きゃたつ話。

台車 脚立 電動ドライバー

独身女性の三種の神器を挙げたが、この一つとして使う気がない独身女性が一人いる。

わが母、おばーちゃんである。

もうずっと前から言い続けているのだが、聞いてくれない。

縛った新聞紙を提げて回収場所まで、ヨロヨロ何度も往復したり。

椅子に乗って背伸びして、照明のホコリを拭いたり。

後期高齢者になったのだから、そういうことはいいかげんやめていただきたいのである。

先日、実家に出かけたとき、もう帰り際になって気になることを言いだした。

カーテンが汚れてるのよねえ 洗濯しないと…

実家のリビングのカーテンは、天井すぐ近くから下がっている、長~いやつ。

ながいかーてん
(こんな豪邸ではありませんが)

カーテンレールから外すには、おばーちゃんよりずっと背が高い私でも、脚立が必要だ。

もー!なんで来てすぐ言わないのよ!そしたら外してあげるのに!

だが私にもこの後の予定がある。

こんど私がやるから、絶対に一人で外したりしないよう、念を押して帰った。

さて、そのつもりで次に実家に行ってみると、カーテンがやけにサッパリしている。

おーかーあーさーんー!

精一杯怖い顔をしてみるが、後の祭りである。

だって先週とってもいいお天気だったでしょ?週末は崩れるっていうし…

いつものことながら、納戸の脚立には、触った形跡さえない。どうやったか聞くと

テーブルをね、ここまで引きずってきて、その上に、電話帳を置いて…

やーめーてー!!



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2016/01/29 10:17
コメント
No title
こんにちは
いや~いつも楽しいおばあちゃんですね。
でも、いじゃありませんか、一人でやろうとするところが。
なんでも人任せになっちゃうとだんだんボケますから・・・
ただ、ケガだけが心配ですよね。
おばあちゃんに拍手!
No title
テーブルの上の電話帳を想像したら〜
思わずズリ〜ッてね…;^_^A

一瞬 背筋が凍ったわ!笑)
むしろ
きれい好きでやる気満々のお母様の存在が、羨ましい。
そろそろ・・・と思いつつ、カーテンをみないようにしてるずぼらな主婦ですから。
これもゴミ屋敷に住む母の遺伝かも。
ってことは、でんばあさんも有能な主婦ですねっ♪

重ねて羨ましいっ♪
No title
テーブル引きずるより、脚立出す方が楽だと思いますが…。困りものですね。
と言うか、電話帳に乗るって、なかなかのバランス感覚ですね。いえ、褒めてる場合ではないですが。

そう言えば、うちの大伯母も、90すぎて植木の剪定して、ご近所に危ないと叱られて、誰も褒めてくれないと嘆いていました。…ちっとも反省してない。
ほんと、困ったものです。
テーブルと電話帳の
合わせ技はとってもリスキーです。
体を張って阻止しましょう。
脚立も余り安全とは言えません。

ここはやっぱりぢょん・でんばあ様が洗い子になるのがベストの洗濯、ぢゃなくて選択です。
Re: No title
Carlos様

老母をお褒めにあずかり恐縮です。

やる気があるのはいいのですが、そうなんです、怪我が心配なんです。

骨でも折ったらと思うと胸がドキドキして、私の心臓のほうも心配です。
Re: No title
優様

そうなんですよ~。怖いでしょう!

本人は、当たり前のことをしたまでです、みたいな顔で、シラーッとしてるんですよ。

困ったもんです。
Re: むしろ
山姥様

実家はモノが多くって片付かないこと甚だしいのですが、母が気になるところは私とは違うみたいです。

私はカーテンなんかより、積み重なった通販のカタログや、あふれかえった冷蔵庫を片付ける方が先だと思うのですが…。
Re: No title
茜様

ホントになんでだかよくわからないんですが、専用の道具を使うことを「大げさだ」と思っているみたいなんです。

茜様の大伯母様も相当のつわものですね。

怪我などしないよう、私たちで祈りましょう。
Re: テーブルと電話帳の
rockin'様

いる時に見張ってたって、居ない隙にやるんですよ~。

この際監視カメラでも付けますか。

管理者のみに表示