へんかん話。

こんちは~と入っていくと、玄関に紙袋がある。

おばーちゃんは、捨てられない衣類をくれてやろうとコシタンタンで、私が来るとわかると、まとめて玄関に出している。(→ さいずの話。

お茶を飲みながらおしゃべりして、暗くなる前に帰ろうと腰を上げたら、

あ、その紙袋持って帰って!

と言われる。やっぱり服か、と思っていると

ゲタ、下駄が入ってるから…

へ?ゲタ?なんで?

紙袋には新品の桐下駄。

あの子に聞いたら、履いてみたいって言うから、出しといたからね

おじーちゃんの生前、買ってあったが履かなかったものらしい。何の気なしにムスコに聞いたら、履くと言ったそうだ。

持ち帰って、帰宅したムスコに

アンタの下駄、玄関にあるよ

と言うと、

???

一向に解せない顔である。事情を話すと

オレ言ってねーし。おばーちゃんと下駄の話、したこともねーし

うーん、これはどういうことか。

推測だが、ムスコはおばーちゃん家にいる時は、ゲームをやっていることが多い。おばーちゃんはその後姿に向かって

おじーちゃんの下駄、履いてみる?

などと尋ねたのだろう。ゲームに集中しているムスコは、ウンとかウーとか、生返事をしたに決まってる。それを聞いて

おじーちゃんの下駄を履いてみたい!

と変換したのは、おそらくおばーちゃんの希望的脳内作業であろう。

ま、これからの季節、若い男が素足に下駄を履いてるのも、悪いものじゃない。

げた



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2015/05/29 09:50
コメント
No title
こんにちは
下駄ですか~最近はほとんど見ませんね~
桐下駄は今買うとえっこうな寝願すると思います。
おばあちゃんの変換能力はすごいですね。
No title
我が家にも 桐下駄が眠っています
新婚当初は 和服でお正月を迎えていたのですがね〜
今では 桐下駄の存在すら覚えて無い?
息子さん キットお似合いですよ
短めのラフなパンツにも モダンだと思います ♪
脳内変換
桐下駄は好きです♪
最近は下駄を売っているお店を見かけなくなりました。
需要が少ないのでしょうが、ちょっと残念です。

私の母もかなり希望的脳内変換をやってます。
『そう思った』が『そう言ったに違いない』になり、
ナイスアイデアは自分が思いついたんだと自慢げに話すなど。
まぁ、それはそれで面白いんですけどね
(*^。^*)
No title
昔、中学校に入ると男子学生は(足駄=アシダ)を履いて登校しました。
詰襟にアシダは、カッコ良かったです。
下駄のはだけ、すり減るので交換してもらいます。
(母方の実家が下駄屋さんでした。時代の波に飲まれて倒産しました)
Re: No title
Carlos様

私もちょっと履いてみたのですが気持ちのいいものですね。

下駄が廃れたのは道路が舗装されたからかな?
Re: No title
優の水彩画工房様

うちの父もお正月はずっと着物でした。

母も、私が子供のころは、ちゃんと着物を着ていましたね。

おせち料理なども今よりずっと大変だったでしょうに、いったいどうやっていたんでしょう?

見当もつきません。
Re: 脳内変換
山猫様

> ナイスアイデアは自分が思いついたんだと自慢げに話すなど。

そうそう!

私が前回教えてあげたことを、次に会った時、母に得意げに教えられる、ということがしょっちゅうです。

もうめんどくさいのでフンフンと聞いてますが、母目線の余計な付け足しが入っていることが多くて、複雑です…。
Re: No title
アイハートブレイン様

そうそう、下駄にご縁がおありなんでしたね。

下駄が廃れたのは、やはり歩道が舗装されたことと何か関係があるのでしょうか。

歯の減りも早いでしょうし、ゴム張りじゃ風情がありませんものね。

でも白木の下駄は足裏に気持ちがいいですね。ご近所までブラブラと行きたくなります。
いいですね、
下駄。

夏場は風通しも良く最高の履き物です。
で、浴衣の用意は?
Re: いいですね、
rockin'様

私と娘の浴衣はあります。

息子のは無いです…。

「俺たちの旅」の中村雅俊のように、ジーパンに下駄を履いてほしいと思ってしまうのは、世代でしょうか。

管理者のみに表示