しゅーとめ話。

お休みの日の遅い朝食中、電話が鳴った。

…ふゎい (口にモノが入っている) …

…… …です…

は?

…です お久しぶり…

電話口の小さな声は、聞き慣れた、でも今では聞かなくなった苗字を名乗った。

私や子供も、10年ばかり前まで名乗っていた、元亭主の苗字。

オカアサンですか お久しぶりです…

別れた亭主の母親、一度は母と呼んだあの人を、何と呼べばいいのか、いつも迷う。

舅・姑と私の関係は決して悪くなかった。むしろ世間の水準から見れば良好だったと思う。

それでも、憎んで別れた男の両親と、何もなかったように付き合い続けることはできない。自然と疎遠となり、今日まで来た。

今もときどき、思い出したように、ムスメとムスコ宛に宅配便が来る。

ばばぞん

田舎の果物、野菜、お米。今のムスメやムスコより、ずっと小さな子が好きそうなお菓子。

お誕生日お祝い、と書いた封筒には、図書券やお金が入っている。

そんな荷物へのお礼も、今では子供が自分で電話するから、むこうから電話がかかるなんて、かつてないことだ。

大学、どうなったかしらと思って…

久しぶりに聞く元姑の声は、小さくて、ハリがない。年をとったな、と思った。

電話口の向こうには、元舅もいるはずなのに、まるで海の底のように静かで、遠い感じだ。

いえ… まだ… 今年高3ですし…

あら!そうなの?てっきりもう、受験も終わったと思って…

どうやら、ムスコの学年を1年間違えていたらしい。

じゃあ、おねえちゃんのほうも…

ハイ、今、就活してます

一瞬小さく息をのむ気配がして、そのあと

イヤだわ!ハハハハ…

昔のような笑い声になった。

簡単に近況を報告して、進路が決まったら必ずお知らせしますから、と約束し、電話を切った。

化粧が濃くて、着るものも派手で、いつも華やかに笑っている人だった。

もう家族じゃないけど、元気でいてほしい。そう思った。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2016/04/06 10:21
コメント
No title
こんにちは
そうですか~姑さんから電話があったんですか~
姑さんにしてみれば、お子さんもかわいい孫でしょうから。
でもそうやって気にかけてくれるんですからありがたいことですね。
No title
はじめまして。
なんとなく分かるような気がします。姑さんの気持ち。自分の血が繋がっているお孫さんのことが、年齢を重ねると、無性に気になるんですね、きっと。
就活うまくいくといいですね。
血のつながり
昨今、親戚づきあいも疎遠。

そのようなご時世ながら、
歳とれば、気になる、愛着を覚えて、
消えることなく心に淀む。。。別れて行ったお孫たち。

>もう家族じゃないけど、元気でいてほしい。そう思った。<
聊か今風。。失礼ならお詫び。P。



確かに
何と呼べばよいのか考えてしまいますね。
名前?
それも変かな?
やっぱり、お母さんかな。

ただ、ぢょん でんばあ様からすればすでに家族じゃないから、連絡があることはあまり愉快ではありませんよね。
違うのかな?
Re: No title
Carlos様

そうですね。

同じおばあちゃんでも、私の母はいつでも孫に会えるのに、元義母はそうではないのだなと思うと、気の毒に感じます。

距離は遠くなりましたが、子供たちのことを忘れずにいてくれるのは嬉しいことです。
Re: No title
私には私の生き方がある様

コメントありがとうございます。

離婚する前には頻繁に連絡を取り合って、かわいがっていただいたおじいちゃん・おばあちゃんでした。

今も気にかけてくれることはありがたいです。

就職も進学も、良い報告ができればと思います。
Re: 血のつながり
ijin様

コメントありがとうございます。

たとえば私の祖母には孫は20人近くおりましたが、元義母にとって孫はうちの子たち二人っきりなんです。

一口に孫といっても、昔とは血縁の考え方感じ方も違ってきているのでしょうね。
Re: 確かに
rockin'様

離婚してすぐの頃は、元夫側の親族とは、電話で話すのもなんだか怖くて嫌でした。

何かケチをつけて子供を取り上げようとするんじゃないかとか、被害妄想もありましたし。

子供も大きくなった今となってみれば、知り合い以上親戚未満の気の毒なご老人という感じでしょうか。

元義母、英語圏ならファーストネームで呼んじゃうのかな。

管理者のみに表示