オオキイ本。

いつも拝見しているブログ、おきなそう様の「野バラ咲く道」に、ホタルブクロの花の写真が掲載されていた。

うつむいて咲く釣鐘型の花は、梅雨の薄曇りの中、内側からぼんやりと薄紫に光るようだ。

名前は知っているだけで、特になじみのない花なのに、なんだかとても懐かしい。

どうしてなのか頭をめぐらしたら、この本を思い出した。

おおきいとちいさな

(「大きい一年生と小さな二年生」 偕成社)

身体ばかり大きくて弱虫の一年生、まさや。小柄だけど勝気で才はじけた、二年生のあきよに、いつも助けられている。

あることがきっかけで、まさやは、あきよの好きなホタルブクロの花を取るため、勇気をふりしぼって、たった一人、遠い一本スギの森に行くことになるのだ。

子供の時は、一年生のまさやの冒険の部分を、ドキドキしながら読んだ。

今読み返してみると、大人の目からは、一年生と二年生なんて同じ小さな子供だ。でも、あの頃は、その一年の差がとても大きかった。

まだ一年生だからできないけど、二年生になったらきっとできる…子供の世界はそんな風に広がって行くんだな、と思う。

この本には、ホタルブクロの思い出の他に、小さな疑問が一つある。

なぜ一年生は「大き」のに、二年生は「小さ」なんだろう?

逆に「大きな一年生と小さい二年生」ではダメなのだ。

考えて、理由はわかったようでもあり、わからないようでもある。

どうやら私は小学生の昔から、そんなことばかり考えていたようだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(12) | トラックバック(0) | 2015/07/02 09:34
コメント
No title
ブログスタート時からの大ファンです。
懐かしい本のお話。何時もとは少し作風が違って、また新鮮でした。
これからも楽しみにしています!
No title
こんにちは
またまた、始まりましたね。
確かに 「大きな一年生、小さい二年生」では語呂がすっきりしませんね。
あいうえお順に並べるのが読みやすい殻ではないでしょうか?
No title
あー、私もです!
ホタルブクロの花の名前を覚えたのはこの本でです。
それを今、思い出しました!
そうそうそう、ホタルブクロを見かけるたびに
なんだか懐かしい気持ちになっていたのは
ぢょん・でんばあさんと同じくこの本のことが
頭の隅にあったからなんだわ!
おおぉ〜、ぢょん・でんばあさん、すばらしい☆
っていうか、ありがとう!!! スッキリシタワ
No title
こういう所が、言葉で世界観を作る方々の、妙なる技なのでしょうね。
私なら「大きい1年生と小さい2年生」と名付けて、なんの疑問も持たずにいるところでしょう。

この本を知らないで育った私。
ちょっと寂しい。
二年生は「小さな」にした
理由は対比の強調表現ですね。

「大きな一年生と小さい二年生」では単に並列しただけでそこには比較による意外性のアピールがありませんし書き手の思い入れも感じ取れません。
そう。
これでは起伏に乏しく比較の妙が味わえません。

「小さな」にした途端、そこにスポットライトが当たる仕掛けです。

その仕掛けにぢょん・でんばあ様は気付いておられたのです。
ぢょん・でんばあ様の語感に対するアンテナはとても高性能です。

さすがです。
No title
こんばんは。

ペットショップで見かけた
「ワンちゃん・ネコちゃん」というフレーズを思い出しました。

何故「ワンちゃん・ニャンちゃん」もしくは
「イヌちゃん・ネコちゃん」ではないのかと。

それを知人に話したら、
そんなことを考えるのは「変人」だとのことです。
少し憤慨・・・

Re: No title
Ray様

ええっ!そんな前から!ありがとうございます~。嬉しいです。

懐かしい本の話はもっと書きたいのですが、入れ込み過ぎると「それが何やねん」的な、独りよがり記事になりがちで、難しいのです。

下書きで保留してるのがいくつもあるんですよねえ。

何とかまたお目にかけたいと思います。
Re: No title
Carlos様

なるほど、アイウエオの語順も、言葉が快く感じる要因の一つですね。

言葉って難しいけど、楽しいですね。
Re: No title
さとちん様

わ~!嬉しい!この本ご存知ですか!

もとはと言えば学校の図書館で読んで、何度も何度も借りて、しばらく忘れていたけどどうしてもまた読みたくて、買って読んだ本なんです。

大人になった今読んでも、十分楽しめるし、子供の時は気づかなかったいろいろに気付きます。

ぜひ、再読おすすめ!
Re: No title
ポンたん様

題名って、大事ですね。

古田足日さんの文章はとてもいいので、ぜひ今からでもご一読ください。

きっとホタルブクロが好きになりますよ!
Re: 二年生は「小さな」にした
rockin'様

いつもながら買い被っていただき、ありがとうございます。

子供の時何となく思ったのは、「大きい」はより大きくて、「小さな」は、より小さいな、ということでした。

「な」とまとめると、何か掌でまとめているような感じがするんです。

論理的に説明はできないのですが、そんな気がしました。
Re: No title
ふぐにさん。様

ハハハ…それは気になる!

私はペットショップに出入りしませんが、そんなの見たら必ず突っ込むでしょうね。

そして私も「そんなん、アンタだけや」と言われています。仲間仲間。

管理者のみに表示