じょせい話。

50を過ぎても年相応の落ち着きに欠ける私であるが、子供の頃もオクテだった。

周囲のおませな同級生が、ダレソレ君がスキだの、片思いだのと言いだす中で、背ばかり伸びた私は、何をどうしていいやらわからず、ただボーッとしていた。

そんなある日、こんなテレビのニュース。

…ドコソコの公園で、若い女性の遺体が発見され、警察は…

ふーん、怖いなア…と思いながら、考えた。

若い女性っていうことは、どこの誰だかわからないということ。何をしている、何歳の人なのかも、わからないということ。

もし私が、どこか遠い場所で、中学の制服も生徒手帳もなく、ものも言えずに見つかったら。

背丈は大人と同じなんだから、私だって若い女性だ。

私って、若い女性なんだ

卒業、入学、成人式や、いろんな節目があったけど、あの時一番強く、そう感じたと思う。

もはや若い女性と呼ばれる可能性がなくなった今も、あの日のことは覚えている。

わかいじょせい



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
てれびじょん | コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/11/03 11:13
コメント
No title
こんにちは
若い女性ね~今だったら何と呼ばれるんだろう?
昔若かった女性?、中年女性?年取った女性?、熟女?
まさか老女?
その瞬間
女の子から女性へジャンプアップされたのですね。

時計の針は戻らないけど、ある種の感覚や感慨は時計の針を止めます。
Re: No title
Carlos様

どうでしょう。「40代から50代の女性」っていうのが常識的なところですかね。

最近はそういうのなかなかうるさいですから「老女」はないでしょう!
Re: その瞬間
rockin'様

そうなんだ!とは思ったけど、いまいちピンと来てないままこの年になった気がします。

感じ方考え方、主観的には中学生くらいから変わってないんですけどね~。

管理者のみに表示