しーとの話。

一夜明けて、まだ恐ろしい時間が続く。

週末の天気の崩れに備え、避難所で雨除けのシートが配布される模様が、テレビに映った。

鮮やかな青に、動悸が早まる。

神戸の震災の時にも、家という家を覆っていた、あの色だ。

震災の後、大阪梅田から阪急電車に乗って、宝塚の親戚まで、何度も往復した。

季節の商品に彩られた梅田のターミナルから乗車して、しばらくは繁華な街の景色を眺める。

しかし、神戸に近づくにつれて様子は変わってくる。

屋根瓦の崩れを青いシートで覆った家屋が、ぽつぽつと見え始めて、あ、と思った時には、地震の激しかった地域だ。

陥没した屋根。膝を折った人のように、柱の支えをなくして、傾いた家。

あったはずの家がなくなって、ぽっかりできた空き地に、積み重なる瓦礫。

そしてそれらの多くが、青いシートで覆われていた。

何か月も経っても、シートはなかなかなくならない。工事が間に合わないのである。

梅田から宝塚まで、に包まれた家が一軒もなくなったのは、いつのことだったろう。

あれから、ブルーシートを見ると、心穏やかではいられない。

あの人工的な青い色は、どんなに自然に抗っても勝てない人間の、敗北の旗であった。

ぶるーしーと



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
てれびじょん | コメント(10) | トラックバック(0) | 2016/04/16 10:48
コメント
ブルーシート
は無機質で表情もなければ感情もない。
でもブルーシートで覆われているものは壊れた建物とそこに住んでいた人の生活。

ブルーシートが外された時、心のシートも取り払わるのでしょうか?
そうであって欲しいと思います。
No title
こんにちは
震災の後は、ブルーシートで覆われた家々が目に付きますね。
家々もブルーなら被災者の胸の内はもっとブルーでしょうね。
今日義援金募金してきました。
No title
ブルーシート、そうですね、阪神大震災でよく見ましたね、そういう使い方あるんやと思ったくらい・・・
お花見の時に、ブルーシートを見て嫌な気分になるのはそういう事もあるか!と納得しました。

父の故郷であり、幼稚園前まで住んでたのんびりした神戸の悲惨な姿をテレビで見るたびに泣いたり、父も涙したり、津波で流された東北の悲惨な姿を見て胸が痛くなり、震災や災害でつぶされた所を映像で見るのはとてもつらいです。
熊本の家がつぶれた姿を見て、また神戸を思い出したり・・・

被災された方の気持ちを思うと、青いシートはやっぱり良いイメージ持てないですよね。

一日も早く、平穏な生活が戻りますように心より祈ってます。
No title
お花見のブルーシートが好きではない話を読んだとき、あぁ私と同じ人がいた~!と思いました(^^)
そうそう。あの人工的な青い色は、自然の色には調和しない毒々しさがありますよね。


でも、嫌いじゃなかったりします(^^;)

私の場合、自然に負けて心穏やかでないとき、むしろあの人工色でホッとすることもありました。
あの人工的な青色は「ここに人が来てるよ~」という目印みたいなもので。

何も無い地べただったのが、ブルーシートが入ると「ここに助けが入ったよ~」と云われてるみたいだし、
瓦礫にブルーシートが掛かっていたら「ちゃんと確認していったよ~」と云われているみたい・・だし。

あくまで緊急時。
・・・・それだけに、通常はあまり見たくはないですが。

No title
おはようございます。
あたしは、淡路大震災のあの時、職場に行く途中でした。梅田の駅がガタンゴトンって音がして、天井と床が飴のように動いたんです。どこに逃げれば良いのか分かりませんでした。家に戻ろうにも戻れず家族の事が心配でなりませんでした。その頃、主人は、車を運転して、橋の上だったそうです。本当に怖かったですよ。
今の熊本は、もっと怖いでしょう。心が痛いです。
Re: ブルーシート
rockin'様

ブルーシートの色が見える間は、まだまだ、まだまだ、とずうっと思っていた気がします。

無くなったからどうだって言われても分かんないんだけど、でもやっぱりあれがある間はダメだって思ってました。
Re: No title
Carlos様

義援金と支援金の記事興味深く読みました。

さすがCarlos様、行動が早いですね。

わたしもとりあえずコンビニの募金箱にサイフの小銭を入れてきたのですが、義援金か支援金か見てくるの忘れました。
Re: No title
wanco.様

ね、やっぱり嫌ですよね。

あれは平和な時に使うもんじゃないと思うんです。

非常事態だと言われたみたいで、どこで見てもドキン!とします。
Re: No title
きと様

そういえば、富士山麓の自然豊かな場所に山荘を構えた武田泰淳が、「ペンキを塗ることは、自然への抵抗だ」というようなことを書いていました。

自然には絶対にない、原色の単色を、家の壁に塗ることによって、そこに人がいる、という主張をするんですね。

似たこと言ってる気がしますが、違うかな?

Re: No title
ピーちゃんこ様

私は上の子を産んですぐ、里帰り中に震災がありました。

夜中の授乳で寝てなくてフラフラするのかと思ったら地震だったんです。

その子がもう二十歳すぎて、地震のニュース見て「だいじょーぶ?」って電話してくるようになりました。

管理者のみに表示