さんかく話。

んもー!

小さくつぶやきながら、洗濯カゴをひっくりかえす。

何度言っても、ムスコは脱いだクツシタを団子のままでつっこむのだ。

男子高校生が一日履いたクツシタに触るのは、いくら母親でも嬉しくはない。

両手の他にもう一本、鼻をつまむ手が欲しい、などと思いつつ、クツシタを表に返す。

ふと、紺のクツシタに散らばる、小さな緑の三角に気付いた。

ひっつき虫だ。

アレチヌスビトハギ、というらしい。

あれちぬすびとはぎ

ケバケバのあるタネを剥がすのがめんどくさいので、チッと思う反面、なんだか心楽しい。

あいつめ、高校生にもなって、どこでひっつき虫をくっつけてきたのだろう。

ムスコは、歩道の整備された住宅地から、交通量の多い市街地にかけて、20分ほどの自転車通学をしている。

決して荒地を踏み分けて登校しているわけではない。

してみると、ムスコの歩き方は、小さい頃から変わっていないということだ。

ムスコは素直に歩道を歩かなかった。

植え込みがあれば、縁石の上を。側溝があれば、そのフタの上を。

平らな歩きやすいところを歩いたら負けと思っているみたいだった。

あの180センチ近い男が、雑草の茂みに触れながら縁石を歩いたのかと思うと、笑えてくる。

母親になって以来今日まで、いったいいくつの緑の三角を剥がしてきただろうか。

これからあと、いくつ剥がすことができるのだろうか。

この些細な行為にやがて来る終わりを思うと、掌にとった小さなタネが、大切に思えた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(16) | トラックバック(0) | 2015/10/02 10:16
コメント
No title
そうですね。

そんな風に思うと、裏返ったダンゴの靴下から出てくる大量の砂も愛おしくなるかも。
が、今はかなりイラッとする毎日です。(^_^;)
No title
こんにちは
靴下にね~
でも、あと少しで、それもできなくなるんですね。
きっと懐かしく思い出されることでしょう。
手を煩わせるのも、今だけですよ。
No title
昼休みに、眼鏡の脇から、そっと(涙)をぬぐってしまいました。さ、化粧回し…じゃない、直さなきゃっ❗
No title
そう言えば僕もいつも丸めている。
妻に迷惑かけていたかも知れない。

何かあった時、臭いだけの思いでじゃ、申し訳ないなあ。
No title
ウンウン、、、。

娘が、この間まで小学校の登校班で、真っ直ぐ歩けない息子(私には孫)を叱ったら、「オレだって、真っ直ぐ歩いている日も有る!」って。
いつも、右へ行ったり、左へ行ったり。。。

秋には、熟柿をぶつけ合いしながら登校してた子が、、、来年受験生の今は、頭にワックスつけたりコロンを付けたりって。

柿の季節になると、この話を思い出してるわ。
帰化植物
〈アレチヌスビトハギ〉とり上げて頂きありがとうございます!

初めて知りました。

見た事もなくて ここら辺には生えていません。

帰化植物が まだ この極上の田舎まで届いてないようですが
そのうちに 生えてくるものと思われます。

まだまだ 知らないものがあることを、再確認した次第です。

日本は帰化植物、動物に征服されつつあるようですね。
Re: No title
miyazyy様

うーん、砂はヤダな、やっぱり…。

昔は玄関に玄関マットじゃなく、子供の帰宅を見はからって、濡れゾーキンを敷いてました。

靴下は玄関で脱げ~!が合言葉でした。

その時はそんなことがいつか終わる、とか考えなかったですね。無我夢中でした。
Re: No title
Carlos様

そうですね。

今となっては、お婿に出せるように、お嫁さんにご迷惑をかけない男に仕上げなきゃという考えも湧いてきます。

まあそこまで親が責任持たなくてもいい気もしますが…。
Re: No title
mikaidou様

ありゃ、ごめんなさい。

男の子のお母さんにはわかってもらえるかなと思いながら書きました。

さ、ちょっとおセンチになった後は、弱気は追い出し、化粧まわしをびしっと締めて、今日も頑張りますか!

Re: No title
あさみさだむ様

黙っていらっしゃるとは寛容な奥様ですね~。うちの子だったら叱られてますよ。

靴下のニオイも、愛で克服できるのかもしれませんけど。

今までの感謝を込めて、これからは脱いだら伸ばしてくださーい!
Re: No title
アイハートブレイン様

わー、柿のぶつけっことは、ひっつき虫どころじゃない、お洋服のお洗濯が大変そうですね。

雨の上がったあと傘でモノを叩きながら歩いて、傘を曲げたり…本当にいろいろやってくれました。

そんな子もみんな大人の男になってしまうんですね。
Re: 帰化植物
すみれ様

私の子供の頃には、関西にもこの植物はなかったと思います。

ひっつき虫といえば、ラグビーボール型でカギになったとげとげが痛い、オナモミでした。

ここ20年ほどではびこったようですね。

反対にオナモミはめっきり見られなくなりました。
犬に沢山付いていました
昨日犬と散歩から帰った嫁が、犬に沢山ひっつきむしが付いていると言います。
センダングサは、まだ早そうですし、何だろうと思ったらヌスビトハギのようです。
何とか落とし、やれやれの我嫁。
Re: 犬に沢山付いていました
MK様

あらら…ワンちゃんも奥様も、災難でしたね。

洋服なら、いざとなればガムテープでも使って乱暴にとれますが、毛皮についたひっつき虫を痛がらせずに取るのは大変でしたでしょう。

この季節お散歩のルートも要注意ですね。
私なんて
先週、頭にアレチヌスビトハギ(!)の種子を付けて出社いたしました。会社のおっさんに笑われましたが。

全ての男の子は素直に歩道を歩きません。
Re: 私なんて
rockin'様

頭に?

どこにもぐり込んだんですか?しかも、通勤の途中に。

オッサンに見つかるのはいけませんね。美人の部下に取ってほしいですよね。「あらあら…笑」とか言われながら。

管理者のみに表示