びーさん話。

駅ナカの商店街のお店を出たら、前からペタペタとハダシの女の人が来る。

いくらタイル舗装の地下街だからといって、ハダシはないだろうと目を凝らした。

ビーチサンダルだ。

びーさん

ハナオが透明ビニールなので、なにも履いてないように見えるのだ。

服装はややカジュアルではあるもののいたって普通であり、貧しさゆえにビーサンしか履くものがない、という風情ではない。

彼女はいたって平静な面持ちで、ペタペタと歩き続け、地下鉄の改札を通っていった。

今日初めて会った赤の他人の私ではあるが、彼女が、というより彼女の足の甲が心配になってしまった。

梅雨時のホームには、とがった雨傘をツエ代わりに突いているおじいさんもいるだろう。

車内には、直径2ミリのピンヒールの、キレイなお姉さん。カドのあるブリーフケースを持ったビジネスマンや、ごつい安全靴を履いた150キロ越えの巨漢作業員が、職場に向かっているかもしれない。

彼女は、その全員が、自分のムキダシの足の甲を気遣い、踏まないように配慮してくれる、と信じているのである。

おお、人類に対する無限の信頼よ。

私はとてもそんなに楽天的にはなれない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/06/27 08:47
コメント
No title
そうそう! 足の先っちょって、痛いのよ~!
骨粗鬆症だと、折れちゃいますよ~~~
素晴らしい!
>おお、人類に対する無限の信頼よ。

いや、そんなに不幸って重ならないって・・・と、
ツッコミを入れつつ、まさしくその通りですね(笑)
ぢょん・でんばあさんの表現って素晴らしいですね。
町で見た風景がショート映画のようです。
リスクに対する
意識の欠如ですね。

動物の行動で最も大切なのはリスクヘッジです。
人間にはこれが欠けている?

女子サッカーW杯2015 カナダ。
対豪戦、後半開始だ!
勝て!
Re: No title
メカ沢様

そうですよね~。

たっぷり踏まれるより、端っこをちょっぴり踏まれると、靴を履いていてもちぎれそうに痛いです。

ビーサンの彼女無事帰ったかなあ…。
Re: 素晴らしい!
理事長の妻様

だいたいが大げさだ、と、家族には言われます。

普通はもうちょっとさらっと流すものだと。

しかしそれができないのが性分なんですよねえ…。
Re: リスクに対する
rockin'様

うちの子供を含め、若い人はひどい目に遭った経験が足りないので、最悪を予想するのがヘタだと思います。

恐れなくてよいものを恐れ、予防すべきを予防しない。

それを指摘すると「うるさいなあ」というのです。

せいぜいひどい目に遭いやがれ!

管理者のみに表示