しかじか話。

紅葉のたよりも聞かれはじめ、今日は秋らしい行楽日和

鹿で有名な地元の公園にも、お弁当を広げたり、ボールで遊んだりする家族連れの姿がある。

ここには私も子供の頃、父母に連れられて来た。

高度成長期のサラリーマンであった父は、家族サービスは父親のツトメ、という考えで、休みのたびに家族をあちこちに連れ出した。

その日も一家で公園にやってきた私たちは、バドミントンをしたり、写真を撮ったり、ひとしきり遊んだあと、お弁当を囲んで座った。

この公園では、鹿のオトシモノに注意が必要である。

よくよく場所を選び、さらに念のため古新聞を広げてから、その上にシートを敷くのだ。

母のお弁当はいつもおいしい。イモートとつっつき合いながら、楽しく玉子焼きやおにぎりを食べる。

お弁当をほぼ食べ終わったら、母はこんどは手提げから、青々した二十世紀梨と、果物ナイフを取り出した。デザートの時間である。

目を伏せた母が、手元のナイフに集中している時、異変が起きた。

母に知らせねばと思うが、私とイモートは驚きのあまり、何も言うことができない。

やがて父が、静かにこう言った。

オイ… ビックリするなよ…

言われた母はハッとなって顔をあげると、目をみはったきり固まった。

母の肩越しに、でっかい雄鹿が毛だらけの鼻ヅラを差し入れ、膝の前に落ちた梨の皮を食べている。

母も私たち子供も、一瞬声も出ない。フゴフゴ…という鹿の鼻息だけが聞こえた。

その後どうなったのか、記憶にない。

きっと、ハッと我に返って、キャーキャー大騒ぎし、鹿を追い払ったのだと思う。

今は亡い父は、とにかく冷静な人だった、というのが身内の評価だが、それについてはあの

ビックリするなよ…

の印象が、強いように思う。

しかのとびだし



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2016/10/15 10:51
コメント
No title
最後のオチはびっくりするけど家族の団欒風景ですね。我が家の唯一の風景は菜の花畑の畦で食べたこと。座って食べると外から何も見えないです。70年前のことです。
No title
こんばんは
親子の懐かしい思い出ですね。
いいですね、家族でお弁当を食べている様子が目に浮かびます。

牡鹿にはさぞお母さんはびっくりしたことでしょうね。
高度成長期
 
 昭和のあの頃…

   そして 家族愛…

      (;´Д`)スバラスィ!!  
No title
今の時代、、、でんばあさんのお父様のような、(男らしい男)って、居ないと思う。

妻や子と、(同じ目線に立って)キャーキャー言うのが関の山。
Re: No title
くんざん様

菜の花の中のお弁当、ステキな思い出ですね。

夢のような金色の景色を思い浮かべました。
Re: No title
Carlos様

母はものすごくビックリした、と、今でもあの時の話をします。

あんなときに「ビックリするなよ」なんて無理だ!と笑っています。
Re: 高度成長期
大場嘉門様

世の中全部が右肩上がりで、不思議に明るい時代でしたよね。

私の子供たちなど、子供時代をどんなふうに思い出すのだろうと想像しますが、見当もつきません。
Re: No title
アイハート様

どうなんでしょう。

かといって、父のような旧型の男が今目の前にいても、それはそれで困っちゃいそうです。

母も苦労していましたしね。
この公園の
鹿は結構、距離を詰めてくるので要注意です。


「振り向けば鹿」
「君がいて鹿がいて」
みたいな感じ?

同じような経験があります。
時は中学生。
場所は夏の放課後のプールサイドにて。

友達が仰向けに寝そべっていました。
その首の間近に巨大ムカデが。

私「じっとしてろ。
  何も言うな」
  僕の手を握って」

で引っ張って立たせました。
ビビリました。
Re: この公園の
rockin'様

> 私「じっとしてろ。
>   何も言うな」
>   僕の手を握って」

真夏のプールサイドの出来事。

ステキ!

ムカデさえいなければ。

男子中学生同士でさえなければ。


管理者のみに表示