きっての話。

消費税8パーセントの影響で、郵便料金が上がるという。

封書82円、2円の値上げだ。

家計を預かる者としては、あらゆる値上げには憤慨するべきだろうが、実は私はひそかに喜んでいる。

ひそかに、とは言ったが、人目がなければ

ひゃっほう!いやったー!!!

と飛び上がって喜んでもいいくらいの気持ちだ。

大昔、事務職のお勤めをしていたころ、郵便局に行くのも仕事だった。仕事の合間に見る、キレイな記念切手の一つ一つが、ここじゃないステキな世界に向けて開いた、小さな窓のように見えたものだ。

新しい切手が出るたびに、1シート買うのが習慣になり、いつしかすぐには使いきれないほどの在庫ができた。

62円切手と41円切手の在庫が。

そして時は流れ、郵便料金は封書80円、ハガキ50円となった。

差額を足して使えばいいと思うのはアサハカな考えであって、18円切手や9円切手というものは、今はないのだ(10年位前まであったのに!)。

9円を足したければ、3円切手を3枚か、5円3円1円の3枚。18円を足すには、10円と5円と3円の、やはり3枚。

決して広くはない封筒やハガキに、都合4枚の切手を貼らねばならず、郵便番号欄を避けて縦長に貼ると、差出人を書くスペースがほとんどなくなってしまう。

かといって、

めんどくせえ、20円貼っとけ!釣りはいらねえぜ!

という気前の良さは、ケチの私にはないのである。

しかし料金が引き上げとあれば致し方ない、今後封筒には62円と20円、ハガキには41円と10円を貼ってやろうじゃないか。

この不合理な、しかしすがすがしい気持ち、日本中の貧乏性の人が、きっとわかってくれると思う。





スポンサーサイト
もろもろ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/01/22 10:27
コメント

管理者のみに表示