメが、急にマメになるわけがなかった。

翌朝、パソコンを開けたら、

アムステルダムなう

というメールが、真夜中に入っていた。

アムステルダムぅ?

イタリアじゃないのか。まさか乗り間違えたのか。と一瞬思ったが、安いツアーなので乗り換え便なのだろう。

しかしこのメールの愛想のなさは何だ。

もう少しマシなメールできないの?写メとか!

と返信すると、午前中にもう一つメールが来た。

ベネチアのホテルにつきました。明日が楽しみです。

クレームの甲斐あって、短いが文章になったし、写真も添付している。よしよしと開けてみると

べねちあ

何だアこれ?!

洋服掛けはベネチアのものであるとしても、あとは日本から着てったムスメと友達のコート。

何じゃあれは!もうちっと旅情を感じる写真を送らんかい!

と返信したが、それっきり。

便りの無いのは良い便りともいうし、楽しんでるなら何より、と思うことにした。

ところが、明後日は帰るという日になって、また夜中のメール。

財布失くした…たぶん掏られた…腹立つ!

ハァ?!

まったく、わざわざイタリアから、ロクなメールをよこさない。

まあ、イタリアでスリに遭う、というのも、一種の旅情といえなくもないが。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ






スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2015/03/03 09:06
コメント
アムステルダムの
朝は早い。
って分かります?
多分、分かっていただけるかと・・・

>何じゃあれは!もうちっと旅情を感じる写真を送らんかい!
ホテルの一室に吊られたコート。
間接話法を使った立派な旅情表現ですね。

スリ、災難でした。
くれぐれも用心する様に婦人警官としてメールして下さい。
No title
こんにちは
娘さんイタリア旅行ですか~
自分で働いて・・・素晴らしいですね。
娘さんとのメールのやり取り面白い。
それにしても災難でしたね。財布をすられるなんて
帰ってきたら楽しい話がいっぱい聞けそうですね。
財布をすられたんではお土産は期待薄かな?
No title
自分で稼いだお金で行くのは素晴らしいですねぇ
(*´▽`*)

楽しい事や嬉しい事ばかりではむなく
悔しかった事や残念な事も全て
良い思い出と経験になると思います

ムスメさんとの遣り取り楽しく拝見しましたぁ
(*^-^*)

色々な思い出と経験を沢山持って帰れると良いですね
No title
財布うしナウ
Re: アムステルダムの
rockin'様

♪だばだ~ だ~ば~ だばだ~ だばだ~♪

漂うネスカフェの香り。

おお、これこそが旅情というものではないですか。

Re: No title
Carlos様

幸い、お金は小分けに入れていたので、被害は財布本体と数千円というものだったらしいです。

粗忽な分、用心深くしてたのがよかったんでしょう。

ご心配くださって、ありがとうございます。

お土産はモノじゃなくて面白い話で!ですね。
Re: No title
山猫様

私も大学時代の旅行ではいろいろ失敗しまして、詳しく話すと母が卒倒するので内緒ですが、でもそれもよい人生経験になったと思います。

きっと娘も私に言えないような失敗をいくつもして、財布を失くしたのはたぶん一番小さな失敗なのだと思います。それでいいんですよね。
Re: No title
(お名前なし)様

>財布うしナウ

おお!

何としゃれたコメ!

うまい返し思いつかず!

管理者のみに表示