のんびり話。

午後の私鉄の急行電車に乗った。

ホントは「昼下がりの」って書きかけたんだけど、この「昼下がり」ってのがよく分からないんだ。個人的には、お昼ご飯を食べておなかいっぱい、ちょっと眠くなったような感じの時、よく「あ~昼下がり~」って思うんだけど、だとすると「昼下がりの情事」ってのが分からない。

満腹で、あ~気持ちいい、眠くなっちゃった、って時に情事なんてイケますか?あたしは無理だな。今はまあ既にお褥すべりのお年頃であるにせよ、もっとずーっと若い時から性欲より眠気

…エライ横道にそれちゃった。

その急行電車は、いわゆる対面シート、正式名はロングシート。(ちなみに新幹線の座席みたいなのは回転式クロスシート。よく横道にそれる日だな)だいたい6人、詰めれば7人座れるけど、今日は空いてるから、前の席には4人がゆったり座ってる。他にもう1人、座んなくてもいいんですよ的にドアの横に立ってる人も。

電車では他のことはしないで、だいたい前の人をぼーっと、またはじーっと見てる。

それだけのことで何の感想も湧くはずがないのに、なんだか今日はミョーにノンビリするなと思ったら、私の前にいる5人の誰も、スマホを触ってない!

60過ぎくらいのおじさんは丸めた日経を膝の上に持って、ちょっと口を開けて車内吊りを読んでいる。

トウの立ったOL風、ジョーゼットのブラウスのお姉さんは、左右にぐらぐら揺れながら寝ている。

小柄なおばあさんは、キンチャクの中を長ーいことゴソゴソ探って、やっとこさ見つけたガマグチからアメを出し、のんびりなめている。

サラリーマンはハウツー本を読んでいて、ドア横に立ってるおばさん(といっても私と似たような年配)は窓の外を見ながら時々独り言みたいに唇を動かしている。

ちょっと前まで普通だった光景なのに、なんでこんなに懐かしい感じがするんだろう。きっとこの5人だって、カバンの中にはそれぞれスマホや携帯が入ってるんだろうけど、今はいいよね、このままで…。

なんてひとり勝手にホノボノしてたら、立ってるおばさんが姿勢を変えて、隠れていた耳元が見えた。

なんだあ~、イヤホン入ってるんじゃん。なぜかひとり勝手に小さくガッカリしてたら、おばさんはイヤホンのコードをズルズルと引っ張った。ショルダーバッグから出てきたのはウォークマン。

あの、瓦せんべい位しかない、メモリー式のじゃないよ。

女子高生の弁当箱くらいの大きさの、カセットウォークマン

おばさんはEJECTボタンを押して、カセットテープをばこっと出して次のと取り換えるとバッグにしまい、また車外の風景に目を移した。

まるで昼寝の夢みたいな20分間だった。
スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/01 22:01
コメント

管理者のみに表示