べっせい話。

夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁が合憲という判断を出した。

結果を受けて、原告団には、落胆して涙を見せる人もいた。

彼女らの熱意や努力には頭が下がるが、個人的にはあんまりピンと来ない。

自分の姓ったって、結局お父さんの姓じゃん、と思ってしまうのだ。

うちは親戚が多いのだが、折々に往来する親しい身内は、断然母方のほうだ。

田舎といえば母方の祖父母の家だし、自分はそこの人間である気がする。

しかし、名乗っているのは、あまりなじみのない父親の家のほうの姓。

そのせいか、自分は本来母方の家の人間なのだが、制度的に父方の姓になっている、という感覚がどこかにある。

もちろん生まれてからずっと名乗っているのだから、親しみはあるし、好きなのだが、旧姓が、何としても守りたいアイデンティティーかといえば、そうじゃない。

だから、結婚するときも、特に抵抗なく相手の姓になった。

手続きはめんどくさかったが、嬉しくも悲しくもなかった。

父親か、亭主か、どのみち誰かの姓を乗っけなきゃいけないなら、どっちでもいいじゃんか

そんな風に思っていた気がする。

しかし、亭主の姓で10年余りを過ごして不縁となり、旧姓に戻った時には、さすがに重いフタが取れた気分で、爽快だった。

改姓手続きの面倒も、あの時は気にならなかった。

あらためて旧姓を見ると、とってもいい名前。思わぬプレゼントをもらった気分だった。

おとーさん、ステキな名前をくれて、ありがとう。今はそう思っている。

ひょうさつ




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(12) | トラックバック(0) | 2015/12/18 10:52
コメント
No title
私もピンとこない派です。
逆に新しい名を名乗れるのは、女性の特権なのでは?と思っていたほど。
元服で名前が変わるように、子供から大人になるような気持ちでいました。
No title
そうですねぇ・・・
私の場合は夫が私と同じ姓になってくれました。
いわゆる婿養子で・・・・。

結婚というものが、今は別に相手の「家に入る」ものじゃなくても、
姓がそっちになったら「うちの嫁」「うちの婿」的に扱われるようになるのが、もっと問題なのでは・・・・
No title
こんにちは

性なんて、考えてみれば同性、別姓にしても一つ前の性ですよね。
その前がまたどうなのか?
自分の親同士が別姓にしたら、自分はどっちの性を名乗ればいいのか?

ま~私はどっちでもいいと思います。
No title
私も姓に対してこだわりがない派です。
私の今の姓は母が再婚した義父の姓で
その義父も私が高校1年の時に亡くなりました。
そして、義父の縁者との関係も疎遠になりました。
その後、母は再々婚して母はまた姓が変わりました。
その母も昨年亡くなりました
という訳で、私の中には家系というものは存在しない
ので姓に対しても全くこだわりがないのです。
今回の司法判断
を聞いて私はこう思いました。

山田太郎と
鈴木花子が
結婚すると
山田花子
もしくは
鈴木太郎
にしなくてはいけないってことですよね。

じゃ、こんなのはどうなんだろう?
山田でも鈴木でもなく例えば二人で話し合って
新しい姓を作るんです。
例えば
大西太郎
大西花子
と名乗るんです。

あるいはお互いに
姓+姓=新姓
とするんです。
こうです。

山田鈴木太郎
鈴木山田花子

どやっ!

>自分の姓ったって、結局お父さんの姓じゃん、と思ってしまうのだ。
 これは衝撃でした。
 この考えはまるっきりなかった。
 新鮮でした。
 ぢょん・でんばあに対する畏敬の念がさらに深まりました。
むしろ
夫の姓で、かっこいい名前になれた!と、それが嬉しかった。
決して、「ああ、このヒトと同じ苗字になれた」とかいう、可愛らしい感激では決してなくて。

じつは、旧姓はまるで演歌歌手みたいなダサイ組み合わせだったので、ずっと好きじゃなかったんです。

「自分の名前で死ねない」と涙する方、私から見ると宇宙人で、他のことでもめんどくさいのでは(失礼)と思ってしまいました。
名前なんて、ど~でもいいやん!
なんなら、「葬式は旧姓で」と遺言しておいたら。

でも、別姓で家族崩壊が進むって判決の文には、違和感がありました。
苗字違いで崩壊するなら、同姓でも崩壊するのでは?
最近の知人から、弟が両親とあわず、飛び出したきり何年も行方知れずときいたばかりだったので、特にそう思いました。
(もちろん、弟と両親は同姓です)
Re: No title
miyazyy様

元服ですかあ…。私はそれもピンと来ないなあ。

姓ってなんか付け足しのような、本来の私とは関係ないような、そんな気がするんです。
Re: No title
サ・エ・ラ様

嫁とか婿とか、私はあんまり実感ないのです。

父も母も次男次女ですし、結婚相手の両親も次男次女で、家をどうするって感じじゃなかったからかもしれませんね。

運が良かったと思います。
Re: No title
Carlos様

そうそう、なんにせよ一世代前のものなんですよ姓って。

バトンみたいに渡されて、自分のものって気がしないまま一生が終わるのかなって思っています。
Re: No title
ちゃんたかぶくろ様

コメントありがとうございます。

私が結婚して離婚して姓が変わったのはまあ自分の勝手ですが、そのせいで子供時代に呼び名が変わるという経験を子供たちにさせてしまったことについては、責任を感じます。

子供たち自身どう思っているのかなあと思うことがありますが、聞いたことは無いのです。

Re: 今回の司法判断
rockin'様

山田花子さんと鈴木太郎さんが結婚したら、新姓は「山木」とか「鈴田」とか、混ぜてみたらどうでしょう?

まったく新しいステキな姓ができたりしないかなあ。
Re: むしろ
山姥様

ハハハ…他のことでもめんどくさそう!確かに!

そういえば、夫の実家のお墓に入りたくないとかいうのも私は分かんないんですよね。

死んで骨になった後なんて、どーでもいいじゃん。

まあ、私なんか元亭主の実家のお墓には、入りたくたって入れませんが(当たり前だ)。

子供達には、死んだ後なんかどうなってもいいから、一番安くて楽な方法で片付けろと言ってあります。

管理者のみに表示