あみもの話。

なぜか意外に思われることが多いが、私は編み物をする。

そもそもの始まりは、30年前編み物の虎の穴に入ったことであった。

決してそんなところに入る気はなかった。ただ、安くて通学に便利な学生下宿を、探して入ったつもりだったのだ。

ところがそこは、居るだけで編み物をしてしまう、魔の訓練機関だったのである。

本やなんかを借りに隣室を訪ねると、必ずこたつで何か編んでいる。

ピンク電話の受話器を肩とアゴの間にはさんで話しながら、床に毛糸玉を転がして、すっごい複雑な編み込み模様を作っている子がいる。

台所でカレーの鍋の様子を見ながら、ハンテンのポケットから毛糸をぞろぞろ出して、立ったまま編んでいる子もいる。

ここまでみんながやっていると、編まないのは偏屈な変わり者のように思えて、つい

あたしも何か編んでみようかな…

などとつぶやいたが最後、皆が寄ってたかって余り毛糸をくれ、編み針を貸してくれ、手取り足取り教えてくれてしまう。

携帯もなく、パソコンもなく、昔の女子大生はヒマだったのかもしれない。

不思議なのは、それだけみんな編み物をしているのに、自分の編んだものを着ている子はいなかった。大量に生み出されたはずのニットたちは、いったいどこに行ったのか。

多分あれだね、オトコだね。

30年前の大学生は、手編みセーターとかマフラーとかで、けっこうカンタンにグッと来てくれたものなのだ。

メールもない、ラインもない、思えばあの頃は恋愛もシンプルだったなあ~(しみじみ)。


スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/02/22 20:51
コメント
なるほど!
編み物できないから、アタシはもてなかったのか!
よし!
今から頑張る!

あ、今の恋愛は複雑化してるからだめか。
というか、アタシそのものがダメか。
No title
ようやく腰を落ち着けて編み物ができる年代に

数少ない趣味のひとつ
大切にしていますよ

若いころ編んだものがペアで出てきて着ていますが
暖かくていいですね 
Re: なるほど!
何事も学ぶのに遅すぎるということはナイ!

ぐわんばってください。

今の若者の恋愛は複雑かもしれませんが、「30年前の大学生」を相手にすれば、大丈夫です!

少なくとも、手編みセーターは「ユニかぶり」することがありません。オリジナリティーで勝負です。
Re: No title
ついこの前も、ステキなスヌード編まれていましたものね。

私は今、残り毛糸をめちゃくちゃに取りあわせて、シマシマの靴下を編むのに凝っています。ウールは暖かくて通気が良く、蒸れないので快適です。手編みの靴下は、連続して履くとすぐ穴が開いちゃうのですが、チマチマ繕うのも楽しいのです。

「若い頃のペア」が出てくるって、つまりご主人様とのですか?!わ~ステキ!うらやましいです。ぜひ、お揃いでお出かけ下さい。

管理者のみに表示