ゆめみる話。

昨夜は寝苦しかった。暖かくなってきたのに、寝具が冬物のままだからだろう。

そのせいか、夢見も悪かった。

いつもの飛ぶ夢である。

空を飛ぶ夢というと、ファンタジックで爽快なイメージがある。

しかし私のはそんなのと全く違うのだ。

まず、飛ぶ高さが低い

地面から4~50センチというところで、歩いている人の膝くらいの高さ。

スピードも早くない。せいぜい頑張っても、歩くのと走るのの中間くらいである。

せめて、飛んでる場所が、美しい花の野原とか、エキゾチックな外国の街とかならまだいい。でも私の夢は、見慣れた家の近所から一歩も出ない。

そのうえ、全身に力を入れて、気張っていないと飛べないのだ。

とにかく疲れる。

それでもなんとか200メートルくらい頑張って飛んで、ふと我に返る。

これなら飛ぶ意味なんて全然ないじゃん。普通に立って歩いたほうがずっとマシだわ…

力を抜くと、身体は長く伸びたままビタンと地面に落ちる。通行人の冷たい視線を感じつつ、モタモタ起き上って、泥を払い、なんなんだまったく…なんてボヤきながら、歩き出す。

起きると、ずっと力を入れ続けたためか、寝る前よりも疲れている。

飛び疲れがあまりに本物っぽいので、飛んだこと自体が本当のように思える。

つい、パジャマの前に泥がついていないか確認してしまい、なんなんだまったく…とボヤきながら、コーヒーを淹れる、休日の朝。

そらから
     (いいなあ…)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/03/21 10:04
コメント
No title
不思議だ。
まったく同じ夢を見たことがある。

どこかで、覗いてた?
No title
こんにちは
飛びましたか~
私も空中を泳いでいる夢を良く見ます。
水泳の平泳ぎのように手で漕ぐんです。
みんな同じような夢を見るんですな。
夢を覚えているということは眠りが浅いんだそうです。(レム睡眠)疲れが残りますよね。
Re: No title
old comber様

お互い、疲れるタイプですね(笑)。

今宵は安眠を!
Re: No title
Carlos様

気持ちいい寝覚めの時は夢の記憶はないですものね。

夢の中で空中を泳いでいる時は、実際手は動いているのかしら?手で漕ぐのも、なかなか疲れそうですね。
この飛行は丸で
超低空型サーチアンドデストロイ作戦を彷彿させます。
但し、体力的には消耗戦型の様子をを呈しています。
遂行にはご注意を。
Re: この飛行は丸で
rockin'様

> 超低空型サーチアンドデストロイ作戦を彷彿させます。
> 但し、体力的には消耗戦型の様子をを呈しています。
> 遂行にはご注意を。

久しぶりになんのこっちゃわからんと思いました。

私は一体何をしたのでしょうか。

管理者のみに表示