せんぱい話。

50になった私だが、行くと若い若いといわれる場所が一つだけある。

週一回の水泳教室である。

水着姿が若々しいのではなく、他の方に比べて若手なのだ。

平日のお昼のクラス、メンバーはオバサマばかり。数年前に入会した時は、

こんなおばあさんばっかりの教室、ラクチンすぎて退屈じゃないか?

と思ったものだ。

しかしそんな考えは杞憂にして不遜であった。

準備運動から、柔軟バッチリ 屈伸スッキリ 腹筋クッキリ、とにかく皆さんすごいのだ。

習熟度により1~6コースまであり、6コースともなると飛び込みスタートにクイックターン、個人メドレー(プールが25メートルなので100だけど)と本格的。

その6コースにも数人のオバサマがいらして、普通の顔でバタフライも背泳ぎも、スイスイ泳いでいる。

私も今ではずいぶん出世して4コースにまでなったのだが、同じコースでは一番年下。

若い人はやっぱり覚えが早いわね~

とか言われつつ、言ったその人に追い抜かれたりしている。

今年初めてプールに行ったら、6コースのバリバリ組のオバサマが1人いない。お休みは珍しいなと思って聞くと、

ああ、イトウさんはご卒業よ!65歳になられたから…

そう、ここは市民プールなので、65歳以上は無料なのだ。会費を払って水泳教室に来なくても、タダでいくらでも泳げる。

私も、かっこいいセンパイがたに倣って、卒業までがんばろうと思う。それまでにプールが老朽化して、閉鎖にならないことを祈るのみであるが。




スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/01/17 10:53
コメント

管理者のみに表示