びりびり話。

車内で中吊り広告に目が止まった。水族館でサメの特別展をやっているらしい。

かいゆうかんのなかづり1

( 世界最大級の水族館 海遊館 )

サメの顔も怖いけれど、それよりもドキッとするのは紙が破れていることだ。

私は雑なくせに妙にマジメ律義なところがあり、封筒なども手で破かず、いちいちハサミを出して切って開ける。子供の頃から紙を破く、紙が破けるというのが苦手なのだ。

あれは、小学校5年生の時。通常の授業ではなく、新任の若い先生による研究授業だった。

クラスの全員に一枚ずつ、いろんな形や大きさの、三角形の紙が配られた。

このように、 3つの角を破いてください

先生は自分も一枚の三角を手に持ち、やにわにビリビリと破き始めた。

ちぎった3つの角をそろえて並べると一直線になり、三角形の内角の和は180度です、というアレである。
ないかくのわ

どうしても、ビリビリちぎるのに抵抗があったので、私は勝手にハサミで切ることにした。

ちぎるより切るほうが丁寧なのだから、そうして悪いはずはないと思ったのだ。

やってみると、ハサミの切り口が新しい辺をなし、どの角を集めればいいのかわからない。

先生がちぎれと命じたのは、ハサミを省略したのではなく、理由があったのだと初めて分かったが、後の祭りである。

そんな私でも50年も生きてくれば、ビリビリ破いてやりたいと思う紙が、何枚かはあった。

それもまた、昔の話である。

※ サメが食い破ったようにカットしてあるもので、本当に破けてるのではありません。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2015/10/12 10:30
コメント
No title
こんにちは
意外と几帳面なんですね。
私はびりびり破るほうですが・・・
ビリビリ派
わたくし、ビリビリ派です。たまに封筒の中身まで破けてしまったこともあり。
広告、わざと切ってあったとは。びっくりー。シャレてますね!
No title
私は、破れてると、きっちり貼り直したくなる派かな~

洒落たこのポスターも裏から貼って長方形にしたい!
この広告
この間の土曜日に見ました。

女性の乗客がこの広告を見て騒いでいたので知りました。

これけっこう、テマがかかるので費用もかかっていることでしょう。

三角形の内角の和は180度。
改めて考えました。
180度になる平行線と錯角を用いる証明を見たところで、なぜ180度なるのかが分かりません。

三角形という図形がが先にあって内角の和の証明をしたのか?
それとも二本の平行線に斜線を二本引いて三角形が出来たのか?

もし後者だとすると「三角形の内角の和は180度」は当たり前のこととして理解できます。

ぢょん・でんばあ様は「三角形の内角の和は180度」をどのようにイメージされてますか?
Re: No title
Carlos様

> 意外と几帳面なんですね。

「意外と」が余計ですわよ~!

まあ、毎日の記事がこの調子じゃ、そう思われても仕方ないですけど…笑。

Re: ビリビリ派
ふゆこ様

アラ。世の中、ビリビリ派のほうが多いんでしょうか。

私も忙しいお勤め時代にビリビリ派に鞍替えしかけたのですが、同僚が職場で「金一封」の封筒をビリビリで開けて、お札!を破っているところを目撃!

やっぱりハサミが安心よね、と思って今日にいたります。
Re: No title
りりた様

これは珍しい、修復派!

今日の記事に書いてますけど、金継なんていかがですか?きっと性に合うんじゃないかと…。
Re: この広告
rockin'様

この時の授業がトラウマとなり、私は未だに幾何が苦手です。

確か各辺の延長線を引いた気がしますが、あれでいったい何が証明できたのかな?

私の内角の和に関するイメージはほぼ白紙です。

三角といえば青い三角定規。以上。

管理者のみに表示